メインメニュー
店主の日記

禁煙で体調不良?

先週は最悪な一週間でした。

先々週末に扁桃腺が元で風邪をひき始めました。
以前はそんなになかったのですが、昨年くらいから扁桃腺が元で風邪をひく回数が増えてきました。
原因はハッキリしています、タバコです。
タバコを吸っていなかったら、昨年は1回、今年は風邪ひいてないでしょう。
“やっぱりタバコを止めんといかんな”と決心し、行ってきました「禁煙外来」

2年半前に掛かりつけの病院から貰ってた紹介状を手にして会社近くの医院へ行きました。
「あんた心筋梗塞になったとな!?」
初老の院長がいきなり聞いてきました。
「あっはぃ、、、」
「あんたみたいのが一番に禁煙せんといかんとたい!」
「そうでしょうねぇ、、、できるでしょうかぁ?」
院長の気迫と風邪のダブルパンチで、完全に気弱になっています。
「大丈夫、大丈夫!。こん薬ば飲むと殆どの人が止めれるけん、あんたも出来るくさ」
「わ、わかりましたぁ。がんばってみますぅ」
院長はニッコリ笑って机から薬のサンプルを取り出して
「最初はくさ、薬ば飲んだら吐き気ばもようする人もおるけど、そんときゃ吐き気予防の薬ば飲みんしゃい。それからくさ、禁煙は・・・・・」
と、10分くらい禁煙をする為の環境作りとかを説明されました。
要は、最初の1週間は薬を飲みながらタバコを吸ってもよく、2週間目からは薬を飲みながら禁煙です。

帰りに薬局へ寄って風邪薬と禁煙補助薬を貰い、薬の説明を受けて帰りました。

そして禁煙の計画を立て、先週の月曜日から禁煙補助薬を飲み始めました。
もう、食後は薬の山です。
血をサラサラにする薬や胆のう?だったかな、そんな今まで毎日飲んでいた薬に加え、風邪薬と禁煙補助薬。

そういう訳で、先週は風邪の影響で仕事をする気がおきません。
最低限の仕事はできましたが、それ以上の事をする気が起きないのです。
それも日を増す毎に。
十分、睡眠を摂っているにも関わらず睡魔が襲い、何かを始めてもスグに疲れてヤル気が起きません。
見積や市場で人と接する時は、気力で笑顔を出せますが、後からその反動がスタッフに向きます。
家へ帰ってからも、TVもPCも観る気がせず、疲れがヒドく、頭痛までして全てに関して、どうでもよくなります。
いくら風邪をひいてても、こんなことは初めてです。
もしかして、何か悪いウイルス性の風邪かなとも考えました。

そして日毎に増してた体調不良が昨日はピークになりました。
午前中は朝一で2軒見積に行きましたが、フラフラしながら事務所へ戻ってからは机で居眠りしながら時間が過ぎ、午後は2時過ぎに自宅近くで見積が入っていた為、昼食を兼ねて自宅へ帰り、時間までソファで横になり、2時にお客様宅へ伺い、一度会社へ戻り、また自宅へ帰りました。
俗に言う「早退」です。
体調不調で早退なんて、創業以来初めてです。

夕方から自宅のソファで横になり、ボーッとTVを観てました。
観るのも疲れ、目を瞑ると色んなことが脳裏に浮かびます。
“もしかして重症の病い?” “何か変な物でも食べたかな?” “何なんだ、この頭痛と疲れというか倦怠感” “もしかして風邪薬の副作用?”
ん!、「倦怠感」「薬の副作用」?
ソファから起き上がりPCへ向かいました。
しかし、なかなかネットが開きません。
ここ数日、PCの電源を入れっぱなしにしていた為か、固まっているようです。
もう、PCをぶち壊したい気分です。
身体はもちろんのこと、精神的にも病んできているようです。
PCはアテにならないので、バックからiPadを取り出し、[チャンピックス 倦怠感]で検索するとありました。
副作用の項目に「強い倦怠感」「頭痛」
もしかして、この禁煙補助薬が原因か?
取り敢えず、昨夜は何も薬を飲まなかったら今朝は少しは良いようです。
気分転換に昼前から天神の中央公園で開催されている「北海道フェア」や住吉神社の「大博多輸入雑貨市」に出向きましたが、大分良いようです。
夕方、実家へ行き、親父を連れて食事に行ったら完全復活です。

