Professional working group TAKANO

春の知らせ

3日(日)は月例社員研修会

東日本を襲った大地震により
亡くなられた方に対して社員全員で黙祷を捧げ
関東交通共済協同組合 専任講師 湧井孝様による
「交通事故防止講習 構内接触・追突」をテーマに
講演を拝聴する。

グループ全体では年々事故発生件数の減少になっているが
ここ数年、自社内で発生する事故内容が絞られてきているのに気付く
全体の約80%が新人乗務員が起こした構内事故
他車及び建造物との接触等々

湧井講師による心理的要因が招く事故原因を
分かり易く伝えて頂き、非常に内容の濃い時間であったといえる。




震災後から振り返ってみて、緊急時の対応や会社の体制の不備があった事が
明確になった気がします。

通例では緊急時対応マニュアルがあったが、
通信手段が断たれた場合、何の役にも立たない事を思い知らされたし
今回の震災後、感じた事を全て書き出し、
その対応まで新たな構築をしなければならないと強く感じた・・・

ただ今は我々が出来る陸上輸送で支援を続け、
一日も早く被災地の復興を祈り
やれる事をやるだけ!

三陸地方も多少だけど燃料や食料も買える様になってきたと連絡を貰ったけど
我々関東の人と比べれば未だに不敏な生活を送っているのは事実
物流のプロとして、想いを載せ、業界のみんなで頑張りましょう!


このところバタバタし過ぎて回りが見えてなかった
道端の梅の花に春の訪れを気付かされました・・・
全身の緊張がスーッと抜け、心が癒された気がします。
少しづつ現実を受け止め頑張って行こうと思う

Posted at 2011年04月04日 18時37分40秒

 
この記事へのコメント
トラックバック一覧



コメントを書く



== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です
*

*