Professional working group TAKANO

悲しい現実・・・

お早うございます。
月初は事務所の雑務でバタバタしております。

昨日は持病の腰痛が悪化し、恐怖のブロック注射を打って来ました。
裸のジョンレノンの様に身体を丸めて「ブツッ・・・グリグリ・・・ドカーン」と
腰に3発・・・悶絶(未だに何か骨に挟まっている感じが・・・)
我慢の甲斐があって日常生活に支障の無い程度に回復しました。
近々、MRIで椎間板の損傷箇所を調べるとの事
この業界で働く者は、ほとんどの方が腰痛を職業病的に持っていると思いますが、
作業前のストレッチや定期的な運動を心がけて
私の様に悪化しない様に注意して下さいね!

ところで昨晩のニュースで国会の式典上で
秋篠宮御夫妻、天皇皇后両陛下の入場してからの野次飛ばし
重ねて携帯電話の着信音
怒りを通り越して情けなくなったね・・・
国を背負って中央に居る先生方が、子供達でも分かる様な常識から逸脱しているとは・・・
これで世界に対し、日本がイニシアティブを取るなんて絶対に無理だわ・・・

またこれで問責やら更迭やら足の引っ張り合いで時間を費やし
国民が求めてる回答なんか出る訳がありませんよね。
国会中継でも後列の議員さんはコックリさんでスヤスヤお休みしてるし
お疲れでしたら、ご自宅でゆっくりお休み下さい。
世界中の笑いものですからね。

ガリ勉タイプがガテン系を統率するのは無理があるって・・・



その次に「株式会社 日本電産 永守社長」の特集が流れた。
これぞ大和魂と言うか、本来日本人の持つ底力を持った社長
円高不況も逆手に取れ、トップが常に未来を語る事
社員に働く喜びを感じさせる事、社長は社員の倍働け、
それが出来ないなら、引退して出来る人に譲る事が
社の存続に大きな影響がある。
簡単な言葉ではあるが、とても深く自分の心に響きました。
社長が私利私欲中心の企業の成長は先細りになるとも・・・
こんな事を言っておりました。
今の日本は自分達を守る法律ばかり整備して
やれ働きすぎ、やれ低賃金、企業に矛盾の定義を押し付けてる傾向がある
戦後の日本で8時間労働で残業がどうたら何て言っていられなかったし
当時にそんな事を言っている奴すら居なかった。
法律を破れとは言えない、けど法律を見直せと申したいと・・・
益々、日本が弱くなる一方で収拾つかなくなってからでは遅いと

話題は尽きないが、私は深く感銘を受けて
自分の考えの答え合わせと修正ができた気がします。

永守社長の様な人が中央に立ち、国を先導してくれたら
今の塞ぎ込んだ日本も変わるんじゃないかなぁ・・・

国会の下らない常識欠落のニュースで苛立つ気持ちが
この10分の永守社長の特集のお陰で、心地よく眠りにつけました。

私も夢を言葉にし、未来予想図を語り続けて行こうと思います。
いま居るスタッフもこれから出会う未来のスタッフも含め
いつか全スタッフと同じ夢を語れる日が来れる様に
日々頑張ります!
みんなも頑張ろうぜ!

Posted at 2010年12月02日 11時31分49秒

 
この記事へのコメント
トラックバック一覧



コメントを書く



== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です
*

*