メインメニュー
店主の日記

熊本古書組合 特選市と高速道路の渋滞

今日は朝から筥崎宮の[蚤の市]へ出店です。

今まで、知人が出店していたのですが、今回は出品する商品が少ないので
半分出店してくれないか、ということで初の出店です。

私が出品したのは、CD・CDラック・他アクセサリー類です。
そして結果は、・・・・・完敗です。
売上が出店料にも及びませんでした。

私はフリマのノリで出品したのですが、お客様の層が全然違います。
CDとか見向きもされず、隣のレコードや知人のビデオテープが売れています。
次回10月はリベンジです。

後を知人に任せ一路、熊本古書組合の特選市があるため、熊本へ向かいます。
途中、熊本市内でKさんと合流して昼食を取り、一緒に会場へ。
会場に着くと特選市ということもあり、長崎・大分・鹿児島
それに福岡からは7名ほど来られています。

ここ熊本古書組合の市は、他ではあまりない廻し入札です。
廻し入札とは、本の山が1点々々目の前を流れて行き
目の前に来た商品をその場で見て、入札します。
その為、短時間で入札金額を算出しなければなりません。

店舗販売ではある程度、相場がありますが、ネット販売では日々価格が変動します。
その為、私はipadを駆使して検索しますが、ここ熊本の会場は電波は弱いです。
その為に検索に時間がかかり、入札しようと思った時には商品は向こうまで行っていて
慌てて、入札金額を書いた紙を持って追いかける一幕も。

本日の落札品は通常より少し少なめです。
今週金曜日に、福岡古書組合の市会で大量の本が出品される為、控えめです。

落札品を車に積み込み、会場を出たのが16:30。
ということは、18:00過ぎには家に着く予定です。
ところが、高速へ入るところの案内板に[南関〜八女間 渋滞10km]
案の定、南関インターを過ぎると渋滞が始まります。
止まることはありませんがノロノロ運転です。
原因は事故?、と思いながらも何とか八女インターまで来ると
何事もなかったようにスムーズな走りに戻ります。
多分、豪雨による渋滞ではなかったのでしょうか。

そしてスムーズな走りに戻ったと思ったら、今度は案内板に
[鳥栖〜筑紫野 事故渋滞]

鳥栖ジャンクション手前で渋滞の列です。
そして車は完全に止まってしまいました。
この渋滞を抜けるには相当時間がかかりそうです。

そういえば入札が終わってからの雑談中、福岡のT書房さんが
「今から帰ると、太宰府インターの出口が込むからなー」
それを聞いていた、高速を殆ど走らないS書房さんが
「それじゃ、下(一般道)を帰ったらいいんよ、その方が早いから」
“いくらなんでも、それはない”と思いましたが
まんざら大袈裟ではなかったようです。
この事を、今度の市会で会った時に話すと多分
「そやろう、そやろう」と言って、満足されることでしょう。

そして、今回の2度の渋滞で勉強になったことは、渋滞したら追い越し車線より
左車線を走った方が、早いようです。

Posted at 2010年08月23日 01時55分02秒  /  コメント( 0 )

明日は熊本古書組合の特選市です。

最近、IT関連企業から頻繁に営業の電話がかかってきます。
しかし営業の電話は、殆どスタッフが電話を受けた時点で断っています。


一昨日の夜、私が一人で会社に居たら電話が。
着信の番号を見ると03から始まる東京から。
営業の電話だろうと思い、受話器を取ると案の定、HPのSEOに関する営業の電話。
すかさず
「担当者は帰社しました」
と言って1分で終了。

それから5分後。
今度は092で始まる福岡市内から。
電話を取ると
「わたくし(女性の声)、株式会社○○○の○○といいますが」
“やはり営業の電話か。今度も担当者が帰ったことにしよう”と思っていたところ
「○○社長はおられますでしょうか?」
「はい、わたくしですが」
女性で油断したのか、名前を言われ、つい返答してしました。
内容は、やはりHPに関連した内容。
断ろうと思い、タイミングを計っていましたが、なかなか言うタイミングがなく
話を聞いていると、今までの他社の内容とはチョット違います。
それに、声からして若い女性みたいですが、なかなか営業トークがうまいです。
結局、本日9:00に来社して、詳しく説明するということになりました。

