メインメニュー

宮城県仙台 ,福島県相馬市,南相馬市, 栃木県宇都宮市

朝七時仙台に着いて

高速バス

相馬市役所前までの道のり

見たことない景色です。

テレビやインターネットでは感じ取れない
大きな大きな何か!

心の奥までしみこみ
脳の大切な部分に刻まれました。


被災者の方々の欲しい物は?と尋ねました。

家が欲しい と言われました。

これまでの事を話してもらえる方には話を聞かせもらいました。

そうでない方々へは 苦しみ痛み悲しみに
寄り添いたい想いを念じました。

目の前の現実を逃げれない。。
目の前の未来に向け 動物看護士 増子元美 はどう進むのか?

「大きな大きな問題」です。

しかし

「あきらめないで答え出していこうと誓う」

なぜならば

私は 人も動物も自然もそうして日本が世界が地球が幸せでいて欲しい。

そうして日本の子供たちが日本で生まれて良かった!と言われたい。

だから・・知恵や行動や想いのある方々とつながりそんな日本にしたい。。





ペット避難所では 家族と暮らせないわんこが保護されていました。

熊本の上村さん
相馬の小旗さん 
熊本県の小野さん 

現場の話をたくさん聞いてきました。
(皆さんに感謝)

私のできること

健康管理とメンタル管理と感染予防のため

ゲージに個別識別の必要性を打ち合わせしました。

相馬市の動物病院の先生ともお会いできました。

熊本から相馬ペット避難所への必要な支援アドバイスをいただくパイプできました。

迷子犬や譲渡犬をネット配信里親探しのシステムはじまります。



ボランティアと私と3人で

ゲージ設置 名前札設置 排泄物管理  活動しました。

犬の数が増えてもできる限り健康管理できるように

健康チエック→増子→アドバイス→必要なら診察

遠隔でもできる 連絡網についての説明もしてきました。

ボランティアで参加の医大生2人 頑張ってくれました。
大学が被災ということで休校。。
「緊急時の自分の役割とは??」想いで福島市から1時間かけてきていました。
日本の若者は「すごい」です。。


熊本の皆さんからのフラッグや物資を想いをお渡ししました。


南相馬市と相馬市管轄 相双保健所で担当の方とお話ししました。

福島県は 被災の被害大きな地域の事で対策が行われているそうです。
緊急時行政の方々この 
「今」 人も動物もなんとかしたい!と動かれている現場です。

今こそ認め合い助け合い知恵を出し合い福島の問題(人も動物も)
最善策を心から願います。。

相双保健所で 放射線被ばく検査 表面汚染をしました。

手から顔 頭 体 靴底 荷物です。

結果は0.2でした。

放射線被ばくの影響の資料もいただいてきました。
惑わされないようにしっかり勉強したいです。

福島まで1時間高速バス。
(熟睡して・・知らない隣の方に寄りかかってしまいました。)

福島から宇都宮 新幹線 通路まで満員でした。

宇都宮 DR KIRIN&WANP ディナー会議2011

先生からは
宇都宮の地震での犬猫の様子
宇都宮の獣医師の先生方の様子
これからの事

私からは
福島仙台の報告
これからの事

熱い熱い会議になりました。

23日早朝からボランティア活動なのに時間を使っていただき
食事も支援もいただきました。(感謝です)

この22日のすべての体験 出会い から
これからを組み立てていこうと思う。



みんなで頑張ろう日本



とにかく

今は・・・

自分で見て聞いて感じて

今・・

何が必要か??

心で熱く 頭は冷静に 行動!!

今動けない人は 「祈る」沈黙でもいいのです。。

レポート終了。。

浜松町へ

私の大好きな出版社

サンクチュアリー出版の社長参加

講演会行ってきます。

Posted at 2011年04月23日 09時13分50秒

 
この記事へのコメント



未タイトル

ご苦労様、風邪引かない様に!
Posted by woo at 2011/04/23 08:14:15

コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*