Professional working group TAKANO
2012-01 の記事

吹きまくれ

・・・?

朝から富士山噴火の前兆か?
なんてニュースを見てた・・・

まぁ〜不安を煽るよねぇ
麓に住んでる人達は どんな思いで受け止めるんだろう
ホラ吹きだと言う人も居れば、万一に備えてと先走る人もいる
これも自己判断ですが・・・


先般に掲載した求人広告で
本日は数名の面接が入ってらしい

ほんと人手不足は深刻な問題です。

以前は同業他社からの入社であったり、
元気のある若者が運送業に飛び込んでくる事があったのに
最近はねぇ・・・

新免許制度になってから、どうも業界に踏込む方が激減してますね
あえて免許を取得してまでトラックに乗る気は無いみたいな・・・

我々業界だけではないけど、ポジティブな人材が居なくなってる気がするな・・・

昔、誰もが小学校の卒業アルバムに「将来の夢」とか「30年後の自分」とか
想像を掻き立てて人生のストーリーを描いたと思うんだよね
「プロ野球選手になる」「パイロットになる」「総理大臣になる」
ほんと子供の頃の夢は素直で良いと思う

しかし、大人になって色んな挫折を経験し、
ストーリーを修正しながら大人になってきてるんだよね
厳しい言い方をすると、出来なかった時の言い訳になるストーリーに修正してる気がする

面接の時点でも、自分がどうなりたいか意思を伝えられる人が減ったしね

もっとホラ吹きで良いんじゃないかなぁ
ホラ吹きって悪い言葉に捉えやすいけど
ホラ吹き=物事を大袈裟に言う人の事だからね

大人になっても素直にホラ吹いてさぁ
元気のあるストーリーを語ってみても良いんじゃないかな?
ホラを吹いたら、それを実現する為にはどうすべきか手順を考え
いま何をすべきか見えると思うんだよね

ホラでも良い
どんな自分になりたいか描いて欲しいです。
そうすれば自然に元気も湧くもんだと

それと元気がある人に接し、少し分けて貰うとかね(笑)
生活の為の仕事ではあるけれど、その中で少しでも楽しみを見つけて欲しいな!


いま求人広告を手に悩んでる貴方へ
元気なお電話お待ちしております。


Posted at 2012年01月31日 11時04分23秒  /  コメント( 0 )

冷え冷え・・・

日を追う毎に寒さが身に凍みますね・・・

過ぎ行く人の姿も少し猫背で

今年の風邪は性質が悪く
咳が止まらず苦戦しております。

昨日は新年事業者大会に参加の為
鬼怒川温泉あさやホテルまで行ってまいりました。

朝日新聞編集者 星 浩先生の
「2012年日本の政治経済を見通す」セミナーを拝聴

どんな話題であれ、真正面から受け入れるか
斜に構えて受け入れるかによって判断は大きく変わるものですよね

政治、税制の問題しかり、我々に携わる運輸行政の向かう方向性
全ての産業の未来も含めて・・・

いずれにせよ事業主にとって、厳しい情勢に突入している事は事実
どう向き合っていくのか、繊細な判断が要求されるでしょう

私も含め、我々後継者世代は昭和の創業者の方々とは違った問題を抱え
日々葛藤している事と思います。


以前、全国物流青年経営者中央研修会を先導している佐久間氏から言われた事が
全国の運送会社の後継者となるべき方々の意識の中で、
本当であれば事業は継承したくない、借金がなければ整理したいと答える方が大半であると
聞かされた時、唖然とした事を思い出します。

私も何人もの方にお会いしましたが、
大半が順調に小・中・高・大と学問を学び
卒業と同時に親の家業に就職
一度もトラックに乗る事もせず、物流を語りだす感じの方が多かった
荷物にも触れたことが無いのに仕組みだけ作ろうとする
その仕組みが説得力が無く、現場が思ったように動いてくれないとボヤく

ある意味、凄いなと思うけど・・・

多分、仕事が楽しく感じないのだろうと思う

運送屋ってさ・・・
川下の業界ではあるけど、凄い仕事をしてると思う
たかが物を運ぶだけに思えるけど
人々の豊かな生活を物流が支えている訳だし
何より、人に感謝される素晴らしい業界だと思うんだよね
感謝された時、自分が誇らしく、そして気持ちが良いもんだと

そして何より自分の会社のスタッフが頑張っている姿を見て
感謝の気持ちを覚えなかったら、その会社は整理した方が良いと思うね

なんだかんだ現場力が一番大切だから

もっと現場に見て触れて、頑張ってるスタッフの仕事ぶりを見てみな
そうすりゃ何かが見えるから!

