メインメニュー
WHAT'S NEW

防災ナースセミナーに参加しました。

2018年1月20日13時
銀座にてセミナーに参加

PINK CROSSでの防災活動では
一般的にイメージされやすい第一線での救助ではなく
平時の地域コミュニティ創りがメインとなります。
日頃から「自助」「共助」「公助」の考えを広めていきます。

発災時は72時間以降の生活再建支援を行います。

自分の住む地域の為に、守りたい人の為に
看護師の潜在力を生かした活動となっております。


【セミナー内容】
・PINK CROSSとは?
・防災ナースとその役割
・防災ナース育成プログラム全体像
・地域コミュニティナースの役割
・生活再建リエゾンナースの役割
・ペットとの共生と同行避難
・地域災害を理解する
・減災活動
・災害時、外国人への対応の必要性
・罹災証明書とは
・各種支援金の内容

看護師さん
動物看護師さん
一緒に学び防災に対してどう貢献していくか
意見交換をすることが出来ました。

わんにゃんぴっ相談室の相談員についても
動物看護師3名にお伝えしました。
 

Posted at 2018年01月21日 00時39分56秒  /  コメント( 0 )

新メンバー アニーちゃん成長日記

ノーフォークテリア ♀ アニーちゃん

クリスマスの日に家族の一員に仲間入り

先住犬の変化として

15歳 ミルコさん(ジャックラッセルテリア)⇒大きく無し(口腔の違和感注意)

8歳 ステラさん
(Mダックス)⇒赤ちゃん返りして甘え行動 (食事を変え皮膚改善)

アニーさんは マイペース 遊んで食べて寝て排泄して順調に成長中

乳歯が生え変わるまでは・・甘噛みやいたずらが起こるので

誤飲誤食ないように「行動観察」をお願いしてます。

ミルコさん ステラさん の経験が有られるので

アニーさんは 順調に成長され安心しました。

引き続き 先住犬さんのメンタルケアとアニーさんの育わんケア

頑張ります。

 

Posted at 2018年01月19日 11時03分09秒  /  コメント( 0 )

お引越し 新生活 16歳メリーちゃん介護生活!!

16歳メリーちゃん介護生活!!



メリーさん 1月1日お引越し

環境が変わって心配しましたが写真の通り元気でした。
どうしても頭が下がるので頸や背骨や腰の曲がりの部分から
痛みに繋がらないように「マッサージ・ストレッチ」わんケア
担当してきました。
 
・食欲+飲水(要介助) ・排泄(自立)・移動(自立)
・環境変化しましたが 夜泣きや体調不良は無し
・老化は止められないのですが引き続き「パクパクテクテクスヤスヤ」


介護ケアマネージプラン

=チエック項目=

□意識障害・無(自分のペース生活)
□認知度 ・△(昼夜逆転無し)
□筋力低下・有(動きが遅くなる 頸が下がる)
□不随運動・無 
□知覚(視覚△・聴覚△・表在覚○・嗅覚△)
□音声咳障害・無
□摂食・水 ○ ⇒食器の角度を変更 飲みやすく 食べやすく要介助
□排泄   ◎
□拘縮   有(頸)⇒痛みが出ないように注意
□疼痛   無

□立位  ◎
□座位  ◎
□伏せ  ◎
□仰向け ▲
□歩行  ◎

=ケアプラン=

※防寒対策・・・洋服 湯たんぽ マッサージ スープ
※斜頸対策・・・マッサージ ストレッチ 温灸(温める)
※栄養対策・・・寒さで胃腸の動き低下⇒消化の良い献立変更
※メンタル・・・メリーちゃんの好きな場所 時間対応
※介護用品・・・飲水しやすい方法 
 

Posted at 2018年01月19日 10時36分03秒  /  コメント( 0 )

別れの瞬間!!益城町 飼い主いない猫  さぶちゃん日記 

前回は⇒益城町 飼い主いない猫  さぶちゃん日記 

さぶちゃんの様子〜Sさんとのやり取り〜

1/17


11時47分

今日は、自分で動く力が弱く、心配です。
ずっと上を向いて、しゃっくりをしています。
食べてないせいか、力がでません。
自分で、体位をかえません。
いままで自分のいい具合に動いていましたが。。