この商談が、吉と出るか凶と出るかは分かりません。
しかし昨年11月、やはり私が一人で会社に居る時に保険会社から電話があり
普段でしたら断るのですが、この時は、どういう訳か保険会社の名前を聞いただけで
「取り敢えず、お宅で一番自信があって、他社に負けない商品を持ってきてください」
と言って、数日後に初めて営業マンが来たその日に契約をして、その営業マンが
「こんなに早く契約を頂けるなんて、殆どないです」
と言って喜んでいました。
そして1ヶ月後、急性心筋梗塞で倒れ、手術給付金と入院給付金をいただきました。
虫の知らせというものでしょうか。
インスピレーションが働いたようです。

そして本日9:00。事務所のドアをノックする音。
普段、こんな時間に来客がありませんので、一昨日電話してきた営業の女性と思い
近くにいた[まいまい]に
「下(応接室)に通して」
と言って[まいまい]に案内させました。
[まいまい]が戻ってきたら下りようと思っていましたが、なかなか戻ってきません。
“案内した後、またトイレでも行ったかな”
と思っていた時に戻ってきて、すぐに私のところへ来て
「さっきの人、何の営業ですか?」
“また小姑みたいに私が騙されるのを注意するのかよ”と思っていたら
「さっきの人、私の高校の時の友達ですよ」
なんという偶然!!。
早速、応接室へ行って名刺交換した後、その女性もビックリしていました。

話を聞き終わり、金額を上司に相談して改めて来社することで、本日の商談は終わりました。
契約するかどうかは、私のインスピレーション次第でしょう。

そして明日は、8:00に筥崎宮で蚤の市。
その後、13:00より熊本古書組合の特選市です。

日曜も働く私を、スタッフがこのブログで知り、少しは労ってくれればいいのですが・・・・・

無理でしょうねー。

Posted at 2010年08月22日 00時40分43秒  /  コメント( 0 )

古本屋は重労働です

まだまだ暑い日が続いています。

今日は昼から本の仕入れで、或る倉庫へ。
ここは市場ではなく、一企業で多量の本があり、その中から好きな本を選べます。
しかし、この倉庫内の温度は軽く40度を超えています。
その上、窓が少なく無風状態です。
唯一の救いは、私の為に業務用の扇風機を台の上に置いて、回していてくれている事です。

そして今日は、いつもより多くあります。
早くしないと今日中に終わらないと思い、急いでダンボールの箱を開けていると
扇風機の方向から大きな音が。
見ると、ここのスタッフが扇風機のコードに足を引っ掛けて、扇風機が台から落ち
カバーが外れています。
そして、2枚の羽根の一部が欠けています。
スタッフのところへ駆け寄り扇風機のカバーを付け、スイッチを入れると
ガタガタと大きな音がして、本体も大きく動きます。
原因は羽根が欠けた為に、バランスが崩れ扇風機の役目をしません。

それからは、扇風機なしでの作業です。
汗は湧き出るように出て、Tシャツはもちろん、頭に巻いているタオルもびっしょりです。
途中、何度も外へ出て休憩しますが、時間を追う毎に疲れが増してきます。

このまま続けたら、絶対に倒れると予感が。
結局、ダンボール20箱ほどを残し、帰り支度。

帰りの車中、びっしょりに濡れたTシャツを触りながら、今頃スタッフは
エアコンが効いた部屋で仕事を終え、帰っているだろうな
と思いながら会社へ戻ると事務所に、まだ明かりが点いています。
中へ入ると[うっしー]と[まいまい]が残っています。
すると[うっしー]が
「着替え、無いですよね」
聞くと
「汗でシャツとジーンズもびっしょりに・・・」
見ると、ジーンズの半分が色が変っています。
理由は、先日仕入れたタイルカーペットをスタッフが括っていましたが
終わりそうにないと思い、夕方[うっしー]に手伝うよう、言っていたのです。


