メインメニュー

わんこ&にゃんこの栄養と健康   専門家育成の巻 

九州動物学院で 「栄養学」の時間でした。


1期生の8月から

12期生の講義が始まります。

栄養学を学ぶ 学生の皆さんには

コトバなき動物(犬猫)の 

体の健康と不健康を見つけて

食べる物をアドバイスできる専門家へ

栄養学は試験の為の勉強ではなく

コトバなき動物の健康を守る仕事として活躍して欲しい。

本日の学びのテーマは

「栄養」と「消化」について


「食べたものでしか・・体は作れない!!」

わんにゃんの場合は

飼い主さんが与えた食材によって 身体と心が形成されます。

パクパク  テクテク  スヤスヤ 出来る当たり前

そうならない時に  どうしたらいいのか??

わんにゃんと暮らすすべての皆々様へ伝えたい。。




わんにゃんの不健康な体質から病気にならないように・・・

わんにゃんの問題行動から信頼関係を失わないように・・・

九州動物学院の学生の皆さんには

そこの道標の人材へ成長してもらいます。ワクワク

難しい言葉や病気の言葉など 目の前に現れ眠くなる時もあると思います・・

しかし・・健康管理できる専門家が目標になったら 

動物看護師 トリマー ドッグトレーナー 飼育員 シェルター勤務

きっと 毎日学ぶ事はすべて学生諸君の血となり肉となる事に気が付くと思います。


私は講師として そんな 90分を伝えられる  

私の仕事は「責任重大」「やりがいいっぱい」です。


来週は「代謝について」と5大栄養素の「タンパク質」です。。



  

Posted at 2015年04月22日 16時53分50秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*