Professional working group TAKANO

お願い

地震発生から今日で1週間
一昨日の朝、叔父が避難先で息を引き取った
雪も降り、寒さも厳しかったし
充分な食事も取れず体力も限界だったのだろう
何もしてあげられなく、悔しくて情けない気持ちで
感情を堰き止める分、涙が止まらない


まだ避難先にいる方々には何とか頑張って欲しい
一日一日が辛く、心も折れてしまう事もあるだろうが
絶対に諦めないで欲しい!
日本全土の仲間がみんなを救おうと頑張ってます。
どうかもう少しだけ・・・希望を捨てず頑張って!


関東も給油パニックで思うように物が運べず悪循環な日々・・・
物資を心待ちしている被災地に行きたくも行けず・・・
2車線の国道も閉店しているガソリンスタンドにも係わらず
いつ入荷するか分からない燃料を待って何kmも渋滞・・・
当社の車輌も同業他社の車輌も燃料を求め何時間も何時間も・・・
給油の為に自宅に帰る時間も無く乗務員の疲労も限界に近い
本当に申し訳ない・・・

深刻なのは業務に携わるスタッフも含め、通勤車輌の燃料も底をついてきて
出勤出来ない者が出て来ている。
出勤前に並んで何とか給油上限¥2,000分を入れて出社した者、
未だに並んで給油待ちの者、ガス欠でコンビニに車輌を寄せて助けを求めてる者
このままでは会社が機能停止してしまうのではと・・・
ニュースでは来週から落ち着くと言うが・・・

毎日がバタバタと落ち着かないが何とか冷静にならなきゃ・・・

原発の放射能汚染に関して情報が錯綜してますが
人体に影響の無いと言われております。
パニックを拡大させてしまいますので
冷静になって行動を取って頂きたい・・・

根底のない情報での混乱は収集つかなくなります
いま余計な混乱は避けなければなりません。
どうか宜しくお願いします。

Posted at 2011年03月18日 11時15分40秒

 
この記事へのコメント
トラックバック一覧



コメントを書く



== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です
*

*