◎17時〜18時 体温計と温度湿度計準備



22時16分
体温、37.6度くらいでときどきエラーになります。

1/18


◎ビタミンカラーのお花の写真送信

9時7分

お花ありがとうございます。さぶちゃん、すごい生命力です❗

昨夜、胃液をカップ一杯くらい吐いて、きゅうに目を見開いて、わたしを睨み付けました❗
そして、立ち上がり、いばってみせたのです❗
     
一晩中動き回り、何度も吐いて、もうだめかと思うと、
ねばってねばって、いま、写真の状態です。



9時20分



増子さんに見せるといったら、こんなに立って威張って見せました!!

9時44分

写真見ましたか?ほんとに増子さんにみせると言ったら、そんなにしたんですよ❗

夢みたいでした。いじらしいです。。

◎琵琶の葉を近くに置いてもらうようお伝えする

12時22分



琵琶の葉とさぶちゃんの写真


琵琶の葉を準備した後 さぶちゃんの旅立ち

「今 息を引き取りました」と電話の連絡



1月5日に びしょ濡れ 目も鼻も分泌物でおおわれ瀕死の状態

Sさんの車の前に辿りついて 今日までの時間

きっと 保護される前から体調は悪かったのだと思います。

Sさんは 自分の看護が負担をかけたのでは?と落ち込まれていましたが

まったく そんなことはないと思います。

最期まで 男らしく潔く さぶちゃんは

「生きる姿」を見せてくれました。

飼い主がいない猫達は 皆 寒く冷たく痛いまま

ひとりで旅立つのかもしれない・・・

もしそこに 人間が餌やりをしているとするならば・・・
どうか・・・餌やりさんは Sさんのように
最期を看取ってあげて欲しい。と思います。

Sさんの献身的な看護は優しい時間。

暖かくてふわふわの中で包まれ・・・その瞬間まで

「死」は恐怖や辛さではない事

さぶちゃんに伝わっていたと思います。


さぶちゃんへ

病気になって食べれなくなって目も鼻も口も痛くなって辛かったね
病気には勝てなかったけれど
でもね Sさんのお蔭でふわふわの温かなお布団お部屋の想い出
お土産にして 今度は天国でいっぱいいっぱい幸せになって欲しいです。

さぶちゃんの事を心配し看護し心痛めているSさんをどうか・・・
これからもそっちから見守ってくださいね。お願いします。
さぶちゃんへ
私は 飼い主さんの居ない猫さんたちが
増えないように頑張ります。
さぶちゃん・・・おむつもお洋服も嫌だったかもしれないけれど
「体温調整」するためには必要だったの・・ごめんね
さぶちゃん 天国で再会するまで・・しばらくさようなら・・・


Sさんへ

さぶちゃんの保護 看護 本当にありがとうございました。
迷子になったままの猫達 飼い主のいない猫達

どうしても毎日が寒さ暑さ 病気 交通事故 不審死
背中合わせでその現場に出会うほど胸が苦しくなります。
Sさん しんどい想いさせましたね。

熊本県内の迷子を捜さない飼い主さんや餌やりさんが
最期まで看取る方々へ変わってもらえるように 
「さぶちゃんとSさんの姿」を胸に これからも私は頑張ります。
 

Posted at 2018年01月18日 13時17分49秒  /  コメント( 0 )

