メインメニュー
店主の日記

東北地方からの注文

最近は宮城県からAmazon経由で注文が入ってきています。

発送はゆうメールで宮城県の半分近くは配達可能ですが、先週末に受注した2件は配達不可の地域からでした。
1件は石巻湾から1劼らいのところ。
もう1件も、やはり海岸から2劼らいのところでした。

Amazonの規約では、配送不可の地域からの注文はキャンセルしてもいい、ということですが、
折角、本を読む余裕ができて注文していただいたので、どうにか方法は無いかと思い、ヤマト運輸のHPで調べると、メール便は配達できないが、宅急便での営業所止めだったら、大丈夫なようでしたので、お客様へその旨を伝え宅急便で送りました。

お客様からいただく送料は¥200弱ですから、差額は当店負担ということで。


東北地方は、今が桜が満開のようです。
福岡市内では、今日で殆どの桜が葉桜に変わりましたが、今年は例年に比べ雨が降らなかったせいか、咲いていた期間が長かったような気がします。


自宅隣の公園の桜です。


昨夜までは、花びらが残っていましたが、今日一日で殆どが散っていました。

Posted at 2011年04月18日 01時43分20秒  /  コメント( 0 )

博多古書市場、新会場について

遅くなりましたが、先週の市会の報告です。

新会場初日の市会は課題満載のスタートでした。

会場の広さが、従来の2倍近くあることや、地下鉄の駅や都市高速出口が近くにありますから、遠方からの来会者の方には、便利なロケーションですが、その反面、駐車場の問題や商品の出し入れが大変でした。

また、私も市会で使う台車6台など備品類全てを預かったり、トラックを停めれる場所がない為に、バス停2つ先の¥100パーキングに止めに行かなければなりませんでした。
それに、そこの駐車場は5台しかスペースがありませんので、万一、満車の場合はどうしようかと考えていますが、まっ、その時はその時で、どうにかなるでしょう。

どんなことでも、最初は問題があるのが当然ですから、これから一つ一つ解決していかなければ、と思います。


会場が広くなった分、商品をゆっくり見ることができました。



結果、いつもの5割増しくらいの仕入れができました。

震災以来、本の注文が減っていましたので、少しでも多く出品して、売上を維持していかなければなりません。

今週は北九州の市会。
そして来週は熊本と博多。
再来週は本来、市場が無い第5金曜ですが、北九州でチャリティ市会があるようです。
休み返上で行く予定です。

Posted at 2011年04月14日 01時15分56秒  /  コメント( 1 )

東九州買取りの旅

2日(土)19:00、大分に向かって出発です。
目的地はナビにセットしていますので、何も考えずに、ひたすら安全運転に心掛けるだけです。

そして大分市内に入り、目的地まで残り2劼了に、覚えがあるホテルの看板がありました。
そう、今夜宿泊予定のホテルでした。
前日にトラックを停められるホテルを探し、予約したのですが、偶然にも買取に伺うお客様宅の近くでした。
幸先がいいスタートです。
無事に買取も終わり、3分ほどで宿泊するホテルへ到着です。

翌日、ホテルのロビーで朝食を摂っていたら、急にたこ焼きを食べたくなり、
そういえばテレビで変わった「たこ焼き」を紹介していたのを思い出し、
部屋に戻りネットで調べたら、佐賀関の「道の駅」に[クロメたこ焼]というのがありました。
しかし、佐賀関はチョット遠いな、と思い、他に店舗がないか調べると、
またまた偶然にも、ホテルから1劼らいのところに支店がありました。

早速、10:00にホテルを発ち[クロメたこ焼き]に直行です。
[クロメたこ焼き]とは、クロメというコンブ科の海藻と特製ソースをミックスさせた
[クロメソース]をかけたものです。
ソースのみも販売されています。
早速、味わってみると、ウマイ!!
ネバネバ系が好きな私には、最高のたこ焼きです。
その上、中に入っているタコも大きくてプリプリしています。
また、博多で主流の揚げたこではありませんから、何個でもいけます。

あまりの感動で写真を撮るのを忘れていたので、食べかけをパチリ!