自宅へ戻ってからも病み上がりと思えないくらいの元気になりました。
こんなに単純に良くなるとは、私らしいといえばそうですが。
やはり、禁煙補助薬が悪かったのでしょうか?多分、そうでしょう。
明日、院長に聞いてみよう。
そして、禁煙補助薬が原因だったら、自力で禁煙せねば。
あっあっ、それを考えたら、また頭が痛くなってきた/(;-_-)

Posted at 2013年05月27日 00時51分53秒  /  コメント( 0 )

続・クーポンサイト

今日は久しぶりに東区雁の巣の「奈多利庵」へ行って来ました。
このお店、私の味覚にピッタリなので、昨年はクリスマスや会社の忘年会でも利用したお店です。

そして食事が終わり、カウンター越しにオーナーシェフと談笑しているとネットの話になったので、
シェフに「PCはするんですか?」と聞くと
「全然ダメ、それにインターネットで痛い目にあったからね」
「えっ、どうしたんですか?」
「○○っていうサイトに載せたら大変な目にあったとよ」
ん?、このサイト、前のブログで書いたクーポンサイトでした。

話を聞くと、そのサイトに\5,000のコース料理を半額で出したところ、広告費と思い、ある程度の赤字は覚悟していたけど、クーポンサイトに払う手数料、臨時のバイト代などを加算したら、相当額の赤字になったそうです。

そりゃそうでしょう、通常の価格を半額にした上に手数料を払ったら、赤字になるのは当然です。
それをトントンもしくはクーポンサイトで儲けようと思えば、あんな料理になるのは当然のことだったのでしょう。
今度クーポンサイトを利用するときは、その点を十分見極めながら店選びをしよう。


「シェフ、今度は友達をたくさん連れてくるからね」
「ありがとうございます、気持ちだけで十分ですよ(^O^)」
“わかってますよ、私みたいのがゾロゾロ来たらお店の雰囲気が壊れますからね。”

Posted at 2013年04月07日 02時15分59秒  /  コメント( 0 )

今年最初のブログです

久しぶりのブログ更新です。
今日こそは、今日こそはと思いながら早3ヶ月。
そして3月中旬に
“よし、年始に書く予定が延び延びになったので4月1日の年度始めに書こう”
と自分で自分を納得させ、半月余りを正当な理由?で延ばして今日書きました。

しかししかし、いざ書こうと思ってもネタがありません。
いや、私にとっては日常的であっても、世間では非日常的かも、と思い、よくよく振り返ったらありました。
それも、つい先日。

それは、先日の福岡古書組合の花見の出来事です。
花見といっても桜の木の下でやるのではなく、昨年から雨の心配がないようにと、居酒屋で行っています。
要は「花見」という名の飲み会です。
幹事は毎年恒例のMさん。
そしてMさんから頼まれ、私が会場探しを行いました。
好きなんですよ、こういうの。
会社の食事会も私がセッティングして、スタッフから「いい店ですねー」と言われるのに満足しているのです。

早速、PCへ向かいクーポンサイトで手頃なのを探しているとありました!
しゃぶしゃぶコースに2時間飲み放題が付いて通常価格¥5,400が半額の¥2,700。
場所は中洲から川を隔てた西中洲。
天神にも近いし、2次会へ行くにもピッタリの場所です。
早速、店に予約の電話を入れ、13名分のチケットを購入。
これで万全、後は当日、組合員の皆さんから「いい店探したねー」と喜ばれることでしょう。

