メインメニュー

愛犬に 口腔内腫瘍が出来たらどうしますか??

相談内容は

口腔内の腫瘍をオペする?しないか?



約1か月で・・

出血と腫瘍の成長と体重↓

動物病院では

レントゲン

血液検査 ⇒  貧血 炎症

触診

一般身体検査

12歳 小さな体(2キロ)

現在 元気 食欲 睡眠 排尿 排便 良好

治療法としては 内服と摘出オペ を勧められ悩まれることになりました。



同時に

これから先

食事管理(活性酸素除去な食事と核酸とビタミンC&E&B群)

口腔内の洗浄や管理(感染痛み予防)

生活の質管理(無理が無い限り わんこのやりたいことをサポート)

これからも 看護される飼い主さんと
闘病するわんこのサポートすることになりました。。

どんな看病をしたいか?

どのように看取るか?

愛する家族だからこそ。

元気な時からきちんとイメージが必要と思いました。

Posted at 2012年03月21日 01時12分45秒

 
この記事へのコメント



未タイトル

元気で可愛い時だけイメージ仕勝ちだからねぇ^^;;

まあ、それが悪いってんじゃ無くて当たり前の事
なんだけど、やはり重い病気の老犬と遇う機会が
在って、身につまされた事が在ります^^;;

家族の皆さんは犬の専門家である事も在って、全く
他の元気な子達と同じ様に接して居られるのを見て
素晴らしいなと思いました^^

確かに事前に何らかの体験/準備をして於く事は
必要ですね!
Posted by woo at 2012/03/21 08:50:35



wooさんへ

wooさん
コメントありがとうございます。
命には限りがあるなかで
大切なわんこ&にゃんことの看護介護や生活
どんな風になったら 幸せか?

そんなイメージできると
今の現実の選択が見えやすいと思います。
コトバが無いわんにゃんですが・・
表情を見ると幸せ感伝わりますよね。。
日頃からの準備を
イメージしてもらえるように伝えていきたいです。
Posted by 増子元美 at 2012/03/24 10:38:25

コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*