メインメニュー
WHAT'S NEW

飼い主さんが緊急入院 14歳わんこはどうする?

14歳の犬さん

飼い主さん  2か月入院決定 犬さんのどんなケアプランが一番いいのか?

飼い主さんがとても可愛がっているし大切にされているので・・・

2017年5月に 熊本県介護支援専門員協会 熊本市支部

定期総会の講演会

「動物の介護と人間の介護」〜大好きな場所で大好きな人と最期まで〜

聞かれた 
飼い主さんのケアマネージャーさんからのご相談


数日後 ご家族と犬さんと一緒に話し合う事になりました。

■犬さんの希望

■飼い主さんの希望

■家族の希望

今回は 「2か月」という期限があるので

飼い主さんが戻って来られるまでに どこでどう過ごすのが一番いいのか?

しっかりと話し合いたいと思います。


高齢者とペットの問題

・大好きな家族やお家と離れ離れにならないでいいように・・・

なかなか叶わない事がありますが それでも

「飼い主さん」と「動物」との生活が最善になるように

ケアプラン立てられたらいいな〜と思います。


飼い主さんの希望

○狭い所ではなく・・広い所を走らせたい!!

○長期になるので金銭面が不安!!

○慣れている環境 自宅で過ごさせたい!

犬猫さんの性格 体況


□犬猫見知り

□人見知り

□場所見知り

□要治療要検査

預け先


●動物病院

●介護ケアホーム

●介護ケア付シッター

●訪問介護
 

Posted at 2018年02月17日 17時11分54秒  /  コメント( 0 )

続 28  運動の前にストレッチ  ロイス君日記

週1回 わんケア

(苦手克服 人馴れ 犬馴れ バイク自転車馴れ) 

(心と体整える 必要な運動)  


続 27 腰痛再発!! ロイス君日記

本日は 歩行も走行も尻尾振り上げも良好

お散歩前に 頸 背中 腰 優しくウオーミングアップ



・元気・食欲・毛艶・皮膚・歩様 

全身の健康状態をチエック

お散歩では 

芝生の坂道をいれて 背筋や足の筋肉を付けます。 

人混みを選んで どんな時に反応するか?何が嫌なのか?

ロイスちゃんの気持ちに寄り添いながら

楽しい時間になるように わんケアします。

「吠えるから・・・怖がるから・・・」と

お散歩できない犬さんがいると聞きます。

ロイスちゃんの様に

少しずつ少しずつ 地域の音や匂いを体験して

楽しいお散歩出来るといいな〜と思います。

続く
 

Posted at 2018年02月16日 18時20分34秒  /  コメント( 0 )

怖がりな5か月わんこ!小さなメイちゃん日記 

前回は⇒小さなメイちゃん日記 院



2017年9月4日生まれ♀


相談内容

,靴弔院碧覆┐襦”櫃る いたずら)⇒ドックトレーナーに相談中

▲錺チン接種(狂犬病と登録 混合ワクチン済)⇒畜犬登録と狂犬病

食事の事(1日3回にしているが食べたがらない)⇒体重 骨格順調なので1日の量計算

ぅ離潺瀬僕祝


■メイちゃんはとても「やんちゃ」な面「怖がり」な面 あり 

お散歩中 知らない人にはガルガルする時もあるらしく心配と

言われていました。 ドックトレーナーの先生にしっかり

見てもらいお散歩も人混みもストレスにならないようになって欲しいです。


続く
 

Posted at 2018年02月15日 13時34分55秒  /  コメント( 0 )

咳こんこん?12歳 デコちゃんシニアわんライフ 16

前回は⇒12歳 デコちゃんシニアわんライフ 15

2月13日 14日

シニアわんケア

事前のメールと電話打ち合わせ済み

■体重の事
■咳の事
■アレルギー結膜炎の事
■動物病院受診の事
■おやつ(手作り)お留守番の時のお楽しみ




手作りのおやつ お気に入り!

