メインメニュー

13歳ゴールデンR♂腫瘍在宅介護について

前回はこちら13歳ゴールデンR♂腫瘍在宅介護について





食欲あり

元気

起立(介助)

歩行(介助)

右に回る・・

排泄(失禁1回あり)

嘔吐(未消化のドックフード あり)

心配の左足の腫瘍が 大きくなって色も変わってきました。

どうしても  自分の肝臓で合成する核酸が

腫瘍細胞の栄養になっていました。

引き続き 核酸を食べることで 体内合成の核酸を安みにして

なんとか  自壊はさせたいです。

とにかく

遺伝子を守る食材

癒しを上げるマッサージ

首や足のストレッチ

汚れやすい部分は洗浄

マッサージの後や立つ時の足の位置などなど

お伝えしました。

自分で立つ  座る 歩く

くしゃみする 頭振る 咳する

しっかり 毎日の日常で動かせてもらいます。

カウンター椅子があるので

これを使い 立つ姿勢の練習

リハビリをしていただくことになりました。

腫瘍の事

足の弱りの事

心配になったらすぐ連絡してもらう事にしました。

最高にハッピーな毎日を送れるように

在宅介護ケア サポートしたいです。

Posted at 2014年11月30日 21時23分51秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*