[うっしー]も[まいまい]もブログには書いていませんが
当店の仕事は、けっこう過酷なのです。

Posted at 2010年08月21日 00時47分01秒  /  コメント( 0 )

猛暑のなかでの古物市場in福岡

お盆休みも終わり、昨日から仕事です。
そして、今日は古物市場。

周りからみると、競りに参加して結構おもしろそう、と思われがちですが
古物市場での競りほど過酷な仕事はありません。

中古車のオークションみたいにエアコンが効いた会場や会社で
ボタンを押して応札するのでしたら楽でしょうが
古物市場の殆どは、倉庫内で行われています。
その為、冬は凍えるように寒く、夏は熱中症にかからないのが不思議なくらいの暑い場所です。

今日も朝から多数の来場者です。
皆さん、首にはタオルを掛け、汗をフキフキ競りに参加されています。

下見をしていると、大量のタイルカーペット(事務所などに敷いているカーペット)
が出品されています。
それも、一流メーカーで今までで最高にキレイな商品です。
私が商品をチェックしていると数名の方から
「狙ってますね」
と、声を掛けられます。
というのも、タイルカーペットを私が買うのは結構知られています。

先日の懇親会の時も、店売りとネットショップをされているリサイクル屋さんから
「クレアさんのタイルカーペットの売り方は良いですね。
真似しようと思うけど、そこはやはり、控えてるんですよ」
と、ありがたいお言葉を頂きました。

店頭販売では、真似しようにも真似できない面もありますが
ネットショップでは、簡単に真似することができます。
しかし、そこは暗黙のルールがあります。
特に、ここの市場に来られているネットショップの方々はそのルールを守られ
ライバルではありますが、いい人間関係が保たれ、楽しく競りが行われています。
そうでなければ、いくら仕事とはいえ、こんな暑い日に行きたくもありません。


本日、先日の甘木の古物市場で落札したタイルカーペットの出品準備ができましたので
ヤフーオークションへ出品しました。


今月6日以来、お盆の関係上、古本市場が行われていません。
貯め込んでいた本の在庫もなくなりました。
ご不要の本・CDがございましたら、こちらよりお問い合わせください。
また、本・CD以外の買取はこちらの方へ。

Posted at 2010年08月18日 00時38分01秒  /  コメント( 0 )

二日酔いとスクープ写真!!

最近、少々バテ気味です。

先日の日曜日は甘木の古物市場へ行き、一昨日の夜はブログを書こうとして
睡魔と疲労で敢えなくダウン。

昨日は、疲れが取れずに体が動きません。
しかし、夜からは古物市場の親睦会の予定です。
こんな身体で酒飲んで大丈夫かな、と心配してましたが
夕方になるとテンションが上がってきます。

そして、7時に会場へ着くと、完全に回復しています。

私のテーブルはリサイクル屋さんやネットショップ店主など。
異業種の情報を知るには、いい機会です。

そして17名で2次会。

7名で3次会。

店を出たのが1:00です。

これで解散かと思っていたら
「次、どこへ行きます?」
“まだ、帰らんと?”

すると一人が
「僕は明日が早いので、そろそろ帰ります」
もう一人も
「僕もそろそろ・・・」

この機会を逃すと後がない、と思い私も言おうとしたら
「クレアさん、どこ行きましょうか?」
“えー、何でオレを誘う?”

残ったメンバーを見ると若い人ばかり。
そういえば、3次会目からは若い人ばかりで、結構疲れています。
ここは年長者の私が1軒くらい出さないと、と思い
「それじゃ、オレの知っている鉄板焼へ行こうか?。奢るよ」
ということで、行きつけの鉄板焼屋へ。

そして店を出たのが3:30。確か3時半だったと思います。
そして解散です。

1次会から4次会まで色んなことがありましたが(あったようですが)
記憶が飛んで詳しく書けません。


本日は、8時前に起きて9時前に会社へ。

今日はS書房さんの手伝いで、10時に本の引取りです。
二日酔いなんて、言ってはいられません。
しかし内心は、台風の接近で中止にならないかな、と期待もしましたが・・・。

