メインメニュー

意外と見直される鯖の効能

鯖に含まれる豊富な脂質は、タンパク質を補う役割をし、体力をつける働きがあります。
中でもEPA(エイコサペンタエン酸)やDHA(ドコサヘキサエン酸)など多価不飽和脂肪酸の量は、他の魚と比べて群を抜いています。
多価不飽和脂肪酸には血中コレステロールや中性脂肪の低下、血液を流れやすくする、という働きがあり動脈硬化や血栓が原因でおこる脳梗塞や心筋梗塞を予防する作用があります。
加えて、DHAには脳細胞を活性化する効果があることが解っておりボケの防止にも一役かってくれます。

Posted at 2015年08月27日 12時59分58秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*