そして当日、3分遅刻して店へ到着すると、殆どの方が来店されていました。
すると、テーブルの上に○○コース¥4,000や○○コース¥4,500と書いたメニューを見ながら、
「どのコースを頼んだと?」と聞かれたので
「そんな安いコースじゃないですよ、そこには書いてない¥5,400のコースです!<(`^´)>」
「へー、それが半額っ?、凄いねー」
と、ここまではよかったのですが、それからが大変。
乾杯の飲み物でビールを頼んだのが10名近くいたのに、持ってきたビールは2本。
最初の食べ物が来るまで待たされること30分。
しゃぶしゃぶ用の肉は、ロール状にしているので豪華に見えるけど、1人当たりの量は3〜4切れ。
最後のシメの麺は、4人分が博多ラーメンの替え玉に直すと1.5玉分。
満腹どころか、つまみにもならない程度で、最悪の店でした。

翌日も、楽しかった2次会、3次会よりも先に、1次会の嫌な思いが先に思い出します。
これはもう、言わんといかん!
「いつ言うの?」
「今でしょう」
 

しかし翌日は二日酔いのために報告する元気もなく、翌々日、クーポンサイトへ報告しました。
あくまでも報告です、クレームではなく報告です。
このクーポンサイトで購入したお客様が私たちと同じような嫌な目に遭わないように。
また、このクーポンサイトが信用を落とさないようにと。

そうしましたら一昨日、クーポンサイトより下記のメールが届きました。
-----------------------------------------------------------------
○○○サポートデスクの○○と申します。
いつも○○○をご愛顧いただき、ありがとうございます。

このたびは、○○○のチケットにつきまして、せっかく食事会にご購入いただきましたのに、
ご不快な思いをおかけし、申し訳ございません。

皆様にご満足いただける内容ではなかったとのこと、楽しいひと時にと、ご購入された塚本様のお気持ちを思いますと、ご期待にそえず、申し訳ない気持ちでいっぱいでございます。

○○○では下記店舗ホームページにて、普段、お客様にサービスを提供していることを確認したうえで、同内容を、○○○チケットとして販売しております。

URL:http://(利用した店のHPアドレス)

今回、塚本様よりご連絡いただいた内容は、関係者で共有し、実際にチケットをご利用されたお客様の声として、店舗へありのまま申し伝えます。

また、貴重なお時間をお返しすることはかないませんが、せめてものお詫びの気持ちといたしまして、○○○限定ポイント35,100ポイント(有効期限:8月末)を、発行いたしたく存じます。
以下省略

いやー、感心しました。
日本でもトップクラスの誰でも知っている大手クーポンサイトですが、たった一人のクレーマー、いや、報告者にも、キチンとした対応をしてくれて、今まで引きずっていた嫌な思いが、一気に拭いされました。
なお、頂いたポイントは7月開催予定の「納涼飲み会」の時に利用します。

「損して得取れ」
これは商売の基本ですね。
私の理念も見かけに依らず「お互いが満足して商売が成立する」です。
その為、当店ではAmazonやヤフオク購入者から返品の申し出があった場合、如何なる理由に関わらず、送料も含め、返金しております。

商売とはそういうものでしょう。
儲かる時もあれば損する時もある。
それに一喜一憂しながら商売を拡げていけたら最高です。

3ヶ月振りのブログで長文になりましたが、これからは定期的に書いていきます!!

そして本日、4月1日から当店に大学新卒者の女性1名と、20代後半の男性1名が入社しますので、新人スタッフにも書かせようと思います。

Posted at 2013年04月01日 02時30分25秒  /  コメント( 0 )

今年1年を振り返って。

今年もいろんな事がありました。
1月の「九州大市」で始まり、2月に名古屋、3月に広島へ即売会の視察へ行きました。

そして今年一番のイベントといえば、9月に開催した「古本屋開業講座2012in博多」でした。
いろいろと不手際もあり、若干の悔いも残りましたが、開業講座がきっかけで数名の仲間が増え、市場に活気が戻ったことは、最大の収穫だったのではないでしょうか。