9時に駐車場へトラックを取りに行くと、駐車場の前が渋滞です。
普段は殆ど渋滞がありませんので、これも台風の影響かな
と思っていると、その先にパトカーが数台。

なんと、交差点の信号機が途中で折れています。

これはスクープと思い、アングルがいい助手席へ移ろうとしましたが
目の前2mに交通整理のおまわりさん。
仕方なくフロントガラス越しに携帯でカシャ。




写し終わり、前を見るとおまわりさんと目が合い、苦笑い。
画像が見にくいかもしれませんが、信号機が途中で折れ路上へ落下。
その落ちた信号機の下には自転車が。
幸いにも、自転車の所有者は難を逃れて無事でした。
これが、二日酔いの私でしたら、間違いなく信号機の下だったでしょう。

そして、明日は異業種の会合でまたまた飲み会です。

明日こそは、早く帰ろっと!。

Posted at 2010年08月12日 01時36分44秒  /  コメント( 0 )

長崎市会と福田屋

今日は第1金曜日。
長崎古書組合の市会です。

朝起きるのがチョット辛いです。
昨日の市場の疲れが残っています。

車に乗り込み、テンションを上げる為にサングラスを掛け
(どういう訳か、サングラスを掛けるとテンションが上がります)
コブクロのCDを探しますが見当たりません。
仕方なく、FMのボリュームを上げます。

ラジオからは福岡で有名なパーソナリティの軽快な声。
話題は短パンの話。
「今日は、午後からの仕事の都合で短パンでサンダルですが
まさか、44歳になって短パンにサンダルで仕事をするとは、思ってもいませんでした」
それを聞いて私の足を見ると、サンダルこそ履いていませんが、ズボンは短パン。
私も、この歳になって短パンで仕事をするとは思ってもいませんでした。

太宰府インターへ着くと少し渋滞しています。

高速道路に入ると順調です。

途中、東背振インターで出ます。
というのは、太宰府から諫早までは100キロを超える為、通勤割引が摘要されません。
そこで、東背振で一度出て、ETCカードを交換して、再度入ります。

東背振に着いたのが8時57分。
3分あれば、通勤割引適用の9時に間に合います。
県道へ出て、広い場所でUターンします。
すると、前を走っていた車もUターンをしています。
どうやら、私と一緒で通勤割引を2度使うのでしょう。
入口手前の信号の、信号待ちの時間にカードを交換して、東背振インター入口へ曲がると
ETCのゲートの下に、さっきUターンしていた車が止まっています。
多分、カードを交換するのを忘れて、慌てて交換しているのでしょう。
しかし長い。
早くしないと9時になってしまいます。
やっと動いたと思ったら、今度はゲートが開きません。
私の後ろは、大渋滞。
ETCのゲートが1つしかありませんので、どうすることもできません。
そして、車の時計が9:00。

1台の車のせいで、私を含め
後ろに並んでいる20台以上の車が通勤割引を受けられないでしょう。

ゲートが開き、車が動き出します。
そして、本道に入る時、ラジオから時報が。
そういえば、いつも時計が進んでいた事を忘れてました。


会場へ着くと、福岡からS書房さんとT快洞さんが。
挨拶すると
「おっ、何時に出てきた?」
「家を出たのが8時過ぎくらいです」
「高速で来たんやろ。オレ達は6時に出てきたよ。下で来たから」

S書房さん。どこへ行かれるのも殆ど高速を使われません。
年齢は私より、一回り以上、上ですがお元気です。
「高速で行くと、景色を見られんやろ。下の道がいいよ、景色はいいし」

確かにそうですが、私には真似できません。

入札が済むと、開札です。
そして結果は。
いつもの半分くらいしか落札できていません。
ということは、フリ(オークション方式)で頑張らないと
何のために諫早までも来たか分かりません。
一番前に座り、気合を入れます。
しかし、心配には及びませんでした。
雑本を、殆ど買うことができました。

