Professional working group TAKANO
2010-11-27 の記事

永遠に続く課題・・・

更新が滞ってしまいました・・・

昨日、当社車輌が単独事故を発生させてしまい、
対応に追われておりました・・・

この様な記事をアップするのは不利益な事と思うのですが
事実を受け止め、再発を防止する上でも
指導する自らにプレッシャーを掛ける意味でも
また同業の社長が抱える悩みでもある訳ですから
内容をオープンにし、指導の足しになって欲しいと思ったのです。

当該乗務員は入社2ヶ月の新人乗務員
乗務員経験は無し
前職:テストドライバー及び開発
大型免許保有するもののペーパードライバー


入社後、初任診断・座学による法令教育・一般教養養育を済ませ
1週間の助手業務、2週間の同乗指導を経て
ワンマン運行を開始した矢先の事故でした。

単独によるカーブでの事故

カーブ手前で充分な減速をせず、車輌が外側に膨らみ
ガードレールに衝突 車輌とガードレールを大破
積荷も破損させてしまいました。
幸いにも本人はシートベルトを着用していたので、
怪我が無かったものの事故処理が済むまでの間、
通行規制を掛けてしまい、通過する一般の方々や
時間に追われている同業者の車輌に大変な御迷惑を掛けてしまいました。

本人の弁を聞いてみたところ、
私が感じたの事は、
ゞ車と実車の車輌の挙動の違いの認識不足
▲屮譟璽の掛けるタイミングが乗用車の感覚で踏んでいる
F云荵愼鎧には出なかった運転の癖
い修梁晶堯

 銑∈続愍紊任了愼海妊肇薀奪の特性や構造等は充分に理解していた
の場合は、同乗指導されている時は見られている緊張感と
評価を得る為自らの運転に対する癖を出さない様にしていた。
これで審査をパスすれば、単独での運行を開始させるのが通例であり
当社も同様にして対応してました。
ましてトラックメーカーのテストドライバーの経験もあるので
会社としても一般の未経験者と比べれば運転に支障はないと判断してしまったのですね・・・

運転の癖を見抜けなかった事で、本人に対する的確な指導が足りなかった事が
今回の事故につながってしまったのかなと管理者として責任を感じます。

昨今、求職者で乗務職を希望する方は未経験及び異業種からの参入が多くなっており、
長年この業界に携わっている自分にとって、知識を掘下げた指導の難しさを感じます。
この程度の事は分かってるだろうと思わず、
赤子に言葉や仕草を教える姿勢が必要だと痛感しました。

これから5年、10年先、
業界に携わる方々の高齢化に伴い
乗務員不足はなる事は避けられない事実であり、深刻な問題です。
安全で高品質な輸送を出来る人材育成が益々重要になってきます。
やって見せ、手間を掛け、繰り返し続ける事が大切だと思います。

纏まりの悪い更新になってしまった事を詫びます。

また今回の事故で多大なる御迷惑をお掛けしました
取引先様、関係各社様に対し、心より深くお詫び申し上げます。
大変申し訳ありませんでした。





今朝、事務所に着くとスタッフが乗務前に早出して
モータープールの入口を整備してくれてました。
江面さんアリガトウね!
感謝します!


Posted at 2010年11月27日 14時12分59秒  /  コメント( 1 )