メインメニュー
WHAT'S NEW

寒くなったよ!4回目の冬へ 被災地とペット 〜熊本地震から復幸へ 33

前回→■TV収録 雷と被災地とペット 〜熊本地震から復幸へ 32l

今回→寒くなったので 差し入れの綿毛布とフードを届けました。

●リュウさん 動画

●ハチちゃん フードとタオルの差し入れ写真

●キャットフード差し入れ 

●小屋の中の2頭黒猫さん

●ニューフェース 痩せている猫さん

心配な夏 気持ちいい秋(蚊は多い)
心配な冬が近づいてきました。

‖猟瓦粒稜А
暖を取る設備の有無(必要なら準備) 
ご家族の悩み(早めに聞き取り)

今回は 犬猫さん達は とても元気だったんで一安心

それでも 仮設住宅からの犬猫さんのお世話をされているので
飼い主さんの心労にならないように ちょこっと ボランティアしています。

熊本地震 2016・4月 離れ離れの4回目の冬です。
共に暮らせる日まで 頑張って欲しいと思います。

続く
 

Posted at 2019年11月21日 16時06分17秒  /  コメント( 0 )

足冷えと震え!優しい介護 前庭疾患15歳メグさん日記  12

前回→ 立ちたい!歩きたい!優しい介護 前庭疾患15歳メグさん日記  11 11/13

今回→訪問看護(おむつ交換と洗浄 マッサージ ストレッチ 爪切り 飲水介助 の依頼)

・体温:37.4℃ 心拍数:104回/分 呼吸数:16回/分

・排尿 ◎ ・飲水 ◎(いつもより少ない)

・震えあり(前足と後ろ足) →痛み?寒い? →要観察

・足先冷たい→マッサージ ストレッチ 保温

・吠える無し  

・歩行器で歩かない 活動力低下

・嗜眠なのか?

・頸椎 脊椎 四肢 関節柔らかい 硬直伸展無し

●メグちゃんスヤスヤ写真

※初カウンセリングの時は 暑さ対策 夜鳴き 雄叫びが悩み
SOS前庭疾患15歳メグさん 優しい介護日記  8/10

現在の心配事は 震えとの事 平穏な1日1日が送れるように

室温 21℃  湿度 74%  メグちゃんの好みに環境を整える

足先の冷たさは循環が悪くなっているので 保温方法を考えていこうと思います。

メグちゃんとご家族の大切な時間が「優しい笑顔」になるように
在宅看護ケア メンタルケア マネージメントを頑張ります  続く



 
 

Posted at 2019年11月20日 17時51分12秒  /  コメント( 0 )

失明 認知症対策カウンセリング 14歳 デコちゃんシニアわんライフ 29

前回→頭ぶつけた?検査受診 14歳 デコちゃんシニアわんライフ 28/a>

今回→在宅生活のケアマネージメント相談

●大好きママの膝スヤスヤ

●障害物から目を守りテクテク(セーフリング)

■血液検査結果 

■ケアプラン
/澗 、 引き続き僧帽弁閉鎖不全初期として投薬続ける→毎日の観察(咳 疲れ 元気チエック)

眼圧 →定期的に検査必要(眼圧下がりすぎたら投薬注意)

G嘶問題→デコちゃんの好む場所を絞り込み排尿の管理

いむつかぶれ→a外す時間増やす b生食液洗浄 cオーガニックコットン d緑豆水

デ知症心配メリハリ生活→お留守番の時間長い時 a訪問看護 bデーケア c日光当たる時間増やす 

※病院が苦手なデコちゃんですが これからは

動物病院での定期検診(一般身体検査 聴診 眼圧 血圧 )で早期ケア

お家ではケアプランを取り入れながら 部屋での運動やリハビリなども変更

「失明」はご家族にとっても胸が痛む事ですが

デコちゃんのように 安全に部屋を歩いて食事も排泄も自分でできているのはいい事です。

引き続き 在宅看護(介護)でデコちゃんとご家族が笑顔で暮らせるように

ケアマネージメント頑張ります。 続く
 

Posted at 2019年11月19日 20時11分23秒  /  コメント( 0 )