清算を待っていたら、S書房さんとT快洞さん、S○洞さん4人で食事に行くことになりました。
S書房さんの車に乗り込むと、諫早で有名な鰻屋「福田屋」へ行くということ。

道に迷いながら、どうにか到着です。
店内に入ると、数名の方が待っています。
しかし、殆ど待たずにテーブルへ案内されました。

定食を注文し、S○洞さんが
「諫早の鰻はチョット変ってますよ」
と言われたので、楽しみに待っていると、店員さんが持ってきたのは
陶器の器に重たい蓋がされています。
蓋を触ると熱いです。
開けようかと思いましたが、まだ誰も開けていませんし
勝手に開けて、店員さんに怒られたら恥ずかしいので我慢して待っていたら
店員さんが
「蓋をいただきましょうか?」
“なぁんだ、やっぱ開けてよかったんだ”

S○洞さんが言うには、器の中が2段になっていて
下に熱湯が入っているので、鰻が冷めないということ。

早速、頂きますと、脂がのって美味しいです。
日頃、スーパーの鰻ばかりを食べている私にとっては別物です。
食が進み、ご飯をお代わりしてしまいました。

そして会計は、訳あって(変な訳ではありません)、S○洞さんの奢りです。
S○洞さん、ご馳走様でした。
本当っ、美味しかったです。
今度は私が奢りますので、また行きましょう。

写真を撮ろうと思いましたが、舞い上がって忘れてました。


今回は、充実した長崎市会でした。
昨日が過酷でしたから、こんな日もあっていいでしょう。

Posted at 2010年08月07日 02時25分41秒  /  コメント( 2 )

古物市場と、福岡市東区へ本・CDの買取

今日はイ瞭。
古物市場の開催です。

9時過ぎに会社を出て、9時10分に市場に到着。
先々月に会場が移転して、会社から車で5分です。

下見をして、同業者と雑談をしていると、鐘が鳴り響きます。
出品順を決めるクジ引きです。

お箸の束から1本を引きます。
その先端には番号が・・・。
なんと、先端に書かれている数字は53。
60数人中53番です。

今日は、2009年製のプラズマテレビや新品同様のエアコンを出品していますので、
遅い時間での出品はチョッと心配です。

それにしても、暑いです。
広い会場は、エアコンがありません。
あるのは、大型扇風機7〜8台がフル稼働です。
倉庫内は40度近く。
その為、扇風機の風が当たっていても頭がボーッとしてきます。

お昼前に市場を抜けて、本とCDの買取です。
東区のお客様宅の近くでスタッフと待ち合わせて、お客様宅へ。

部屋へ入り、本とCD、ゲームソフトの買取金額を見積り
後はスタッフに任せて会場へとんぼ返り。
あの暑い会場を思い出すと、アクセルを踏む足も鈍ります。

会場に戻り、色々ありましたが、あまりの暑さで殆ど覚えていません。

終わったのは、午後10時。
今までで最高です。
多分、日本一遅くまでやっていたのではないでしょうか?
そして、出来高も最高ということです。

私の収穫は、本の置く棚を2台。
ヤフオクへの出品商品が数点。
Amazonへの出品用の本、ゲームソフト、ゲーム機を数点。
発送用の梱包資材も数点、落札しました。

また、プラズマテレビとエアコンも無事に売れました。

そして、明日は長崎古書組合の市会です。

早く寝ないと、遅刻しそうです。

今月は、買取強化月間です。
本・CD・DVD・ゲームソフトの買取はこちらへ。
家具・家電品・その他の商品の買い取り・処分はこちらへお願いいたします。

Posted at 2010年08月06日 01時46分14秒  /  コメント( 0 )