と・・・まぁ思う訳よ

後継者 ○○君への手紙みたくなってしまった・・・


確かに厳しい環境だけど
笑いの絶えない会社でありたいね
せめて当社のスタッフだけでもne(^^)d




さて、週末になりましたが
気を抜かず安全運転でお願いしますね!


今朝は朝礼で磯係長の掛け声で
無事故・無災害宣言!
 
磯君 宣言を照れちゃイカンよ!


Posted at 2012年01月27日 18時52分52秒  /  コメント( 0 )

やっと一息

新年明けたと思ったら
あっという間に半月が過ぎようとしてます

取引先の稼動もあり
元旦のみの休暇
それもお年玉を本家への挨拶とお年玉配りで終了
毎年の事ながら区切りがつかず
何気ない日曜日を過ごした感じ・・・

いつもと同じ年始ではあるものの
何か今年は気持ちが先走り、少し空回りしてる様・・・

何かでリフレッシュして
気持ちを整えなきゃ(T.T)

お世話になっている社長からも
自分の為だけの時間を作らなきゃ駄目だと良く言われます

そうは言ってもねぇ・・・
なかなか難しいもんです

昨日、輸送会議で東京に行った際
帰りに立寄った東京港のフェリーターミナル
30分だけ海を眺めて頭の中を無に出来ました

風は冷たかったけど空気が澄んでて気持ち良かったぁ
ほんの少し胸のつかえが楽になった気がする


年々 年を重ねる毎に責任の重さを痛感してます
ついつい これでもか!と突っ走ってしまう性格は変わらないもので・・・
それで42年も経ってしまい、未だ足踏みする勇気がない
多分、これからも変わらず行くんだろうなぁ

俺が描いた未来予想図には、まだまだ遠いけど、
頑張っているスタッフ全員に見せてあげたいなぁ
みんなが報われる様、まだまだ俺も頑張るよ!
どうぞ宜しく!


週末のボヤきでした・・・


たまたま宇都宮市内の脇道に入ったら
こんな看板のお店が・・・
思わずプッと笑ってしまった。

これって・・・狩野何とかの?
もしかして本人の店? それとも完全パクリ?
今も流行ってんの?
今度寄ってみようかな

まともに笑ったの今年初かも・・・

宇都宮の環状線から少し入ったところ
住所は秘密にしておきます。
今度探してみて!

それでは良い週末を!


Posted at 2012年01月14日 17時09分53秒  /  コメント( 0 )

御挨拶

新年 
あけましておめでとうございます。

旧年中はお取引先様を始めスタッフ、関係各位様より
格別なご厚情を賜り、心より厚く御礼申し上げます。

どうぞ本年も宜しくお願い申し上げます。


昨年においては東日本大震災という
大災害により多くの尊い命を失い
悲しみと失意に覆われて絶望にも近い状態に追いやられ
さらに追い討ちを掛ける様に原発事故
歯止めの効かない円高、デフレ不況、政治のブレ
日本丸沈没の危機に直面した一年だったのではないでしょうか

未だ見通しのつかない問題を抱え
新たな年を迎えましたが、
厳しい状況は引きずってしまう事は否めません

しかし私達はどんな状況であれ
生きている事は事実です


戦後、何もかもを失った日本が
失意の中にありながらも
国民が同じ方向に向き
希望を持ち、常に前を向き奮起してきた
たかだか半世紀で世界を脅かす経済大国まで登りつめた
だが今その日本が崩れかけ始まっている
悲しい事に作り上げたのも日本人でありながら
壊そうとしているのも日本人だということ

そんな脆く弱い国である

それでも負けを認めず
言い訳をごもっともの様に語り時間を浪費して
足踏みしてる間に、他国に追いつかれ
いまや追い越され脅かされる始末

こうなったのも我々世代、さらに若い世代にも少なからず責任はある
ぬるま湯に浸かりきったツケなの知れません

結果にこだわり過ぎて行動すら起こせない
腰の重い国民性になってしまっている様に思えます。


躊躇っている時間は無いはず
案ずるよりも先に動けと云いたい

今年の辰年にあやかって
竜の背に乗り、暗雲を突き抜けて、
また本来の強い日本に登りつめられる様に
勢いをつけて行きたいですね

何はともあれ世情の雰囲気に同調し下を向かず
立ち上がる勇気と希望を持って欲しいと強く願います。

それは自分自身にも言い聞かせ
縁した全ての人に夢と希望を与えられる様、
努力惜しまず邁進すること誓い
実のある1年にしたいと思っております。

是非 皆様方におかれましても
御自愛の上、御躍進下さるよう御祈念申し上げます。




高野総合運輸株式会社
代表取締役 高野和久


Posted at 2012年01月03日 14時56分55秒  /  コメント( 1 )