益城町 飼い主いない猫  さぶちゃん日記 

前回は⇒益城町 飼い主いない猫  さぶちゃん日記  


さぶちゃんを緊急保護され看護されているSさん。。

Sさんのお家も修理の為 家財道具がまだまだ片付けられず

さぶちゃんの看護の為の「体温計」が段ボールの中 見つかりません。


震災後1年9か月 益城町では家が壊れ解体からの復興進んではいますが

人も犬も猫も環境が大きく変わりました。

飼い主のいない猫 飼い主とはぐれた猫

餌場を見つけながら 飼い主さんを探しながら

この寒い日を生きている。

「工事が進む地域からだと思うけれど・・ 見慣れない猫達が現れていた」

とSさんから聞きました。

Sさんちは3にゃんずと生活 震災時も本当に大変だったと聞きました。

感染が心配なので 「さぶちゃんは隔離部屋」にて看護してもらってます。

本当に ありがたいです。



かなりの衰弱瀕死状態からのスタート

脱水や感染への治療

おむつ装着 流動食や薬投与 大変だし不安を持たれてますが

動物看護師が しっかりサポートして

「さぶちゃん」と「Sさん」の笑顔を目標に頑張ります。


熊本中の日本中の

猫を愛してる餌やりさんの皆々様へ

飼い主さんの居ない猫が

地域の「苦情の元」にならないように心得をお願いします。

飼い主さんの居ない猫が

どれだけの危険な生活を送っている事を理解して頂き

どうか・・・さぶちゃんの様な「大怪我や様々な病気や奇形出産」

にならないように 護って頂きたいです。お願いします。
 

Posted at 2018年01月17日 12時16分11秒  /  コメント( 0 )

指切断から 完治!からのこてち君日記

2016.12月 学園大にて保護される(仮名 こてち君)


(祝)11/15指切断から 完治!!こてち君日記



心配していた患部

出血もなし 腫れもなし 良好

もともとは 熊本地震後に生まれ保護されたこ

外に出たがる習性がありましたが

不審な事故(指切断)でしたので 今後は外出

ご家族管理が強化されることになりました。

こてち君が大怪我になる前

名前札が 続けて2回無くなり不審な事があったそうです。

コトバなき犬猫が

怖い事件に巻き込まれないようにこれからも

地域の情報収集(猫の苦情 犬の苦情)を続けようと思います。
 

Posted at 2018年01月16日 15時53分03秒  /  コメント( 0 )

脱走だめだめ!! ペット同伴 老人ホーム モダンガール日記 

前回は⇒ペット同伴 老人ホーム モダンガール日記 

■週1回 わんケアコース■

入所わんこ  4頭 

・どんちゃんの瞼の開き方 体臭
・トメちゃんの寒さ対策 怪我対策 
・パン君のメンタルケア

オーナーのわんこ 5頭 

・おあき&おなつの怪我良好(腫れ軽減)

・銀次郎君 気管支の調子良好

・おはる おあきとおなつに反応

・おふく ワイヤーを食いちぎり脱走を企てる⇒お散歩時間延長対策

※好奇心あり身体能力あり知能あり おふくのケア必要


モダンガールからの景色と玄関



モダンガールへの入所わんこ

こなつさん    どんさん



トメさん    パン君




モダンガールオーナーズ犬さん



おあきさん   おなつさん  



おはるさん   銀次郎君



3姉妹の母犬 おふくさん  ドックランの網破壊 脱走企て中

 

Posted at 2018年01月15日 14時33分37秒  /  コメント( 0 )

益城町 飼い主いない猫  さぶちゃん日記  



飼い主のいない猫(10カ月?)「仮名さぶ」 

■1月5日

地域にて 置き餌を食べて生活していた所

全身びしょ濡れ 目も鼻もふさがり 口腔からは流涎

瀕死の状態を Sさんが発見  保護され動物病院へ入院

■退院 自宅看護


■1月14日

「さぶちゃんがぐったりしていて・・・今日は日曜日ですが・・どうしようか」と

悩まれ連絡が入り 緊急看護ケアサポート

・主治医の先生への連絡(緊急時は他の病院へ行くので今までの治療薬を教えてもらう)

・体温測定 室温湿度管理

・痩せているし衰弱しているので保温(手作り洋服)

・口腔からの流涎がひどいけれど ミルクや流動食は少し食べれる(介助)

・鼻腔が膿が溜まるけれどマッサージと洗浄するとくしゃみをし鼻呼吸開通

・結膜炎は両方ひどい 洗浄して清潔に

・失禁してしまうので体が汚れない工夫(おむつとおむつカバー)

※さぶちゃんは 治療とSさんの看護により

大切な毎日を過ごしています。

なんとか 体力が戻り食事が食べれるように頑張って欲しいです。

Sさんの献身的な行動により「命が救われました」

さぶちゃんの様に飼い主のいない猫たちは

様々な危険や病気が隣り合わせです。そんな 不幸な猫が

減る地域になったらいいな〜と思います。


=野良猫被害対策 餌やりさんの心得=

●置き餌禁止 トイレ設置

●不妊去勢手術(病気や怪我治療 埋葬)