また、もうひとつの出来事は50歳を過ぎての自動二輪免許取得でした。
高校時代に一度は持っていた免許でしたが、チョットだけ交通法規に反したため、無くなっていたのです。
自動車学校へ通ったのですが、昔取った杵柄で一段階の時から教官から「上手いねー」
と褒められていましたが、一本橋(平均台)がどうも苦手です。
そして卒業検定では、最終段階の一本橋を渡る前までは完璧でした。
あと、この橋を無事に渡りきれば免許が取得できる、と思ったら妙に緊張して、橋に乗った瞬間にフラつき、橋から落ちてしまいました。

講習を1時間受けて、再度トライです。
そして、またしても橋の途中でバランスを崩し落ちてしまいました。
完全にトラウマになってしまったようです。
教官から「緊張しないで。落ち着いて。」
と言われましたが、どうも一本橋を渡り始めると緊張して、肩に力が入りハンドルでバランスを取ることは不能になってしまいます。

そして3度目、この検定に受からなかったら今年中に免許取得ができないというプレッシャーも加わっての検定でしたが、無事に渡り切ることができ、免許を取得できました。

通勤用に125ccの小さなバイク(アドレスV125G)を免許取得前に購入し、ツーリング用にビッグスクーター(スカイウェイブ)を昨日購入しました。
来年は、唐津や阿蘇へツーリングへ行く予定です。


今年一年を振り返ると、いろんな人を振り回し、ご迷惑をおかけしました。
この場を借りて、お詫びいたします。

今年も残すところ1時間を切りました。
皆様、良いお年をお迎えください。

Posted at 2012年12月31日 23時27分09秒  /  コメント( 0 )

12年の友の看病

先週日曜日の夜、「西新プラリバ古本祭り」の片付けをしていると、年に1回も掛けてこない実家の親父から電話。
「リュウが車に轢かれたか知らんが、足を怪我したから病院に連れて行ったが、毎日ガーゼを変えんといかんが、オイ(オレ)じゃしきらんから・・・」
リュウとは、12歳の老犬です。
なんでも朝、散歩に連れて行こうとゲージを開けたところ、勢いよく飛び出し、遠くへ走って行ったそうです。
暫く待っていると、前足から血を流し、ビッコを引きながら戻ってきたそうです。
多分、道路へ飛び出し、前足を轢かれたのでしょう。

翌日、私が行けなかったので変わりの者が行ったところ、ガーゼを変えようとするとキャンキャン鳴き暴れるのでガーゼを変えるのが大変だったそうです。

そして翌火曜日、怪我の具合を聞くために病院へ電話したところ
「日曜日に連れて来られた時、月曜日にもう一度来ていただくよう言ってたんですけどねー」
多分、耳が遠い親父は肝心の部分を聞き逃していたようです。

早速、水曜日に病院へ連れて行ったところ、
「化膿しているので2〜3日入院したほうがいいんですけどねー」
という訳で3泊4日の入院です。

そして無事に退院しました。
幸いなことに骨折はなく、前足の指が1本だけなくなっていたそうです。
当分は1日3回の消毒と薬を飲ませないといけないので、怪我が完全に治るまで、私が預かることにしました。
しかし、私のマンションはペット禁止ですので、会社の倉庫で飼うことにしました。


首の周りのプラスティックのカバーは傷口を舐めないように付けています。
傷口が完全に治るまで付けていないといけないのですが、耳の後ろ辺りが痒いのでしょうか、このカバーを一生懸命に後ろ足で蹴っていました。
良くやる仕草ですが、カバーがあるために届きません。
いい加減に気付けよ、と言いながら私が耳の後ろを掻いてやると、気持ちよさそうに目を瞑ります。

このリュウ、犬種は柴犬ですが、私に似て?気が弱く、番犬にもなりません。
玄関前でエサを食べていると野良犬がやってきて、自分のエサを食べられるのを横で見てたこともありました。
優しい、といえばそれまでですが、そこは柴犬というプライドを持って野良犬に立ち向かってもらいたいところでした。

傷の方はだいぶ良くなり、チョットの散歩には行けるようになりました。
しかしオシッコをする時、普通は右後ろ足を上げてするのですが、今日はオシッコをしていると怪我をしている左前足で身体を支えるのに耐え切れずにそのまま転倒、自分のオシッコで身体を濡らす羽目になりました。
リュウには悪いけど、可哀想を通り越して笑ってしまいました。
こんなオッチョコチョイも私に似たのでしょうか?


