メインメニュー

被災地(益城町)母親猫行方不明残された子猫

7月16日(12日頃にも鳴き声が聞こえていた?)

お隣の軒下に1匹

反対隣りの敷地に1匹

雨でびしょ濡れの子猫を保護された方からご連絡が入り

電話相談に乗りました。

知人のトリマーさんや猫に詳しい方の支援を借りながら

保護された方が里親探しと一時預かりをされるとの事でした。

救援物資と情報発信のサポート

哺乳瓶 ミルク 温湿度計 体重表(排便尿チエック)

犬猫問題解決NOTES(ポスターの書き方と発信の方法)




震災後 5月半ばに妊娠した母猫が産んだこの子猫達

母親不在での放置は命に関わるなかで 救出された命

保護された方は 震災で怪我されていて治療中

半壊のお家で暮らされていますが

子猫に対して 

保健所ではなく 一時預かり(哺乳育猫付)里親探しをします。

と決断してくださいました。

なんとか

このにゃんずには 幸せな家庭にバトンタッチしてもらいたい。。

子猫の一時預かり出来る方

子猫の里親希望の方

どしどし ご連絡をお待ちしています。

Posted at 2016年07月17日 16時26分00秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*