手紙と顔文字

先日、当店スタッフの[まいまい]の母親からお中元が宅急便で届き、一緒に手紙が。

2ヶ月ほど前も[まいまい]の自宅にあった古いPCを処分したお礼にと、お菓子を頂きましたが
その中にも、お礼と私の体を気遣う内容の手紙。


[まいまい]に母親の年齢を聞くと私と同世代。

そうですね、私の世代は日記や手紙など、書くことに慣れています。
交換日記に憧れ、ラヴレターを送るも返事は無し。

また、年賀状も手書きで一人ひとりに凝った年賀状を書いていました。

物を送る時も、一筆添えるだけで、その物の価値が上がるようです。

しかし、今の若い世代はメールの影響か、書くことが苦手のようです。
私も、書くのが苦手で批判はできませんが
それなりに一生懸命考えて書けば、相手に伝わるようです。

また、最近では何かにつけて顔文字が多用されています。
顔文字を使えば、感情は伝わりますが、何でもかんでも顔文字を使っていたら
文章で気持ちを伝えることに欠けてくるのではないでしょうか?

このブログに書いている[うっしー]や[まいまい]も一緒です。
ブログは勿論のこと、私宛に書くメモにも、手書きで顔文字が。
顔文字が悪い訳ではありませんが、手書きでの顔文字はチョット・・・。

考えが古い、と言われればそれまでですが、私は一筆を添える[まいまい]の母親に
昔ながらの風情があって、好感が持てました。



そして先週、車のバンパーを取り寄せるために、[まいまい]が母親に頼み、
車検証をFAXで送ってもらいました。
そしてその車検証と一緒に、母親から[まいまい]宛に簡単な手紙が。



その手紙には、手書きで顔文字が。ε-(ーдー)ハァ

Posted at 2010年08月04日 00時22分42秒  /  コメント( 0 )

昔と変らない、と思うのは本人だけ?

一昨日の金曜日、実家から[本家の叔母が亡くなった]という知らせで
急遽昨日、朝6時に家を出て、ある田舎町へ。
この田舎町、20年ほど前まで10年間、サラリーマン生活を過ごした街です。

久しぶりに戻った街を観て、青春時代が走馬灯のように思い出します。

予定は、9時から密葬、その後火葬場へ行き14時から本葬です。

8時30分前に葬儀場に着きましたが、来場者に見知った顔がちらほら。
密葬ですから、殆どが親族の筈ですが半分くらいしか分かりません。
というのは、子供の頃はお年玉欲しさに、親族が集まる日を選んで行っていましたが
社会人になってからは、日にちがずれたり、遠方に行った従兄弟がいたりで
入れ違いが多く、中には30年ぶりに逢う従兄弟もいました。

密葬が終わり、マイクロバスで山の麓の火葬場へ。

係りの人から、2時間ほどかかるのでこちらの方へ、と広い部屋へ案内されます。
私は、部屋へ入る前に喫煙の為に外へ。
灰皿のところへ行くと、先客が。
どことなく見覚えがありますが、思い出せません。
まさか「どなたですか?」と聞くわけもいかず「暑いですねー」と一般的な世間話を。
話も尽きり、ガラス越しに来場者の顔を見ていると、なんとなく思い出してきます。
と同時に、最後に会った頃に比べると、相当老けたり、白髪が増えてたりで
あまりの変りようにビックリです。

部屋に入り、分からずに挨拶しなかった従兄に挨拶を。
「久しぶりです、○○です」
「はっ?、○○か?、変ったなー、太ったんじゃないか?」
“私はあまり変っていませんよ、変ったのは○○さん(従兄)の方ですよ。
言葉まで関東の言葉になって。

次に叔母さん。
「ご無沙汰してます、○○です」
「まぁ、○○ちゃんね。見違えるようになってー」
“叔母さん、○○ちゃんはないやろ。私もいい歳ですよ”

次は従姉の旦那さん。
「お久しぶりです、東京へ行った時は色々お世話になりました」
すると怪訝な顔で
「あー、うんうん」
あれ?、人違いかな?しかし強引に
「鎌倉や湘南にも連れて行ってもらいましたよね」
「あ〜、○○君か。ぜんぜん分からなかった。貫禄ついたなー」

