メインメニュー

命の受け止め方について・・・

高齢のわんにゃん

病気のわんにゃん

ご家族は

老いの速度

病い経過から

命の時間を考えてしまい 悲しく辛く立ち止まられる事が

あります。

しかし

わんにゃんは・・・

「今」を真っすぐに生きています。

死を恐る姿ではなく

大好きな人と場所と和みな時間で

一日一日を過ごしていると思います。

そこには・・大好きな人の声と手当と嬉しい時間が必要と思います。

そんな時間をプラン わんにゃんの声を届けるのが

動物看護師の私の仕事の一つです。

今日はハッピーちゃんの命日です。

ママの日記に

「神様がひとつだけ願いを叶えてくれるなら・・・
もう一度ハッピーちゃんを抱きしめたい」

と書かれていました。。

天国で再会するまで・・・叶わない事を受け止めた

深く切ないコトバです。。

ハッピーちゃんの存在

ハッピーちゃんへの想い

出会いと別れと再会と

悲しい涙から優しい涙に変わり 日々を大切に暮らしておられます。

素敵だな〜と思います。

わんにゃんは家族を選べないけれど

わんにゃんは家族に  最期の瞬間まで

たくさん愛され護られる時間になるといいな〜と思います。

わんにゃんとの別れ 命 想い出

まだまだ 辛く悲しい涙の飼い主さんもたくさんおられると思います。

しかし・・時間が

きっと いつも一緒なんだと 感じる日が来ます。

そんな時が訪れて 優しい想い出を聞かせて欲しいと願います。


今朝 天国へ旅立ったPちゃんに会いに行きました。

きちんと ありがとうとさようならを言わなきゃと思います。

ご家族様には ご冥福を心からお祈りします。

Posted at 2015年02月27日 17時13分13秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*