Professional working group TAKANO

想いが人を動かす

昨日は工場視察と打合せの為、
久しぶりに所長同伴で東北(宮城県)に行っておりました。

救援物資輸送後は、何かと自社が落ち着かず
思った様に時間が取れてなかったから
ほんと久しぶり・・・


担当者様に3.11直後の話を伺い
改めて震災の規模を思い知らされた・・・
工場の閉鎖も検討した程、メチャクチャになった状況の中、
携わる多くの社員が家を失い、
まともな生活が出来ない状況であったにも係わらず
停電し、崩れ果てた工場内を社員一丸となって片付け、
たった2週間で通常出荷が出来る様になったそうです。

「自分達の製品を待っている人達に一日でも早く届けなければと
 その想いだけで必死でした」「自分達の職場は自分達で守らなければ」
 と力強く話してくれました。

工場の規模から見て、とても2週間で通常業務になった事が
信じられなかった・・・
みんなの想いが、そうさせたのでしょうね!
その苦労を少しでも軽減出来る様、
より良い御提案を準備させて頂きたいと思います。

まだまだ大変な日は続くと思いますが
持ち前の東北魂で乗り切って欲しいと強く願います。


帰路の途中、津波で壊滅状況だった仙台空港を通過
TVで見た時は、見渡す限り瓦礫の山だった空港周辺も
標識は曲がったままだけど、たった4ヶ月でこんなに修復されるものなのか?
と思う程、綺麗になってました。
東北の人達の想いや多くのボランティア、自衛隊の活動により
こんなにも早く復旧が進んでいる事を目の当たりにして
日本人の行動力が世界に誇れる原点を見た感じがしました。



未だ記録的な豪雨で新潟、福島方面に甚大な被害が出ております。
これ以上、自然災害で犠牲者が出ない事を祈ります。



全国のトラックドライバーの皆さん
プロと言えど過信せず、安全を最優先し運行して下さいね!

Posted at 2011年07月30日 11時45分45秒

 
この記事へのコメント
トラックバック一覧



コメントを書く



== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です
*

*