そして自動二輪免許の方は、用事などがあって先週は2時間しか乗れませんでした。
講習内容は一本橋とスラローム(等間隔に置いてあるポールを左右に避けながらの走行)。
それにS字とL字です。
一本橋は7秒以上で渡らないといけないところを13秒。
スラロームは8秒以内で走行しないといけないところを6秒。
S字とL字もスムーズに走行ができ完璧です。

一段階で教えることが無くなり時間が余ったので、教官のバイクと2台で誰も練習していないスラロームやS字がある広めのコースに行き
教官が「私に付いてきなさい」と言ってアクセル全開で走り出しました。
私も負けじとアクセルを吹かし走りました。
コースの外壁にはマットを貼ってありますから、万一の時でも大丈夫です。
直線ではアクセル全開、コーナーではステップが付くくらいに車体を倒しながら教官にピッタリ付いていきました。
バイクから降りてきた教官は
「昔、相当ムチャしよったやろ?」
「はい、だから免許が無くなったんです」

Posted at 2012年12月10日 02時02分54秒  /  コメント( 0 )

50過ぎての・・・

昨日、12月1日はリサイクル市場の忘年会でした。
参加人数、120名弱の大忘年会にスタッフ3名を連れての参加です。

私は日頃から親交がある同業者と同じテーブルに着き、スタッフ3名は私を敬遠してか、別のテーブルに着きました。
まっ、どこの会社も経営者は煙たがられるものです。

そして、この忘年会のメインイベントは毎年恒例のビンゴゲームです。
しかし、このビンゴゲーム、今までビンゴしたことがありません。
今年もダメだろうな、と思いながら数字を捲っていくと、ナント初のビンゴです。
商品は現金10万円から宿泊券、食事券など豪華商品が並んでいます。
このビンゴゲーム、早くビンゴしたからって良い商品をもらえるとは限りません。
箱の中から、賞品名が書かれたボールを選ぶのです。
5番目くらいにビンゴした私はステージへ上がり、箱の中からボールをつかみ取ると、ボールには「ドリーム賞」て書かれていました。
なに?、この「ドリーム賞」。
今までこんな賞ってなかったはずだが、さぞやいい賞品だろうと期待していると
1通の封筒を渡されました。
んんん?、商品券や食事券にしては薄いような気がするが、と思いながら席に戻り封筒を開けてみると、中から出てきたのは【1日タダで働ける券&弁当券】
「働いてあげる」ではなく「働かせてあげる」です。
せめてもの救いは弁当を食べさせてくれるようです。

そして第1回目が終わり、次に2回目が始まりました。
そう、毎年この忘年会の2時間の内、1時間以上はビンゴゲームが続くのです。

最悪の券を受け取ったせいか、ここから運気が上がってきました。
内容は割愛しますが、私とスタッフ2名がビンゴして、今までで最高のビンゴゲームでした。

その後は、いつもの如く、2次会・3時会と中洲の街を満喫して帰りました。


そして本日、12月2日は自動二輪免許取得のための、自動車学校の入校式でした。
昔は自動二輪の免許を持っていたのですが、若い頃に何と言いますか、無くしました。
そう、わかり易く言えば「免許取り消し」です。
私的には安全運転をしていたつもりでしたが、警察官からみたら、そうでもなかったようです。
その後は、普通車の免許だけ取得して、安全運転に心がけて?きましたが、どうしてもバイクに乗りたくなり、体力があるうちにと思い、行くことになりました。

入校式が終わり注意事項などを聞き、先ずは教室に入って「性格診断テスト」です。
各質問に対して「そう思う」「そうは思わない」「どちらでもない」を選択するのですが、
回答する毎に自己嫌悪へ陥ってきました。
多分、私の回答を客観的に見ると、なんというクズ人間なんだ、と思うことでしょう。

