メインメニュー

排尿が出来ない10歳 あずきちゃん 骨肉腫在宅介護日記

前回はこちら→10歳 あずきちゃん 骨肉腫在宅介護日記

前回のご家族の要望は 

■要求吠えの意味がわからない!

■介護の方法がわからない!

■介護用品選びがわからない!

■食欲不振時の栄養の与え方がわからない!

でした。

今回のご相談は 

介護方法⇒ 排便 排尿の介助の方法を今一度知りたいとの事でした。



3種類の投薬

ステロイドの副反応か?腹部の脂肪が付筋肉の低下が心配です。

しかし 介助したら起立 歩行可能 

引きずって歩く為に足先の負担からか?ストレスか?
★右前足を舐める
★爪が伸びて剥がれ大量出血 (要組織検査?)

腹部が柔らかすぎて膀胱の位置がわからないとの事でしたので

横臥の状態での膀胱の位置をお伝えしました。

膀胱麻痺や腸麻痺が進むと介助がもっと必要になるので

背骨が曲がったりしないように
関節が硬くならないように マッサージとストレッチも試してもらいます。

あづきちゃんは 上半身は触ると

ご機嫌斜めになるので難しい面もありますが

焦らず 諦めず 明るく 介護生活を送って欲しいです。

立つ&座る

仰向け

歩行器

お散歩カー

犬猫問題解決 NOTES2016

SPECIAL THANKS


★つねさん 様 ★ひかるこ 様 ★天草レストハウス結乃里様 ★岩崎光美様

★ 株式会社 ジェネシス21様 ★村上和美・わんわんランドアグリ様

★小林元郎・成城こばやし動物病院 ★下堂薗賢二(伝えるデザインスタジオ)様

Posted at 2016年07月18日 14時05分24秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*