はなちゃんのストレス!どうする?! 5猫さんの家族日記  20

前回→毎日のにゃんマネージメントの成果!! 5猫さんの家族日記 19l

今回→にゃんケア相談

,呂覆舛磴鵑離好肇譽后、イライラの原因 →個室にて飼い主さん独占時間管理
●おこたの中のはなちゃん写真
▲▲い舛磴鵑領沺”/紂、エアコンの乾燥 →加湿器 ネブライザー 緑豆水
●あいちゃん 涙写真

レオちゃんのマーキング →ストレスの原因探して対策 →尿検査もする

な欷sakiti 君健康管理 →離乳食 排泄 順調 →ワクチン 先住猫との関係

●ニューフェースsakiti写真

ッ楼茲佑蛙道甸浜 →寒さ対策 排泄場所対策


※長老アキちゃん はなちゃん レオちゃん ななちゃん あいちゃん 新人君  

●長老17歳アキちゃん写真



皆 それぞれ 飼い主さんには心配な点は少しありますが 

本日の訪問カウンセリングでは 皆幸せな生活を送れているな〜と思いました。

引き続き 心配事を解決できるように 支え応援に導けるように頑張ります。
 

Posted at 2019年11月18日 16時13分44秒  /  コメント( 0 )

ゴールデンレトリバー パンちゃん ペット同伴老人ホーム 入所生活 52

前回→ペット同伴老人ホーム 入所生活 51

今回→被毛と耳と体重管理サポート パンちゃん

●パンちゃん ブラッシング 耳掃除後の顔 写真


食事の内容 量は 管理している 運動も嫌いではない

しかし 1日の運動量は足りないかもしれません。

これからの生活の為にも しっかりと 大地を踏み込み歩く 走る運動を取り入れたいです。

※股関節形成不全の歩行をするので 今以上関節には負担をかけたくない。

■ケアプラン

 ̄親哀肇譟璽縫鵐亜/事管理(毎日)※1日の食べる物再度チエックおやつ含む

皮膚被毛管理(在宅ブラッシング 毎日)
※被毛の毛量が多い 毛玉になりやすい場所 足の付け根 お尻まわり 耳周り 胸注意

耳の洗浄管理(訪問看護 週1回)

ぢ僚殿定と健康診断(動物病院)※脂肪の代謝 肝臓 膵臓 ホルモン

大型犬 長毛犬 施設内での管理は本当に大変だと思いますが

飼い主さんとお世話係さんによって 幸せに健康に 過ごして貰えるように

引き続き ケアマネージメント 頑張ります。 続く
 

Posted at 2019年11月17日 16時06分04秒  /  コメント( 0 )

重度の介護犬さん 在宅介護 在宅看取り 優しい涙

在宅での動物の介護 
‖里梁腓さ
⇒弉雜遒梁腓さ
2雜遒砲かる時間
げ雜遒瞭睛

とにかく 毎日 24時間 休みなく介護が必要

食事 排泄 清拭 投薬 患部処置 呼吸管理 マッサージ ストレッチ

どうしても 介護者の負担が大きくなる時に介護者の一時休止が必要です。

人間ならば #レスパイト入院 #ショートステイ #デーケア #訪問看護などである。

しかし 犬猫さんの場合 飼い主さんが一人で頑張りケースが多いと思います。

そんな時には どうしたらいいのか?