気を取り直して、いよいよ実習です。
胸・ヒジ・ヒザにプロテクターを装備して、高校生や大学生など、若い人に混じって2時間の実習です。
最初は緊張等もあり戸惑っていましたが、慣れてきたら昔のカンが蘇り、スムーズな走りができるようになりました。
教官からも「なかなかいいねー」と言ってくれ、普通でしたら4時限目くらいから走らせる、
30cm幅ほどの通路「1本橋」を講習の前倒しで走らせてくれました。

このペースで行けば、今月後半には免許が取得できそうです。
そして来春にはビッグスクーターで阿蘇辺りにツーリングに行こうと計画中です。

Posted at 2012年12月03日 01時56分33秒  /  コメント( 0 )

肉肉肉大大大

一昨日から大口の仕事で柳川入りです。

スタッフ2人を連れて31日は午後から。
そして昨日は恒例の月に1度の食事会を兼ねて一泊二日です。

柳川での仕事が終わり、トラックを久留米の実家に停めて私の車でホテルにチェックイン。
その後、私の一番のお気に入りの焼肉店「大昌園」へ。
どれくらいお気に入りかというと、通常、焼肉を食べに行くと、ご飯は[中めし]を注文するのですが、「大昌園」へ行った時は[大めし]と[小めし]の2杯食べるくらい、お気に入りです。

昨日も2杯食べようと思いましたが、後のことを考え、1杯だけにしました。

その後は、文化街で中学の時の同級生が営っているスナックへ。
そして同級生の紹介でラウンジへ。
最後は、またまた別の同級生が営っている居酒屋「ちゃりき」で生ビールと締めの焼きおにぎりでした。

それにしても文化街は閑散としていました。
お客さんより呼び込みのお兄さんの方が断然に多いようです。
私が通っていた頃は筑後地方一の歓楽街で賑わっていましたが、これも時代の流れでしょうか?


そして今日の昼食は「ナニコレ珍百景」や「ナイトシャッフル」で紹介されてた柳川のお好み焼き「仔馬」へ。


ここのお好み焼きはキャベツや具材が沢山入っているフワフワなお好み焼きではなく、昔懐かしいシンプルなお好み焼きです。



店内には、元日本ハムの田中幸雄選手のサインや右からFBS福岡放送の福岡竜馬アナ、山本華世さん、「また転勤?」でお馴染み、“はるみ”こと黛英里佳さんのサインです。




メニューは意味不明の「肉肉肉」や「肉大大」「肉肉肉大大大」が貼ってありました。
私は「肉肉大大」を。スタッフは「肉肉大大大」を注文しました。




そして出てきたこれはスタッフが注文した「肉肉大大大」です。


「肉肉大大大」の意味は、お店へ行って気さくなオバちゃんに聞いてください。
取材時のエピソードなども聞けるかもしれません。
私達が行った時は、ちくわの唐揚げをサービスしてくれました。
ありがとうございました。

Posted at 2012年11月03日 01時30分41秒  /  コメント( 0 )

来てほしくない日

【古本屋開業講座in博多2012】が終了し6日後の市場見学会も終わったら、気が抜けて通常業務も何か気が入っていなかった数日前、お客様からの電話。
「本はいつ、取りに来てくれますか?」
3週間ほど前に見積に行ったお客様で、みかん箱で150〜200箱ほどの本があったお客様です。

話を聞くと、20年ほど前に古本屋をしようと思い、古書組合員さんの店を閉める時、店頭に並んでいた本を買ったそうです。
しかし、本業が忙しく、そのまま自己所有のオフィスビル屋上へ上がる階段の数ヶ所の踊り場に置いたままにしていたそうです。