朝食と「たこ焼き」でおなかを満たし、宮崎に向けて出発です。

無料の高速道路にを通り、佐伯からは国道10号線を南下です。

途中の道の駅で休憩です。


そして高鍋から、またまた無料の高速道路を通り次の目的地、うなぎの全国売上ベスト3の
[うなぎの入船]に行く為に西都で降りました。
[うなぎの入船]までは、西都インターから15分ほどです。

駐車場の入り口には、鯉のぼり改め、鰻のぼりが上がっていました。


当店の入り口にも、同じものを掲げようかな。
そうすると、売上も[うなぎ登り]と、つまらないことを考えながら、駐車場へ車を停めました。

店の前と、横の待合室には多くのお客様が待っておられます。


受付で名前を記入して待ち時間を聞くと、1時間30分程とのこと。
せっかく来たのだから、ここは待つしかないと思い、近くを散策です。


店の前の南方神社の境内には樹齢1000年のクスノキがそびえています。



自動販売機には、宮崎県オリジナルの飲料がたくさん。



そして、4時近くになり、マイクで私の受付番号と名前を呼ばれました。
店内に入ると、人気店の証、数多くの有名人のサインと写真が飾られていました。
プロ野球選手から芸能人までの色紙が壁に貼られていましたが、その中にダルビッシュ元夫妻の写真もありました。
これは、外したほうがいいのでは、と思いながら2階へ案内されました。

テーブルに着き、注文して待つこと10分。
待望のうなぎが来ました。
重箱のふたを開けると、中には何ともさびしく、切り身が4つ。
いくら国内産のうなぎが高騰しているからといって、これは少ないだろうと思いましたが、
味が良ければ全て良し、と思い1切れの半分を口へ運ぶと、ん〜〜。
決して不味くはありません。
うなぎ独特の生臭さもありませんし、どちらかというと美味いほうだと思いますが、
期待していたのが大きかった為か、チョット期待はずれです。
タレも濃い味が好きな私にとっても、少し濃い過ぎるかな、と思いました。

私は決してグルメリポーターには向いてないな、と思いながらお店を後にしました。

西都インターまで戻り、そこから宮崎に向けて走りました。
途中、高速道路の電光掲示板には宮崎県らしく、火山灰の注意報が。


宮崎のお客様のところに着いたのが、5時過ぎです。
2週間前に来た時に積み残した本と、一緒にCD研磨機と本の研磨機も買取ってくれないだろうか、ということで一緒に積み込み、9時過ぎに宮崎を出発しました。

会社の駐車場に帰り着いたのが、2時丁度で走行658劼療豢綵G禺茲蠅領垢終わりました。


今回の教訓
人気店に惑わされず、昔から食べ親しんだのが一番かな。

Posted at 2011年04月06日 01時48分12秒  /  コメント( 0 )

久しぶりに、うなぎの福田屋へ

今日は長崎のチャリティー市会でした。
8時30分前に太宰府インター近くでMさんと待ち合わせ。
その後、一緒に長崎/諫早市へ向かいました。

会場に着いたら、廊下にまで本が溢れています。

そして、今日の市会は2部構成です。
1部は通常の置き入札と寄付の本の置き入札、そしてフリ。
第2部は現金払いのチャリティーオークションです。
趣旨は、出品者は寄付で本を持込み、売上は全て東北地方太平洋沖地震の被災者に寄付するそうです。

置き入札の開票が済みフリが始まりましたが、巧みなTさんのフリ進行で大いに盛り上がりました。

市会が終わったのが14:00。
計算が終わる間に遅い昼食です。
博多組合員5名で以前、Sさんから招待されて行った、諫早の有名店「うなぎの福田屋」へ。
2時過ぎということもあり、店内にはお客さんがいませんでした。
ここの蒲焼は器が独特です。
底が二重になった楽焼きで、底の空洞部分に熱湯を張り、焼き上がったうなぎを器の上にのせ、ふっくらと蒸すそうです。

以前来た時は、とっても美味しかったのですが、今日はチョット違ってました。
そのことをAさんに言うと、「地震の影響かもしれませんね」
そうか、地震の影響で体質が変わり脂の乗りが悪くなり、身がかたい?
昔からウナギには地震の予知能力があるというから・・・
あっ!、オーイそれはナマズ、今日食べたのはウ・ナ・ギ!ヾ(^o^;) オイオイ

会場に戻り清算を済ませ、帰路についていたら会社から電話。
大分のお客様から買取依頼があったということです。
電話を掛けると、なるべく早く来てほしいということです。
明後日、日曜日は先月の21日に宮崎へ買取に行って積み残した本を取りに行く予定ですので、
その前後に、と思い伝えましたところ、日曜日は都合が悪い、ということなので、
明日の夜に大分へ行き、そのまま大分で1泊して、翌朝宮崎へ向かおうと思います。

宮崎というとチキン南蛮と地鶏が有名ですが、
他にも西都市に、売上全国ベスト3の超有名店[うなぎの入船]がありますので、
今日のリベンジに行こうかと思います。

Posted at 2011年04月02日 01時44分13秒  /  コメント( 0 )

