Professional working group TAKANO

冷え冷え・・・

日を追う毎に寒さが身に凍みますね・・・

過ぎ行く人の姿も少し猫背で

今年の風邪は性質が悪く
咳が止まらず苦戦しております。

昨日は新年事業者大会に参加の為
鬼怒川温泉あさやホテルまで行ってまいりました。

朝日新聞編集者 星 浩先生の
「2012年日本の政治経済を見通す」セミナーを拝聴

どんな話題であれ、真正面から受け入れるか
斜に構えて受け入れるかによって判断は大きく変わるものですよね

政治、税制の問題しかり、我々に携わる運輸行政の向かう方向性
全ての産業の未来も含めて・・・

いずれにせよ事業主にとって、厳しい情勢に突入している事は事実
どう向き合っていくのか、繊細な判断が要求されるでしょう

私も含め、我々後継者世代は昭和の創業者の方々とは違った問題を抱え
日々葛藤している事と思います。


以前、全国物流青年経営者中央研修会を先導している佐久間氏から言われた事が
全国の運送会社の後継者となるべき方々の意識の中で、
本当であれば事業は継承したくない、借金がなければ整理したいと答える方が大半であると
聞かされた時、唖然とした事を思い出します。

私も何人もの方にお会いしましたが、
大半が順調に小・中・高・大と学問を学び
卒業と同時に親の家業に就職
一度もトラックに乗る事もせず、物流を語りだす感じの方が多かった
荷物にも触れたことが無いのに仕組みだけ作ろうとする
その仕組みが説得力が無く、現場が思ったように動いてくれないとボヤく

ある意味、凄いなと思うけど・・・

多分、仕事が楽しく感じないのだろうと思う

運送屋ってさ・・・
川下の業界ではあるけど、凄い仕事をしてると思う
たかが物を運ぶだけに思えるけど
人々の豊かな生活を物流が支えている訳だし
何より、人に感謝される素晴らしい業界だと思うんだよね
感謝された時、自分が誇らしく、そして気持ちが良いもんだと

そして何より自分の会社のスタッフが頑張っている姿を見て
感謝の気持ちを覚えなかったら、その会社は整理した方が良いと思うね

なんだかんだ現場力が一番大切だから

もっと現場に見て触れて、頑張ってるスタッフの仕事ぶりを見てみな
そうすりゃ何かが見えるから!

と・・・まぁ思う訳よ

後継者 ○○君への手紙みたくなってしまった・・・


確かに厳しい環境だけど
笑いの絶えない会社でありたいね
せめて当社のスタッフだけでもne(^^)d




さて、週末になりましたが
気を抜かず安全運転でお願いしますね!


今朝は朝礼で磯係長の掛け声で
無事故・無災害宣言!
 
磯君 宣言を照れちゃイカンよ!

Posted at 2012年01月27日 18時52分52秒

 
この記事へのコメント
トラックバック一覧



コメントを書く



== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です
*

*