お散歩テクテク動画


13日晴れ 栄養素スタート1日目

室温12℃ 湿度55% 体温36.2 心拍数 80回/分 呼吸数16回/分

咳(あり) 目ヤニ(なし結膜は赤) 元気(あり) 排便(2回)排尿(2回)


14日曇り 栄養素スタート2日目

室温18℃ 湿度56% 体温37.1 心拍数 68回/分 呼吸数28回/分散歩後

咳(なし) 目ヤニ(なし結膜は赤) 元気(あり) 排便(1回)排尿(1回)


22日トリミングの日なので その時に体重測定

それまでに 咳が増えるようならば すぐ動物病院へ

・口腔・目・喉  温度湿度管理 乾燥したり花粉が飛んだりなのか??

粘膜細胞を元気に保つ栄養素を準備するのか? 異物は洗浄するのか?

異変が起きたら すぐ 対応してもらうことにより

結膜の炎症にならない!! 気管支の炎症にならない!!

快適かつ平穏な日々が送れたらいいな〜と思います。


※寒さ対策 乾燥対策 アレルギー対策 免疫アップ対策

引き続きサポート担当します。 続く

  
 

Posted at 2018年02月14日 17時47分59秒  /  コメント( 0 )

184日  明日は月命日!!KOUのいない時間  66

前回は⇒161日 東京へ会いに行く!!KOUのいない時間  65



明日は2月14日 6回目 月命日です。

KOUが居ない日は 毎日どんどん 過ぎていきます。


10年前 愛猫を亡くした後すぐ ご家族が飼い主さんを心配して

「元気な子猫」を家庭に連れてこられたそうです。しかし

飼い主さんから「健康な犬猫さんの姿を見る事が辛い」と相談された事がありました。

その気持ちを聞いていたから

「ペットロス」にとって 単純には「アニマルセラピー」は通用しないと

学ぶ事が出来ました。

私にとって「KOU」に変わる存在はあり得ない。

しかし いつの日か「KOU」と暮らした時の様に

家族となり 共に暮らせる時が来るかもしれない・・・

でも 「今は・・・・」

最近 やっと お散歩している KOUと同じ犬種同じ毛色

レッドのトイプードル(茶色)さん 

との距離を近く出来るようになりました。

KOUが遺した想い出は消えないけれど

KOUを抱っこしたり撫で撫で出来ないのは寂しいです。


ヒヤシンスの球根を育てる事

益城町の犬猫さんの見守りに行く事

動物看護や介護の仕事をする事

いつもKOUがいると思いながら
いつか会える日 再会まで 時を刻みます。


KOUちゃんへ

そっちの暮らしはどうですか?
元男さんとまつぞうとジローとお散歩してますか?

ロンはそっちでは怖い物なくてのびのびしてるかな?

KOU 私はね KOUが居ないのは寂しいけどね 

しっかり仕事してるよ。

わんにゃんぴっ相談室のメンバーも10名になりました。

http://cplus.if-n.biz/5002546/article/0487985.html

KOUが私に教えてくれた事 ちゃんと沢山の飼い主さんへ

お伝えできるように生きるね。。そんな私をそっちからみていてね。。

KOUは 本当は・・・寂しくないですか?

そんな時は いつでも 逢いに来てね。。
 

Posted at 2018年02月13日 13時53分30秒  /  コメント( 0 )

動物看護師が「地域のお助け係」になりたい!!その訳は??

動物看護師になって

動物病院で働いている時には

○犬猫と飼い主さん悩み 

○地域の犬猫の困った

相談を受け 各専門家へ繫げたり アドバイス出来た。

(里親さん探しの方法 看護介護の方法 迷子探しの方法)

しかし

熊本に19年前に帰ってきて

1998年「わんにゃんぴっ相談室」設立

様々な相談を受けていました。

そんな中

○子犬子猫が産まれては捨てられる
○迷子犬猫
○不要犬猫(病気 老化 問題行動 飼えなくなった)
○虐待負傷

熊本市と熊本県の犬猫の福祉や殺処分の現状を知った。

「このままじゃいかん!!」と思いました。

2006年「熊本市動物愛護推進員」「熊本の動物愛護を考える会」活動開始

私の仕事は

「犬猫さんが居てご家族があって 動物看護師として生かされている」

という事は   

終生飼養 適正飼養されずに

「処分」される「命」

遺棄や放棄や虐待される「生活」

地域での迷惑となる「命」



「犬猫さん」と「家族」と「地域」が共に幸せになるために!!