古本屋のイメージ

先ほど、博多組合員のT書店さんから電話。
「募金は間に合うでしょうか?、まだ送っていないなら立て替えてくれませんか?、次回の市会の時に払いますから」

前回の市会に行けなくて募金ができなく、悔やんでおられました。

「いえ、大丈夫です。次回の市会でも募金箱を置きますので」
「あっ、そうですか、良かったー」

前回の募金箱に1万円札や、今日の電話など。
古本屋のイメージは、仏頂面のオヤジが店の奥で睨みを利かせてる、
あっ、これは私の偏見ではなく、あくまでも一般的なイメージで・・・(;^_^A
ですが、実情は仏頂面は照れ隠しであって、実は人情温かい人が沢山おられます。

朝の忙しい時間にT書店さんからの電話で、朝から気持ちが和やかになりました。

Posted at 2011年03月29日 10時06分06秒  /  コメント( 0 )

仙台のお客様から電話

今日、お客様から電話
「さっきAmazonから注文したけど、仙台に発送できますか?」(東北弁で)
「仙台ですか?、調べて連絡します」(博多弁で?。いえ、一応標準語です)

急いで日本郵便のHPとヤマト運輸のHPを調べますと、日本郵便は配達不可。
ヤマト運輸はメール便は不可ですが、宅急便は可能。地区によっては営業所止めになる場合もある、と記載されていました。

早速、お客様へ電話
「ヤマトの宅急便で送りますので大丈夫ですよ。しかし、場合によっては営業所に取りに行っていただけないかもしれませんが、よろしいですか?」
「すみませんね、気を使っていただいて。どうしても読みたかったもんで。ただ、遠い営業所だったら行けないんだよね、ガソリンが無いから」

その後、ご購入いただいた本に対する思い入れを話されました。
そして話が一段落ついたところで
「ニュースでは見ていますが、そんなにガソリンが無いんですか?」
すると
「無いよ、ガソリン入れるのにチケットを買ったり、10リットル入れるのに6時間以上、並ばないといけないし」
「それに、「ガソリン隠してるだろ!」などの罵声が飛び交ったり、客同士でけんかになったりと」
「知人は、20リットル入れて駐車場に止めていたら、タンクにドリルで穴を開けられガソリン抜かれたしね」

他にも報道されない、生々しい現状を話されました。
また、このお客様。免許証やクレジットカードも流されたので、
Amazonのコンビニ払いでご購入されたそうです。

私は、只々
「大変ですね、頑張ってください」
としか言葉が見つかりませんでした。

最後に
「福岡でも、色んなところで募金活動が行われていますから」
と伝えたら、大変喜んでおられました。

東北地方では、このお客様の何倍・何十倍も不便な生活をされている方が沢山おられます。

一日も早く、普通の生活に戻れるよう、心よりお祈りいたします。

Posted at 2011年03月29日 01時19分59秒  /  コメント( 0 )

5の日と金曜日は市場の重複日

25日金曜日は、福岡古書組合の市会と古物市場の重複日でした。
古物市場には出品がありましたが、当然行く先は古書組合の市会です。

古物市場の出品順の抽選にはスタッフに任せ、私は今回が最後の会場、六本松の大濠会館へ。


今日の出品物は、文庫・単行本からレコード、そして懐かしの蓄音機が出ていました。
来場も、北九州・大分・熊本・佐賀・長崎と遠方からも来られてました。
その中に、私が色々教わった長崎のSさんも来られていたので、雑談をしていたら、
古物市場を見に行きたいな、と言われたので一緒に行くことになりました。

開票も終わり、片付けをしながら東北地方太平洋沖地震への募金箱を見ると、1万円札が。
募金箱は誰の目にも留まるところに置いていたのですが、誰にも気づかず入れられていました。

今のご時世、古本屋も見捨てたもんじゃないな、とチョット安心しました。

市会が終わり、トラックを会社近くの駐車場に停めてSさんと一緒に古物市場へ。

市場の方は、引越シーズンで買取が多いせいか、相場が通常の3割ほど安いようでした。


そして、来月からは新会場での市会です。
告知やテーブルの配置を考えたりと、忙しくなります。
広さも今までの倍近くありますので、出品もお願いせねば、と頭が痛い日々が続きそうです。

Posted at 2011年03月26日 01時48分10秒  /  コメント( 0 )

ブログ再開!!

