メインメニュー

83歳父(元男)&80歳母(美亀)在宅介護生活2

前回は こちら → 82歳父(元男)&79歳母(美亀)在宅介護生活 1

3月の父退院 在宅介護生活から 母の入院

10月7日 父 83歳に

12月10日 母 80歳に

慣れない介護生活・・・・

介護で疲れイライラしたり 父の体調でうおさおしたり

しかし・・・なんとか8か月達成です。

右半身麻痺だから 起立 歩行 排泄にも介助が必要 

私は夜担当なので 2時間おきに起こされる体験が続き

カラダもキモチも 付いていけず 

「意地悪な態度」になってしまっていました。(反省)

しかし

昨夜は 母の誕生日  記念写真

母は 家族からのお祝いの食事が出来て満面の笑み

父は 「出会い一目惚れだった」と母に感謝の涙

父と母がいたから 私は命がある事「ありがとう」を伝えました。




在宅介護を8か月体験しているなかで・・

心掛けている事があります。

それは 

「頑張らない!」

そして

介護がうまくいかなくても

「焦らず 諦めず 明るく」

両親の主治医の先生

担当のケアマネージャー

担当にケア施設 の皆々様の知恵を頂き

「白石元男と家族の優しい介護」が出来たらいいな〜と思います。

父の在宅で暮らしたい!という想いとやる気も必要

家族が父の望みを叶えたい!という想いと行動も必要

在宅介護は 本人の健康 介護の内容 介護者の状況で

日々変わる事が当たり前。。だから

困ったらすぐ専門家に相談しなきゃとわかりました。


では

犬猫の在宅介護だって 同じだからこそ

動物看護師の私の仕事は 常に わんにゃんとご家族の様子を

ヒアリングしたり訪問させて頂いたりして

ケアプランの微調整を立てていきたい。。

父の在宅介護を通じて 素晴らしい体験や学びがあり

これを 犬猫の介護看護に生かせるように毎日勉強します。  

Posted at 2015年12月11日 12時46分23秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*