メインメニュー

マックス君 16歳 ママの優しい介護の技    在宅介護

前回はこちら→ マックス君 16歳 床ずれ改善したよ わんわんタッチ作成    在宅介護

本日のマックス君 緑と風のお庭にてテクテクパクパクスヤスヤタイム♪



自分で歩く事

自分で食べる事

介助が必要だけど  ちゃんと出来ています。

後ろ足のナックリングがどうしても出ていますが

毎日のストレッチ&マッサージ&栄養療法で寝たきりではありません。

素晴らしい!!

たくさんの大型犬の飼い主さんは介護で悩まれると思いますが

マックス君ママさんのように 介護のお仕事をされていたので介護の基本

毎日コツコツ・・・筋肉 腱 関節をいたわる時間を作られています。

動画はこちらから

  ↓

2015.9.30マックス君テクテク

16歳 大型犬 しかし まったく 床ずれも出来ず 毛艶もよく

すこし 後ろ足の麻痺と顔面の神経過敏の症状がでていますので

頸 背中 腰 尻尾 足先 までのケアをお願いしました。

一番心配なのは ママさんの 中腰での介助 無理な姿勢などなどで

お疲れが出るのでは?と心配しています。

上手に介助服や道具を使って 休まれるようにお伝えしました。

マックス君ママさんが倒れたら

マックス君への優しい介護の時間がなくなるのですから

動物看護師の役目は・・・

介護者のケアもしっかり支えられるようにしたいです。

Posted at 2015年09月30日 17時23分54秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*