●地域への報告 行政への報告
 

Posted at 2018年01月14日 18時22分46秒  /  コメント( 0 )

熊本 光の森 ワンコとニャンコの健康相談会

わんにゃんぴっ相談室 メンバー

★熊本 光の森★
 
フェスティーナレンテ(動物看護師 小山よしみさん)

今回 熊本光の森支部にて 初めての相談会開催

ワンコとニャンコの健康相談

日時:2018年1月13日&14日 PM13〜15 

場所:フェスティーナー・レンテーは、光の森のグルーミング・サロン

内容:相談会&介護用品展示&チャリティーフリマ



参加わんこ ■マックス君  ■サージュ君

相談内容:(離不安 病院選び フード選び
 


■ドックカート ■介助服 ■エリザベスカラー ■歩行器


■温灸  ■装具 ■介護靴下 


熊本 水前寺支部

熊本 光の森支部

東京 押上支部

滋賀 野洲支部

埼玉 久喜支部

大阪 大阪支部

神奈川 横浜支部

7名のわんにゃんぴっ相談室 相談員(動物看護師)

2018年 「動物と人 命に優しい時間 笑顔 共に生きる」

そのような 地域に 日本になる為に 各地域で活動しています。

コトバなき動物の命や生活が

「愛誤」ではなく「愛護」へ

我こそはと思われる 動物看護師の皆様を心からお待ちしています。

http://cap-masuko.com/group.html
 

Posted at 2018年01月13日 17時44分45秒  /  コメント( 0 )

心も元気に・・・フラワーフォトセラピー体験?

九州初 フラワーフォトセラピー体験講座

■ 日時:2018年1月12日 金曜日 午後
■場所:Milk hall 天の川 https://www.facebook.com/milkhallamanogawa/

■講師:内藤由貴子先生

会社員時代の闘病体験が、生き方を見直す機会となり、カラーセラピ―などを学び、2000年にハーツイーズを設立。並行して臨床心理学を99年より雑誌等の心理相談で活躍中の
本宮輝薫氏https://www.facebook.com/motomiya.terushigeに師事。

フラワーフォトセラピーが開発されると、従来のセラピーと一線を画す速い結果に驚き、講座化に協力、講師も務める。さらなる普及のため2013年8月、一般社団法人フラワーフォトセラピー協会を設立。」 
HP http://www.flower-pt.net/


■内容
熊本地震からの恐怖・不安が続く飼い主さんや犬猫さんを癒す方法をお伝えします。
家族やペットの介護や看取り、別れによる悲しみや苦しみを癒す機会になるでしょう。

その癒しを担うのが、あなたのこころの奥に残っている感情をやさしく解放する花の写真です。
 
少人数なので、グループでもそれぞれの方のお話を聞きながら、癒されるような体験の場を作ります。



*****************************************************************

フラワーフォトセラピー体験会 始まりました。

心と体の関係 東洋医学「真気を入れて邪気を抜く」

綺麗 純粋 完全なフラワーの「デジタル写真(光の集合体)」

悩みや不安相談




●□に囲まれた自分の気持ちを言霊に



●参加者5名 言霊記入



●気になる花 好きな花 感じる花選ぶ



・お花選ぶ  
・水に伝える 
・言霊のカードを胸に当てる



参加者の皆さんと一緒にセラピーを体験させてもらい

フォトフラワーからの「気」を

自分の中に取り入れられたのか?わからないけれど

「悩みや不安」から

「希望」や「癒し」への「言葉」へ変え

「フォトフラワー」のイメージを

脳へ伝える事が出来るのはいいな〜と思いました。




内藤先生 参加者の皆々様 楽しい時間ありがとうございました。

この体験を通して コトバなき動物や悩みを溜めたご家族に

寄り添う事が出来る 「動物看護師」へなりたいです。

集合写真
 

Posted at 2018年01月12日 17時55分29秒  /  コメント( 0 )