メインメニュー

15歳 レオくん 後肢骨折 介護日記

犬猫介護ケアホーム きずなの丘


本日は 15歳レオちゃんの介護ケアプランからの 介護わんケアを担当してきました。

レオちゃんの食欲 元気 健康チエック いい感じですが

「褥瘡」と「骨折の足」と「喉の腫瘍?」を心配なので 診察してもらいました。

「褥瘡」は消毒

「骨折の足」は安静が理想だそうですが

動かさないと歩けなくなるので歩く練習ありへ変更

「喉の腫瘍」抗生剤で様子をみる





■自分で起立し介助なしで歩けたので今後の生活スペース見直し

■排泄時間のタイミング規則正しく整えレオちゃんに意識させる

■褥瘡ケア 栄養と血行と清潔スタート 物理的に当たる所を保護必要

■喉の腫瘍 炎症 抗生剤で小さくならない時は 再受診

■頭の上の皮膚病 脱毛 改善無ければ 再受診(核酸 オメガ 緑豆)

震災で離れ離れで暮らさないといけないレオちゃんですが

入所してからは どんどん イキイキと生活できています。

希望だった 起立 歩行 走行 犬や人とのスキンシップも出来るようになりました。

滑ったり挟まったり捻挫しないように 足元の材質(床材)も見直す時が近いです。

引き続き レオちゃんの倖せな時間になるようにケアプラント&わんケア頑張ります。
 



震災わんこ「蜜くん」


福祉ケアわんこ 「ペリー君」

Posted at 2016年11月28日 16時45分34秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*