動物看護師による「ケアプラン作成」しての調整

動物看護師による「訪問看護」でのケア などを利用してもらいたいです。 

…砲漾粉癲/牲伉法ヾ鏡) 呼吸困難(鼻腔や咽頭)

メンタル不安(昼夜逆転 夜鳴き)ぢ琉霧魎后 

デ嘶問題 寝具や清潔の準備 などなど

要介護度に合わせて 介護者の負担減らしながらのプランが必要と思います。

愛犬とご家族の大切な時間 だからこそ 後悔が無いように最善を選んで貰いたいです。

今日は 素晴らしい介護をされ 最期の時を 大好きな場所 大好きな家族に包まれ

病気に負けず 頑張ったG君に 「さようなら」を伝えに行きました。

G君には大きな病がありましたが・・全く恐れずに 堂々と生き抜いた姿は本当にあっぱれでした。

寝たきり要介護度は大きかったのですが 素晴らしい介護をされました。

言葉なきG君は本当に 幸せだったと思います。これからは ご家族は寂しいと思いますが

しなやかに 支え見守りたいと思います。男前のG君には クールなブルーの紫陽花の花束
 

Posted at 2019年11月16日 15時20分36秒  /  コメント( 0 )

続39 楽しく走る!筋肉トレーニング 12歳 ロイス君日記

前回→続38 腰痛み軽減!!筋肉トレーニング 12歳 ロイス君日記

今回→腰痛無し 元気あり 早歩きから走る時間増やす



お部屋では段差の問題 障害物の問題で

なかなか 思い切って走れる空間ではないので わんケアでは

公園の端っこから端っこまで 早歩きから走るように 

ロングリード(3m)を使って ロイスさんと増子もしっかり走ります。

痛みもなく 段差もなく 爪もしっかり地面にグリップできる状況で

歩行 走行 出来る時間は 将来の為に とても重要です。

健康的な体は 毎日の運動 栄養で作られます。

様々な遺伝的や先天的な問題が起きたとしても

様々な老化や機能低下の問題が起きたとしても

「悪化させず より 元気に楽しく走れる為に・・・」

動物看護師による ケアプラン(運動 栄養 ケア方法)を提案します。

病気や老化を恐れずに

病気の原因を知り予防や再発防止対策

老化の機能低下を遅らせるための工夫

引き続き 

楽しく  テクテク 
美味しく パクパク 
気持ち良く スヤスヤ


になるように ケア担当頑張ります。

 
 

Posted at 2019年11月15日 18時08分26秒  /  コメント( 0 )

動物からの咬傷事故死 患部の手当てと自己健康管理の必要性

今回の亡くなられた警官の方とご家族の皆様へ 心からお悔やみ申し上げます。(祈り)
●日経メディカル フェレットに咬まれ蜂窩織炎を発症した警官が、17年後に死亡?

前回→子猫保護時 警官咬まれる
●熊本市 2012年 子猫が走る道路  猫遺棄事件です 警察官猫による咬傷あり


■熊本医療センター HP 動物咬傷時の対応について
動物に咬まれるとその牙により鋭く深い傷ができ、強い力も加わって周囲の正常組織が壊されます。
口の中には数多くの細菌が存在し、傷深くに細菌が入り込むことで容易に感染症を起こします。
多くは脂肪組織までの感染症:蜂巣炎(ほうそうえん)にとどまりますが、筋肉まで達する感染症:壊死性筋膜炎(えしせいきんまくえん)や敗血症性ショック(細菌が血流に乗って全身に回り、命の危険を伴う状態)になる場合もあります。


■動物に咬まれない準備と専門知識(動物の行動)

・飼い犬飼い猫の咬む理由を専門家の指導で改善する

・野良犬 野良猫 フェレット を増やさない(飼い主の責務 逃したら探す)

・餌やりさんと地域の方の咬傷事故危険度を理解し野性化した猫を減らす

■動物に咬まれた場合=傷口を流水で十分洗い、ただちに医療機関を受診

■自分の体質体調状況の把握(免疫力低下 糖尿病 血流障害 薬剤使用)

