メインメニュー

災害時緊急時犬猫の愛護(福祉)について

■緊急時⇒交通事故や火事などに巻き込まれた犬猫小動物


■災害時⇒地震 台風 水害 火事 巻き込まれた犬猫小動物


●動物愛護 ●動物福祉 を考えて行動が必要とされます。


時には 最善策が出来ない事もあるかもしれない それでも

「命」や「生きる」為に 

その時に 責任もって「行動」する事は罪ではないと思う。

しかし 「行動」するためには その時に必要な物があった方がいい。


■緊急時 ■災害時 

犬猫小動物の「命」「福祉」を守る為の

「救命の仕組み」と「救命救急物資」と「災害時対応物資」

必要と思います。


緊急時 災害時 人間の様に 自衛隊や赤十字が配置されるわけではないから

多数の犬猫を管理する場所では この3つの備えが必要と思います。

災害時には人と動物の命が失われています。

「悲しい現実」

災害から72時間 ライフラインや応急処置が施されなければ

「命」や「福祉」は保障さない。。

だから

私は これから しっかり 

「緊急時災害時で起きる事」


「自助」「共助」「公助」「救命備蓄物資」伝えていこうと思います。

Posted at 2017年06月29日 20時11分23秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*