被災された皆さまにお見舞い申し上げますと共に、不明となっておられる方々の一人でも多くの方が見つかることを祈っております。
また、不幸にして亡くなられた方々に心より哀悼の意を表します。


この1週間、東北地方太平洋沖地震のためにブログを自粛しておりましたが、
こういう時こそ、西日本が元気にならなければ、と思いブログ再開です。


今日は北九州市会でした。
会場に入ると既に出品の本がたくさん並んでいました。
先ずは腹ごしらえと、組合員さん差入れのおはぎと草餅、それにコーヒーを飲みながらの至福のひと時です。

時計を見ると開票まで1時間。
慌てて入札の札を次々に入れていたら、正面から北九州市会の組合員さんから
「今日はたくさん買って行ってよ」と声をかけられたので
「いえいえ、買いたいんですけど、あ○んさんが高値で入れるから買えるかどうか・・・」
するとその組合員さんの横にマスクをした当の本人、あ○んさんが私の顔を見ていました。
「あっ、おった?。マスクをしとったから全然気付かんかった、キャッハッハッハッ」
すると一言
「朝から元気がいいですね」
いやいや、市場はテンションを上げて臨まないと落札できんのよ。

今日の狙いは、単行本と新書です。
いつもは新書にはあまり興味がないのですが、
今日出品の新書は程度がよく、なかなかの売れ筋です。
1箱に70冊近く入った箱が、4箱出品されていました。

結果は、大口の単行本を含め、新書を3箱を落札できました。
トラックで来ていなかったら、到底乗らなかった量でした。

そして、21日は休日返上で熊本市会と宮崎県へ大口の買取です。
宮崎までも?、とお思いでしょうが、名古屋と比べたら、目と鼻の先です“O( ^ - ^〃 )O”

Posted at 2011年03月19日 01時44分01秒  /  コメント( 0 )

古本買取&リサイクル品買取

昨日午前中、中央区のお客様から買取依頼の電話。
本を200冊ほど買取してほしいと、ここまでは通常の買取依頼と一緒ですが、その後に、
「あと、マッサージチェアと折りたたみ椅子が50脚ほどあるので、それも一緒にいいですか?」
ということです。
古物市場に行っている関係で、リサイクル品の相場も分かりますので、買取ることにしました。

午後からスタッフを連れてお客様宅へ伺うと、玄関脇に茶道関係の本が百数十冊、
そして2階の部屋の中に大きなマッサージチェアがありました。
金額を提示して、ご納得頂きマッサージチェアを部屋から出そうとすると、
ドアの幅よりマッサージチェアのほうが大きく出せません。
お客様へどのようにして入れたかを聞くと、
「数人で抱えながら横にして入れてましたよ」
ということです。
しかしこのマッサージチェア、かるく50キロ以上はありそうです。
これを2人で抱えることは到底無理で、ましてや2階から降ろすことは無理と思い、
改めて伺うことにしました。

そして本日、今度はスタッフ2人連れて、3人がかりでどうにか出して降ろすことにできました。

数日前も、引っ越すからということで買取に伺ったお宅で、
本をコンテナボックスに詰めていると、
「こんなのは買取できないでしょうね」
と言いながら、ニコンの1眼レフと電気スタンドを持ってこられました。

今までもリサイクル品は多少、取り扱ってきましたが、心のどこかに、
古本屋がリサイクル品を扱うのは邪道、という気持ちがあり、
7:3くらいで古本に力を入れていましたが、
ブ○クオフにハ○ドオフがあるように、
今後は積極的にリサイクル品の買取にも力を入れようと思いました。


そして明日は古本の市場、博多市会です。
大阪の市場を見習って、来月からマイクで落札金額を知らせるようにしていたのですが、
先週の古物市場で、市場の会主からマイクを頂き、当店にスピーカーアンプがありましたので、明日から発声を行おうと思っています。
しかし、発声を組合長にお願いしようと思っているのですが、未だ承諾を取っていません。
明日、ぶっつけ本番でお願いしようと思っているのですが、快諾いただけるか、
それが問題です/(-_-)\

Posted at 2011年03月11日 01時45分16秒  /  コメント( 0 )

発声決定!?

発声について、予想以上の反響をいただきありがとうございます。

発声は、新会場に移る、来月から行いたいと思います。
発声担当は謎の大男さんからのコメントにもあるように、美声?の組合長しかいないでしょう。

組合長は、時々このブログを覗いてる、ということでしたので、来月から、よろしくお願いいたします。

あとは機材ですが、以前は会場にあったということですが、今はないようです。
当店に、要らなくなったスピーカーはありますから、あとはマイクとアンプ。

古物市場に行ったらあると思います。
古物市場関係者のMさん、読んでますよね。
察しがついていると思いますが、なにか見繕ってください。
なお、予算が無いので、¥1,000以内でね。

Posted at 2011年03月03日 13時45分15秒  /  コメント( 0 )

前へ |  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  | 次へ