メインメニュー

真黒(マック)君13歳シニアわん日記

前回はこちら→下痢→動物病院(診察&検便)→在宅ケア(食材選び)

2015年1月から

膀胱炎と膀胱出血と尿結晶などの治療

足の痛みのケア

下痢 おなら 消化器のケア

今回は

尿検査で タンパク と ビリルビンが高い事が判明

2週間後の再検査で下がらない時には治療がスタートになりました。










処方食では 下痢 腸の異変から軟便へ 手作りにしてもらいました。

現在 排便改善 足の痛み改善 背線良好(背骨が真っ直ぐに)元気ありとの事

心配なのは 部分的脱毛(首輪の当たる所 左足のぶつける所)

どうしても 手作りだけだと栄養のバランスが不安になるので

信頼できるフードを一部追加かメニュー変更を

床が滑り 立ち上がりにくいし 腱や関節を痛めないように

ヨガマットのような滑らない素材を用意を

お伝えしました。

Posted at 2015年09月07日 18時06分16秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*