■正しい知識と早期行動

■感染症原因
.僖好張譽蘊
イヌやネコの口の中に存在するパスツレラ菌によって起こります。
噛まれたり引っかかれたりしてから約30分〜数時間後に激痛を伴う腫脹と浸出液が排出されます。糖尿病や呼吸器疾患を持った人は、肺炎を起こすことがあるので注意が必要です。
猫ひっかき病
バルトネラ属の菌が感染することによって起こります。ネコやイヌに引っかかれた傷や噛まれた傷から感染し、頸部のリンパ節の痛み・腫れ、発熱などの症状が起こります。抗生物質を使用しなくても6〜12週間で治りますが、重症になることもあるので注意が必要です。
6幻ど
近年国内では発生がないので、特別な事情がないかぎり狂犬病の免疫療法は行われていません。海外ではむやみに動物に触らない、狂犬病の流行国でイヌに接する機会がある場合、渡航前にワクチンを接種しておくなど、注意しましょう。
ぅ悒咾乏まれてしまった際に、興奮すると余計に毒素が身体を回るので、できるだけ落ち着いて行動することが大事になります。走り回ると脈拍も速くなり、毒が体中に巡ると大変なのでゆっくりと歩くようにしましょう。
デ暴風
破傷風の予防のためには破傷風トキソイド、抗破傷風免疫ヒトグロブリンを投与します。
Ε灰螢優丱テリウム・ウルセランス

■国立感染症研究所HP
 

Posted at 2019年11月14日 11時57分40秒  /  コメント( 0 )

立ちたい!歩きたい!優しい介護 前庭疾患15歳メグさん日記  11

前回→おたけび!なんとかしたい!優しい介護 前庭疾患15歳メグさん日記   10/31

今回→ご家族に変わって訪問看護ケア

●カートで立ち上がる 踏ん張りの足チエック
●カートに乗ると立ち上がり踏ん張りやる気満々(斜頸あり)動画
●飲水自立で飲める(首が下がると鼻に入る注意)
●公園で撫で撫でタイム 優しい気持ち
●散歩 ストレッチ マッサージ後スヤスヤ

■身体行動面:自立起立出来る 歩行と仰向け体位(要介助) 伏せ自立可 斜頸あり 首と四肢の拘縮無し

■生理現象面:食欲◎ 排泄◎ 飲水◎ 睡眠時間◎ 

■メンタル面:意識を持ち動ける 要求は声を出す 睡眠時間取れる

■体温低め:首巻き 腹巻き 体温測定 室温管理

■心拍数増える:車椅子の歩行後 食事後 排泄後の心拍数チエック必要

※通常は機能低下が起きていくのですが メグちゃんは

認知機能 身体機能 安定しています。 

毎日のご家族の介護生活がメグちゃんに「マッチ」しているのだと思います。

体温と心拍数が木になるので 引き続き モニター(記録)を取って頂き

在宅介護にて穏やかな生活ができるように・・支え導けるといいな〜と思います。

パクパク ゴクゴク テクテク スヤスヤ 

メグちゃんとご家族のニコニコ 平穏な優しい時間に なりますように・・
 

Posted at 2019年11月13日 15時34分11秒  /  コメント( 0 )

食べない・吠える・背筋対策 小さなメイちゃん日記 20

前回→●食べない・吠える・背筋対策 小さなメイちゃん日記 19

今回→●めいちゃんメンタルケア(ママ無し散歩練習)
●めいちゃん テクテク動画

今日のメニュー

.泪淨曳写気散歩体験 →テンションは低いけれどちゃんと歩ける排泄できる

▲▲好侫.襯箸任呂覆芝生で歩く →アスファルトはカート 運動では背筋をチエック

L蟻緬覆┐梁弍 →ママ合流後は「吠える」行動起きた後の対策決めて実践する

と茲譴燭藐綮菎靴┐徳る →引き続き運動を続け体力筋力強化

・1週目 ママとめいちゃんと増子 1時間 

・2週目 めいちゃんと増子30分 ママ合流30分

・3週目 めいちゃんと増子 1時間

・4週目 めいちゃんと増子 1時間

めいちゃんがママいなくても楽しくお散歩できるように
めいちゃんが脚力 背筋力の基礎体力つくように

メンタルわんケア 身体わんケア サポート頑張ります。 続く
 

Posted at 2019年11月12日 21時11分08秒  /  コメント( 0 )