支え導く専門家として 地域に貢献したいと思いました。

1人ではなく 仲間の動物看護師と共に・・・

2010年6月 全国47都道府県に「わんにゃんぴっ相談室設置」の夢

全国の動物看護師へのオファー活動



■全国47都道府県440市区郡わんにゃんぴっ相談室
■わんにゃんぴっ相談室 相談員 



現在 (受付 登録者 10名)


・熊本(熊本市 光の森)

・東京(墨田区 板橋区)

・滋賀(野洲市)

・埼玉(久喜市 新座市)

・大阪(大阪市)

・神奈川(横浜市)

・福岡県(福岡市)


487(47+440)人を目標に

動物看護師の知識と経験を活かして欲しいのです。


・離職している ・勤務している ・フリーランスを目指してる

・フリーランス ・社会貢献したい・何か始めたい

そんな 動物看護師 を募集しています。

申込みは簡単  どしどし 応募お待ちしています。

  ↓     ↓

下記の書類提出 と 増子元美との面談(スカイプ可)


わんにゃんぴっ相談室 認定相談員 レポート

◾️履歴書 職歴 資格歴 別紙

◾️貴女のVTとして社会貢献出来る分野は何ですか?
◾️貴女の性格や行動の優れている所は何だと思いますか?
◾️自分の大好きな所は何処ですか?
◾️貴女のVTとしての役割は何だと思いますか?
◾️貴女の考える動物愛護とは?
◾️貴女の考える動物福祉とは?
◾️5年後の未来の自分はどうなりたいですか?
◾️10年後の地域や日本 動物と人は、どうなって欲しいですか?
・その為には、何が必要と思いますか?

 

Posted at 2018年02月12日 17時59分50秒  /  コメント( 0 )

訪問看護シニアわんケア 16歳メリーちゃん介護生活!!

前回は⇒16歳メリーちゃん介護生活!!

1日目 午後4時50分〜6時

T37.4℃ 
P92回/分 
R16回/分

食欲 ◎
排便 ◎  
排尿 未確認(腹部残尿なし)
飲水 ◎  (給水ボトル使用すると鼻に入りにくい)
自立 起立 ◎
介助 歩行 〇

清拭 陰部 顔周り 
洗浄 目

介助付パクパク動画






2日目 午前8時20分〜9時20分

T37.6℃ 
P144回/分 
R16回/分

食欲 ◎  (介助して立ち姿勢保てる)動画参照
排便 ◎  (肛門刺激 背骨尻尾マッサージ)  
排尿 未確認(腹部にも残尿なし)
飲水 ◎  (鼻に入りやすいので角度注意)
自立 起立 ◎
介助 歩行 〇

清拭 陰部 顔周り

眼やになし

介助付パクパク動画





=ケアプラン=

※衛生対策・・・涙目ヤニ 鼻水 口周り 陰部など汚れ除去
※防寒対策・・・洋服 カイロ・湯たんぽ マッサージ 犬用ミルク
※斜頸対策・・・マッサージ ストレッチ 温灸(温める)
※栄養対策・・・寒さで胃腸の動き低下⇒消化の良い献立変更
※メンタル・・・メリーちゃんの好きな場所 時間対応
※介護用品・・・飲水しやすい方法(鼻に入りやすい注意)
※介助紐 ・・・少し体を支えると頸も上げれる。バランスとれる。 