火葬場から葬儀場に戻り、本葬も済んで喫煙の為に外へ。
すると喫煙所に、火葬場で煙草を吸いながら世間話をした人と
本葬から来た、私が以前働いていた会社の当時常務、今は社長の従兄が。
近寄りながら笑顔で頭を下げると
「○○か?、変ったな。外で会ったら絶対わからんやろ」
「いえー、変ってないですよ」
「いや、変ったって。相当太ったやろ?」
「そうですね、少しは太ったと思いますが・・・」

そして、従兄が会場へ戻ると横で話を聞いていた
火葬場で煙草を吸いながら世間話をした人が
「○○で働きよったちいうと、農協にも来よったやろ?」
「はい、行ってましたが」
「オレたい、わかる?。金融課におった。よう話よったろが」
「あ〜なんとなく。はいはい、わかりました」
私が営業で、農協(現JA)の管理課に通っていた時に
隣の金融課に居た、私より少し年上のカッコ良かったお兄さんです。
もちろん、過去形です。
カッコ良かったお兄さんが
「全然わからんかった。あん頃はスラッとして、髪も長くメガネ掛けとったよね。変ったねー」


家へ帰り、少し落ち込んでいます。
叔母さんの葬儀の後、ということもありますが
あまりに周りの人から[変った、変った]と言われましたので。
私は昔と全然変ってないのに・・・。
少しは太ったかもしれません。しかし、そんな見違えるほどはなく・・・。
絶対、変ってないのに!!
確かめる為、昔のアルバムを見てみると・・・・・。

あっ、ホンマや!

Posted at 2010年08月02日 01時56分58秒  /  コメント( 0 )

前、楽天野村監督が小さな焼肉店へ。

先日の古物市場で仕入れた雑品の中に、探していた新品の色紙額がありました。

探していたなら額縁店で購入すればいいじゃないか、と思われそうですが
古物市場に通っていたら食料品と衣類以外は
量販店などで物を買うのが馬鹿らしく思うのです。

そういう訳で1年近く探していたのですが、何で探していたかと言いますと
昨年7月に知人の焼肉店に、当時楽天イーグルスの野村監督が来店され
写真を撮り、サインを頂いたのです。



監督と知人は昔から親交があり、ソフトバンクとの試合で来福された時に来店されました。

来店される情報は事前にありましたので、ミーハーの私はデジカメと
色紙持参で待っていました。
マー君も一緒かな?、と待っていますと・・・・・。
お一人でした。

その日の試合は延長11回、0−1で完封負け。
機嫌、悪いかなーと思っていましたが、引きずらないのか穏やかな表情でした。

座られたのは、入り口近くのテレビの前。

店内に居たお客さんも気付き、コソコソ。
“なんでこんな小さな焼肉店に野村監督が?”とでも話されているのでしょう。
後から来たお客さんも監督からオーラが出てたのか
店内に入って直ぐに気付き、エッと振り返っていました。

監督が来られて間もなく、テレビではプロ野球ニュースが始まりました。
すると、後ろを振り向き、食い入るように見られてます。
パリーグの試合はもちろん、セリーグの試合も。
そして、選手がエラーをしたりホームランを打たれると、首を振ったりされています。
余程、野球がお好きなんでしょう、思いました。

プロ野球ニュースも終わり、食事が済むと知人が私を紹介してくれます。
「か・監督、私は博多に住んでいますが、楽天の大ファンでアンチ巨人です。
周りの者からは、ソフトバンクを応援しないで、とヒンシュクを買っています。
これからも頑張ってください!」

監督はニヤッと笑われ、握手を求めると笑顔で答えてくれました。

掴みはOK!!
ここで一気に
「すみませんが、写真を一緒に撮っていただけますか?」
すると、席を立たれます。
「いえ、座られたままでいいです」
「いや、あなたが座りなさい」
私が戸惑っていると知人が
「座ったら、ええがな」
(知人は関西人です)

というわけで、思い出の写真を撮っていただきました。
お見苦しい写真ですが。



早速、家に帰り画像をPCと携帯に落とし
メアドを登録している友人全てに配信しました。

Posted at 2010年07月30日 00時30分40秒  /  コメント( 0 )

前へ |  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  | 次へ