お客様と一緒に見に行くと、箱に詰められた大量のダンボールが積んでありました。


本を確認しようにもあまりの多さで、数箱の中身を見ただけで金額を提示するという無謀なことをし、後日、引取りに行くようにしていました。

そして一昨日、半分だけ引き取り行きました。
どんな本が入っているかは、来週からの楽しみです。

そして本日、10月7日は1年で一番来てほしくない日、誕生日です。
誕生日が来なくても自然と老けていくのでしょうが、年齢を聞かれたり年齢を記入するとき、またひとつ、多く記入することにより、改めて自分の年齢を知り、気持ち的に老けるのが嫌なのです。
取り敢えず今日は、自分へのご褒美で美味しいものでも食べに行こうと思います。

Posted at 2012年10月07日 01時27分26秒  /  コメント( 1 )

【古本屋開業講座in博多2012】後記

【古本屋開業講座in博多2012】が無事に終了しました。
反省すべき点は多々ありましたが、私的には85点といったところでしょうか。

思えば今年初頭、理事長に「開業講座をやってみてはどうですか?」と伺ったところ、「いいんじゃないですか」と二つ返事をいただき、早速構想を練りました。

先ずは、特別講師に誰を迎えるかですが、迷わず頭に浮かんだ方はエーブック代表の橋本氏。
以前、エーブックさんのブログで組合員勧誘で北海道まで行かれたことを読んでいましたので、もしかしたら来ていただけるのでは、と思いましたが、橋本氏とは1度だけ電話で話し、会ったのも1度だけです。
電話でお願いするのも失礼だろうと思っていた矢先、名古屋で「コショ古書フェスティバル」が開催されることを知り、次世代の即売会の勉強がてら、名古屋へ行きお願いしたところ、快諾いただきました。

早速、博多へ戻り、一部の市場運営員に話したところ、賛同してくれたので、正式に理事長へ開催の旨を伝えました。
そして【古本屋開業講座in博多2012】の企画が動き出し、博多市会が終わってからミーティングをし、ある程度のプログラムが完成しました。

講師は、特別講師としてエーブックの橋本氏、福岡組合からは理事長を含め4名で行うことになりました。
その後は、博多市会が終わる毎にミーティングを重ね、2ヶ月前には一通りのシュミレーションを兼ねたリハーサルも行いました。

8月に入り、受付を開始すると、思ったようには応募者が集まりませんでした。
どうしたものかと考え、マスコミや紙媒体に当たってみましたが、“時すでに遅し”で取り上げてくれませんでした。
そうこうして残り1週間を切っても、来場者へ配るテキストや会場で映すプレゼンテーションが出来上がっていません。
慌てて雪山坊さんと下書きを作り、出来上がったのが前日の早朝。
その日は北九州市会があるため、2時間弱の睡眠を取り、「強強打破」を2本飲み北九州へ。

そしてその夜、当店でプレゼンテーションと照らしながらの最終リハーサル。
と同時にテキストの印刷。
すると30部ほど印刷していたら、文字がカスれてきました。
そうです、トナー切れです。
慌てて量販店に買いに行き、何とか印刷が完了しました。

そして帰宅したのが23時過ぎ。
それからプレゼンテーションの手直しや、なんやかんやしていると4時過ぎ。
4時間程の睡眠をとって、雪山坊さんと合流し、「強強打破」を2本飲んで、空港へ橋本氏を迎えに行きました。

開場まで3時間ほどありましたので、腹ごしらいに博多を代表するラーメン「だるま」に行ってきました。

会場に着いたのが12時過ぎ。
プロジェクターを設置して明るさのテストやマイクのテストなどの準備をしていると開演時間です。

その間に3本目の「強強打破」
そして13時ちょうどに理事長の挨拶から始まり、雪山坊さん、徘徊堂さん、アッサンブラージュさんと進み、特別講師の橋本氏、質疑応答と進みました。

質疑応答では、質問者がいなかったらどうしようと思っていましたが、お陰様で予定時間をオーバーするほどの質疑がありました。
そして、最後は私が挨拶をしちゃいました。

最初は、私の挨拶は予定に入っていなかったのですが、2日前に雪山坊さんが、
「何でクレアさんは挨拶せんと?」と素朴な質問をされました。
“しまった、今頃になって気づかれた”
プロデューサー気取りで、裏方に徹するつもりでしたが、最後の最後に指摘され、閉会の挨拶をさせられてしまいました。