メリーちゃんは 時間になったら 起きて 排泄して 食べて 飲んで 眠る

そんな日常を過ごしています。

ご家族も「メリーちゃんの望む平穏生活」に寄り添われています。。

メリーちゃんは家族の愛に包まれ 倖せだと思います。

寒さがまだ堪えると思うので

身体の機能を落とさず
快適な生活が送れるように メリーちゃんの様子を細かく
チエックして ご家族と共に在宅ケアを担当したいです。

続く
 

Posted at 2018年02月11日 15時54分16秒  /  コメント( 0 )

ペットと災害について  熊本 PIACKとの連携 

前回は⇒熊本県災害時動物支援チームとの連携 

熊本の動物取扱業専門委員会[PIACK]
メンバーの皆さんが 震災の時もいち早く協力して
わんにゃん緊急災害ネットワーク熊本
支えて頂きました。

1)情報収集
2)物資の仕分け
3)物資の配達
4)ボランティアトリミング
5)ボランティア一時預かり(車中泊 避難所の犬猫)
6)被災初動〜見守り現在 

そのPIACKさんの冊子ができたそうです。

熊本動物取扱業専門委員会  
PIACK ピアック




熊本地震は 本当に大変な災害でした。

死者 関連死 病気 生活再建 まだまだ

色々な不安や悩みと背中合わせであることを・・・

そんな時だからこそ

犬猫関連業のネットワークがとても大事と思うし

防災の準備をしていない地域への「情報発信」も

とても大事な事だと思います。

「自分の命 犬猫さんの命」
を守ったら

次は

「仕事で出会う犬猫さんとご家族」

「地域で困っている犬猫さん」

支え応援出来るように・・・

体験した事実に基づいた「防災」

PIACKさんの冊子を活用して頂けたらいいな〜と思いました。
 

Posted at 2018年02月10日 06時51分35秒  /  コメント( 0 )

涙目ちびちゃんと指切断こてち君日記

こてちちゃん前回は⇒指切断から 完治!からのこてち君日記

患部は良好(パットの残った部分があるため皮膚損傷が少ない)
元気は良好

毎日ガーゼ交換していた私を苦手!!だけれど・・・

「何もしないなら・・隣に来てあげるよ!!」

撫で撫でさせてくれました。「本当にすごい怪我良くなって良かったです」



こてち君



本日の心配は  新人保護猫 ちびちゃん

保護した時からから病院通い

鼻水 涙 下痢と 治療してきましたが

ワクチンを終えたので 今度は不妊手術の予定です。

点眼薬を処方してもらっていますが・・・

なかなか完治なく心配されていますので

動物病院での受診と食事見直しがそろそろ必要かもしれません。

■ウイルス抗体検査

■精密眼検査

■体質改善対策

お伝えしてきました。




新人保護猫 ちびちゃん
 ガンバレ 続く
 

Posted at 2018年02月09日 11時50分19秒  /  コメント( 0 )

のんちゃんパパさんとのお別れの日

母が幼児の時からの幼馴染のYUMIさん

そのYUMIさんの飼い猫が「のんちゃん」

のんちゃんが17歳?で天国へ旅立ってから

のんちゃんのパパさんは病気になられました。

それでも・・・

のんちゃんパパさんの家庭菜園

いつもいつも アクティブで

魚釣り  野菜作り 童謡発表会(オカリナ演奏) 

春のわらび山菜取り 

いつもいつも子供達にも私にも優しくて

そんな のんちゃんパパさんは

ご家族の看護に包まれて のんちゃんの所へ出発されました。

12月16日には ベッドで横になって

酸素吸入しながらでもオカリナを演奏してくれました。

私が子供の時から大人になって

今まで・・・本当に優しくて 私の気持ちが凹んでいても

静かに微笑み寄り添ってもらいました。素敵な方でした。

もう しばらく会えないと思うと・・・・悲しいし寂しいです。。

「のんちゃんパパさん 本当に今までありがとうございました。

再会まで 私ものんちゃんパパさんのような大人を目指して

毎日を過ごそうと思います。

そちらでは のんちゃんと逢って欲しいです。

又 大空に向かいお手紙書きます。さようなら。」
 

Posted at 2018年02月08日 15時28分16秒  /  コメント( 0 )