メインメニュー
2010-11-06 の記事

古物市場とゴルフスクール

今日は5日、第1金曜日です。
長崎古書組合の市会と古物市場が重なりました。
どちらに行こうかと迷いましたが、古物市場に出品している商品が多いため、
古物市場に行ってきました。

一通り下見をして一息ついていたら、顔見知りのリサイクル屋さんが来て、
「ゴルフコンペの申し込み、書きました?」
「えっ、いつあると?」
「来月1日に、忘年会の前にゴルフコンペがあるんですよ。
事務所に申込書があるので書いといてくださいよ」

事務所へ行くと、カウンターの上に申込書があり、数名の名前が記載されています。
早速、私も名前を記入して、記載されている名前を見ていると、
上のほうにインパクトが強いリサイクル屋さんの名前が記載されています。
私にとっては、ちょっと苦手な方です。

会場を見ると、インパクトが強い社長さんの顔はなく、スタッフが来ていました。
スタッフのところへ行き、
「ゴルフコンペ、誰が行くと?。自分が行く?」
「いえ、僕じゃなく、社長が行きますよ」
噂によると、自分のスコアが悪かったら、同行者が悪かったと言って当り散らすそうです。
あくまでも噂ですが。

年齢的にいって、私が一緒に回る可能性が高そうです。
一緒に回ったら、なんて言われるか想像がつき、コンペまでゆっくり眠れそうにありません。
早速、コンペの世話人のところへ行き、くれぐれも一緒に組まないよう、頼んできました。

本来の市場のほうは、出品商品は予想以上の金額で売れ、
下見で目をつけていた商品は、殆ど落札することができました。

そして帰りに後輩へ電話して、一緒に食事をしながら時間を潰し、3回目のゴルフスクールです。

練習場に着き、指定された打席へ行くと、既に先生が来られてました。
「はい、ドライバーを出して、素振りからしましょうか」
そうです、何でも最初の30分は素振りをしないといけないそうです。

私が適当に素振りをしていたら、先生が寄ってきて、延々と素振りの大事さを説明されます。
そして
「他の人が3年かかるところを、貴方は1年でマスターするんですよ、そのためには・・・・」
“げっ、1年間も通わんといかんと?”

楽しい筈のゴルフが、つくづく苦痛に思える今日この頃です。

Posted at 2010年11月06日 02時25分52秒  /  コメント( 0 )