メインメニュー

幸せになって欲しい!!熊本県動物管理センターの現実

熊本市愛護センターの動物愛護の取り組みは 他県の方々でも知っている方々がおられます。

しかし

なんと 熊本県には動物愛護センターはありません。。 

各10か所の保健所にて 迷い犬猫の返還  譲渡 啓発活動などなど

動物愛護の取り組みをしていますが 長い時間預かれる様な施設ではありません。

そこで10か所の保健所から 熊本県管理センターへ搬送され殺処分をしています。

■熊本市愛護センター(熊本市4区)

HP⇒http://doubutsuaigo.hinokuni-net.jp/

■熊本県内10か所保健所

・阿蘇 ・菊池 ・山鹿 ・有明 ・御船 

・宇城 ・八代 ・水俣 ・人吉 ・天草


HP⇒
http://www.kumamoto-doubutuaigo.jp/index.php


■熊本県動物管理センター(熊本市東区)


2016.4.14 熊本地震 迷い犬猫が増えました。

被災のひどい地域では 避難所から 仮設住宅やみなし仮設への転居

半壊のご自宅でのガレージ泊や車中泊の方々と犬猫

公的な解体が始まり居場所がなくなる犬猫

熊本市も熊本県(阿蘇 御船 宇城 菊池)もピンチです。

そこへ持ってきて 被災に関係ない保健所から

なんと 迷子犬や保護され猫が沢山です。(HPをご覧ください)  

今回の震災により ガス室は停止しています。

そこで 熊本県動物管理センターは「熊本県動物愛護センター」の役割を日々

行っています。しかし そこには 

被災時から突然始まった為・・・

■人材  ■物資  ■設備  も万全ではない。

自然の恵みである太陽や雨も・・・設備がまだまだ足りない 

動物管理センターでは

保護されている 犬猫の健康を損なう環境になっています。

そこで  下記の 支援金お願い 

をどうか・・・日本中にお届けして頂きますようにお願いします。

そうして 私達 犬猫の飼い主である 熊本県民は

何が何でも 「終生飼養」「適正飼養」

を守れるようにならんといかんと思います。

今回の地震や災害がなくても・・・・

今まで 「手放された犬猫の命」 熊本県の大切な税金で 

「手放された犬猫の命」殺処分している現実を知り 

殺処分にさせられる熊本県行政ではなく

殺処分にさせない飼い主さんを100%に 変えたいです。



「終生飼養」「適正飼養」 
  

が約束された飼い主さんと出会う場所

熊本市愛護センター  熊本県管理センター  10か所の保健所

各施設からの「譲渡犬猫」今度こそ「倖せ犬猫」へ繫げたいです。










***熊本地震における被災した犬猫のために支援金のご協力をお願いします***

皆様には熊本地震に際し多大なるご支援していただき感謝申し上げます
地震から4ヶ月立ち新たな問題も出てきました
現在仮設住宅など住居が出来ているので避難所は9月には閉鎖の予定となっていますが
仮設住宅は動物を飼うことができますが
みなし仮設(通常の賃貸住宅で行政が家賃を代わりに支払う)や市営住宅県営住宅は動物を飼うことができません
また全壊半壊の家の解体作業が始まり 今まで家の中にいた動物を置く場所がなくなります
飼えない場合放棄されることも予想され
一時的に預かるシェルターの設立が必要となっています

また熊本県動物管理センターは動物が許容量を超えていますので
放棄また遺棄されても十分な管理ができません

以上のことから
皆様に支援金をお願いし
1.動物の一時預かりシェルターの設立運営
2.動物管理センターにおける飼い主のわからない保護動物の健康管理 譲渡
3.震災のために外飼いになっている動物の健康管理 繁殖防止
のために使わせていただきます

皆様のご協力をお願いします

口座
ゆうちょ銀行  17100 32161441
       熊本県災害時動物救援チーム

他金融機関からの振込の受け取り口座
店名 七一八(ナナイチハチ) 店番 718
預金項目 普通預金 口座番号 3216144

熊本県災害時動物救援チーム

代表  東海大学教授 熊本県動物愛護推進協議会会長
             森友 靖生

副代表 熊本県獣医師会 きくなん動物病院
             平山 美幸

協力  熊本県 熊本県獣医師会 熊本県登録動物愛護団体

Posted at 2016年08月22日 14時20分41秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*