メインメニュー

熊本地震ペット救護本部 会議から


第11回熊本地震ペット救援本部打ち合わせ  場所:畜産会館4F




1現在の活動について

○熊本県

◇地震発災後に県が引き取りした状況 9/16

捕獲引き取り数

犬 667 → 返還193  譲渡336 収容132

猫 974 → 返還 5  譲渡496 収容210

1651頭 → 返還198頭 譲渡832頭 収容342頭 




◇熊本県動物管理センター譲渡会  開催(6/18.7/3.8/7.9/25)

◇応急仮設住宅 16市町村97団地 4224戸


◇体制整備

*九州山口9県災害時愛護動物救護応援協定

*全国知事会 行政獣医師応援要請

*「熊本地震ペット救護本部」設置5/27

*「熊本地震ペット救援センター」大分県玖珠郡九重町


○熊本市

1.愛護センター収容状況 犬 45頭 猫 73頭

2.避難所 9/15全 閉鎖

3.仮設住宅状況 9か所  犬99 猫36 その他5 合計140頭


○獣医師会

*救援センターへの受付

*飼育についての相談

*公費解体の際の犬猫の居場所相談

○救援センター

*現在 犬11頭  猫11頭 合計22頭

○熊本県動物愛護推進員

*活動内容を報告

2今後の活動

○支援必要な動物の状況把握について

○救援センターからの譲渡について

○救援センターへの搬送について


3その他

○次回日程

...................................................................................

熊本地震から5か月

早期に別々に避難 暮らした わんにゃん 

同行避難 避難所ではなく テント泊 車中泊

飼い主さんは避難所 お家で待つ わんにゃん

飼い主さんとはぐれ 迷子になったり野宿泊 わんにゃん

みなし仮設住宅がペット不可 別々の暮らし

仮設住宅で共に暮らす わんにゃん

災害が無かったら いつも一緒に笑顔でいられたと思います。

しかし このような事が起きた今

動物にも飼い主さんにも「笑顔」になってもらいたい。

離れ離れになった犬猫にも新しい生活で「笑顔」になって欲しい。


熊本地震は まだまだ 生活再建には 支え応援が必要な方々がおられるのです。

そんな 熊本の情報をお伝えできたらいいな〜と思います。 

Posted at 2016年09月27日 17時48分08秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*