メインメニュー

りゅう君は天国だけど・・いつも繋がっています。

りゅう君が虹の橋を渡り・・

ご家族は 共に暮らせない時はどんどん過ぎていきますが・・

りゅう君と家族と増子の関係はいつまでも続きます。

色んな事がありました。。

下痢した時 夜泣きした時 立てなくなった時 

りゅう君から ご家族から

動物看護師の増子は 色んな事を学びました。


共に過ごした時間が長いほど・・

喪失感も大きいのかもしれません。

別れが突然の時は・・

認める事が出来なくて辛いかもしれません。

「命」あるものの宿命

その「命」に対して

向き合う事と大切さを伝えられる 動物看護師でありたいと思う。



http://cplus.if-n.biz/5002546/article/0245857.html


http://cplus.if-n.biz/5002546/article/0322116.html


今 りゅう君のママは ご近所のわんこの飼い主さんへ頼られる存在です。

病気の事 栄養の事 マッサージの事

伝えられています。。素晴らしい。。

そうして 私は そんな素敵な出会いに恵まれていることに感謝です。

Posted at 2012年11月04日 17時41分33秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*