無事に終了して、ホッと一息ついていたら知り合いの方が来られ雑談。

「いい講演でしたね、私も組合に入ろうかなー」って最高の褒め言葉をいただきました。

その後、着替えに帰り打ち上げの会場へ。
打ち上げには、わざわざ広島・長崎・宮崎から来て頂いた組合員さんも参加されました。
その後は、意識が朦朧としてよく覚えていませんが、2次会・3次会と行き、最後はエーブックさんの要望で屋台に寄って帰ってきました。

参加者の方が書かれたアンケートを読むと、殆どの方が「良かった」と書いていただき、10数名の方が「組合に入りたい」と書いていただき、感謝々々です。
また早速、講演を聞きにこられた方が組合に入いられたそうです。

何度も書きますが、組合加入には賛否両論があり、某組合員の意見で「今の博多市会の現状じゃ、組合に勧誘するのは罪じゃないですか?」という言葉が頭に残っていますが、正にその通り。
組合に入るのは自己責任ですが、今後は、組合に入った方が「組合に入ってよかった」と言っていただけるよう、市場運営責任者として博多市会を盛り上げていこうと思っています。

最後になりましたが、名古屋からわざわざお越しいただいたエーブック代表の橋下氏に、改めてお礼申し上げます。
そして、橋下氏のお陰でこれだけ組合員さんが増えましたと、報告とお礼に行きたいと思っています。

Posted at 2012年09月25日 03時37分53秒  /  コメント( 0 )

【古本屋開業講座in博多2012】のお知らせ

【古本屋開業講座in博多2012】の開講まで残り2週間になりました。

開業講座に関しましては、前にも書きましたが、賛否両論があります。
「衰退傾向にある古本業界に新しい組合員を増やしてどうする」という意見です。
しかし、衰退傾向にある時こそ、仲間を増やして大きな組織を作ったほうが得策ではないでしょうか?
古本屋の多くは個人経営です。
一人ではできない大量の買取や、即売会なども仲間が増えれば協力し合って、大型の新古書店にも対抗できます。

また、ヤフオクやAmazonで本を売っている非組合員の方が、
「買取が少なく、本の仕入れが大変です」と嘆いていたので、
「組合に入ったがいいよ」と勧めたところ、
「入りたいんですけどね、入会金が高いでしょう」
と言っていましたが、そうです、入会金が高いのです。
しかし、福岡古書組合には、あまり知られていない「準組合員」という制度があります。
「準組合員」とは、その名の通り、他の組合市会に行ったり「日本の古本屋」で販売することはできませんが、福岡組合の活動には参加できる制度です。
要はお試し入会といったところでしょうか。
取り敢えず入ってみて、良ければ正組合員に移行すればいいことです。

近年は、福岡組合に新しい人が増え、市場や即売会が活気づいてきています。
今後は、即売会や古書店が増えて「古本の街・博多」が定着したら、面白いんじゃないでしょうか。


【古本屋開業講座in博多2012】には、先輩組合員さんも数名、応募されています。
組合員の講演を心配や激励で応募されているかもしれませんが、私も含め、ご自身の営業活動を見直すいい機会じやないでしょうか。
今回は、特別講師として名古屋古書組合加盟、エーブック代表の橋本氏をお招きしています。
橋本氏の活動はブログを書かれていますので割愛しますが、今後の営業活動において参考になるかと思います。

参加ご希望の方は、まだまだ定員に余裕がありますが、13日に理事長の尽力で西日本新聞に掲載が決定しましたので、お早めに応募いただきますよう、お願いいたします。

また、博多市会のtwitterをリツイート頂いた方々、この場を借りてお礼申し上げます、と共に今後も引き続き、リツイートよろしくお願いいたします。

【古本屋開業講座in博多2012】の申し込みはこちらまで。

Posted at 2012年09月09日 03時18分04秒  /  コメント( 0 )

前へ |  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  | 次へ