メインメニュー

愛犬愛猫の細胞(健康)を守る知恵とは??

アレルギー性皮膚炎

本当に飼い主さんにとっては  「悩みの種」

私の今までにおいても

小学生の時は まぶたの腫れ

二人の子供は0歳児から 

アレルギー性鼻炎+浸出性中耳炎  ぜんそく アレルギー性皮膚炎 水イボ 結膜炎

耳鼻科 皮膚科 小児科 眼科 に通い対処療法を疑いもなく

続けていた日々

そんな中  1993年


遺伝子栄養学
との出会い

栄養療法を取り入れた動物病院での勤務


弱い細胞にしていた原因が しっかり・・・理解できました。

そうなんです。。

毎日の生活の中に 遺伝子を傷つける原因がある事が大きい事。

病気は治療が必要ですが

健康な細胞は 毎日の食べ物が必要です。

同時に 遺伝子を傷つけない環境やストレス抜き が必要なんです。

私も父の在宅介護の際は 頸や瞼にアレルギーが強く出ました。

自分では気づいていなくても 身体からは SOS が出ていたことが

今 はっきり 証明されています。(父の介護が無くなりアレルギーは治まった)



犬猫問題解決NOTES2016

P3〜P4

遺伝子を傷つける原因

私が23年前 遺伝子を守る方法を手に入れなかったら 

私の家族の身体は 病気になるたびに医者へ行くことになっていたでしょう。

今は 病気になってもいち早く治癒したり 再発予防が出来ています。

アレルギーだから・・・・・と諦める前に

一つでも二つでも原因を排除してみて欲しい。。

そうして 症状がでたら いち早く治療や検査はして欲しい。。

どうか・・・

人間が便利や安価と引き換えに手に入れた事が

コトバなき動物の身体を傷つけないように守って欲しいです。


痛みや痒みは動物病院へ

しかし 元気な皮膚や粘膜や血液やホルモンや酵素の細胞を作る為には

飼い主さんの知識と行動が無ければ 出来ません。

動物達にも環境の変化 老化による細胞再生低下

災害 地震 熱中昼夜 お留守番 ストレスでも遺伝子は傷つき修復が送れてしまう。



犬や猫の状況 犬猫の性格 犬猫の年齢 丸ごと包める

遺伝子栄養学と優しい手当(洗浄やマッサージやストレッチ)で

この夏をまず乗り越えて欲しいと思います。 

アレルギーのタイプも各自違うので 微調整が出来るようにお伝えしたいです。

アレルギー皮膚炎 保護犬 幸ちゃん 健康ケアプラン

8歳ペリーちゃん福祉&健康ケアプラン

Posted at 2016年08月23日 13時40分30秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*