Professional working group TAKANO

冷静に・・・

親戚の安否確認が取れないまま不安な日々
震災時から何度も何度も携帯電話に留守電やショートメールを送り続けて
5日目のAM10:50に身内に連絡が入った。
1分間限定の通話「2軒は流されたが、大船渡市在住18名全員が避難し、無事です。
寒い、食料が無い、眠れない 何が起きてるのか良く分からない」・・・で途切れたらしい

でも本当に良かった・・・
ただ何千人も亡くなられた方の事を思うと手を上げて喜べない・・・
少しでも早く何万もの避難されている方たちに温かい物を食べさせてあげたい
我々も出来る事を最大限努力します。
どうか皆さんもお力添え願います。


震災直後から、燃料の供給が思うように来ず
各地のスタンドは開店前から長蛇の列
縦列駐車で走行車線が狭くなり事故につながります。
気持ちは分かりますが、どうか冷静になって欲しい
くれぐれも買い貯めはやめて下さいね・・・

輸送に携わる我々も通常通りの給油が困難になって
運行させられない状態が今も続いています。
とは言え救援物資の輸送、通常の食品輸送等、何が何でも運ばなければならない
何とか掻き集めてでも走らなくては・・・

大型車から少しづつ小分けに給油し、何とか運行を継続
明日の分も確保する事が困難


本日も東北に向け救援物資を積んで出発

我々も努力を惜しまず頑張りますので
被災地の方々、どうか厳しい状況とは思いますが頑張って耐えて待っていて下さい!

Posted at 2011年03月16日 15時38分00秒

 
この記事へのコメント
トラックバック一覧



コメントを書く



== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です
*

*