メインメニュー

犬猫の介護を支える専門家を増やしたい!!Α幄黶譴斑塋髻

前回はこちら→学生の皆さんへ伝えたい ァ嶇稽陲裡傳錬未鮃佑┐襦廚隆


今日は始める前に・・

九州北部豪雨被災された皆様へお見舞いの気持ちを胸に刻み

他人事ではなく 自分事として 災害被害の後の生活(片付けや掃除)について
犬猫が居る場合は どんな支援が必要なのか?どんな消毒が必要なのか?
「学生」の皆にも聞いて考えてもらいました。

2012.7.12 九州北部豪雨 
 

●阿蘇 一宮 http://kumamotoa.exblog.jp/18602955/

胸の高さまで浸水⇒掃除の後 家具や柱や床に浸み込んだ汚水が 
温度や湿度で(細菌 真菌)悪臭へ⇒そんな時は??

安定型二酸化塩素 によって 浸み込んだ汚水の細菌増殖を抑える+塩素ガスでない。



そうして 本題へ

褥瘡原因 と 褥瘡管理 

痴呆症状 と 介護管理


■もし 自分が介護 状態になったら??

1)どこで?(自宅 施設 病院)

2)誰に? (家族 介護師) 

3)どんなふうに?(自分が楽に 介護者が楽に 専門家による手堅く)

4)介護期間は?(出来るだけ短く 尊厳死も考える)

学生の皆に質問してみました。


★コトバなき犬猫は・・・・1)〜4)はどうだろうか??

私達人間や家族は 彼らの声に耳を傾け「最善」を選んであげれたらと思います。

今日の講義で

犬猫の専門家を目指す人材の皆には

学んだ知識 経験した知識 犬猫のニーズ 家族のニーズ

しっかり 褥瘡や痴呆を予防できるように・・・・

褥瘡や痴呆で疲弊しないように・・・

解決策や対応方法をご家族へ 

,錣り易く伝える 凹んだ気持ちを支える 

介護犬猫さんも介護する ご家族も最期まで「笑顔で」過ごせるように


そんな 「大事な事」を学生の皆に伝える事ができました。

来週は 介護用品について

パクパク介助
テクテク介助
スヤスヤ介助

続く 

Posted at 2017年07月13日 12時34分20秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*