メインメニュー
2013-04 の記事

続・クーポンサイト

今日は久しぶりに東区雁の巣の「奈多利庵」へ行って来ました。
このお店、私の味覚にピッタリなので、昨年はクリスマスや会社の忘年会でも利用したお店です。

そして食事が終わり、カウンター越しにオーナーシェフと談笑しているとネットの話になったので、
シェフに「PCはするんですか?」と聞くと
「全然ダメ、それにインターネットで痛い目にあったからね」
「えっ、どうしたんですか?」
「○○っていうサイトに載せたら大変な目にあったとよ」
ん?、このサイト、前のブログで書いたクーポンサイトでした。

話を聞くと、そのサイトに\5,000のコース料理を半額で出したところ、広告費と思い、ある程度の赤字は覚悟していたけど、クーポンサイトに払う手数料、臨時のバイト代などを加算したら、相当額の赤字になったそうです。

そりゃそうでしょう、通常の価格を半額にした上に手数料を払ったら、赤字になるのは当然です。
それをトントンもしくはクーポンサイトで儲けようと思えば、あんな料理になるのは当然のことだったのでしょう。
今度クーポンサイトを利用するときは、その点を十分見極めながら店選びをしよう。


「シェフ、今度は友達をたくさん連れてくるからね」
「ありがとうございます、気持ちだけで十分ですよ(^O^)」
“わかってますよ、私みたいのがゾロゾロ来たらお店の雰囲気が壊れますからね。”

Posted at 2013年04月07日 02時15分59秒  /  コメント( 0 )

今年最初のブログです

久しぶりのブログ更新です。
今日こそは、今日こそはと思いながら早3ヶ月。
そして3月中旬に
“よし、年始に書く予定が延び延びになったので4月1日の年度始めに書こう”
と自分で自分を納得させ、半月余りを正当な理由?で延ばして今日書きました。

しかししかし、いざ書こうと思ってもネタがありません。
いや、私にとっては日常的であっても、世間では非日常的かも、と思い、よくよく振り返ったらありました。
それも、つい先日。

それは、先日の福岡古書組合の花見の出来事です。
花見といっても桜の木の下でやるのではなく、昨年から雨の心配がないようにと、居酒屋で行っています。
要は「花見」という名の飲み会です。
幹事は毎年恒例のMさん。
そしてMさんから頼まれ、私が会場探しを行いました。
好きなんですよ、こういうの。
会社の食事会も私がセッティングして、スタッフから「いい店ですねー」と言われるのに満足しているのです。

早速、PCへ向かいクーポンサイトで手頃なのを探しているとありました!
しゃぶしゃぶコースに2時間飲み放題が付いて通常価格¥5,400が半額の¥2,700。
場所は中洲から川を隔てた西中洲。
天神にも近いし、2次会へ行くにもピッタリの場所です。
早速、店に予約の電話を入れ、13名分のチケットを購入。
これで万全、後は当日、組合員の皆さんから「いい店探したねー」と喜ばれることでしょう。

そして当日、3分遅刻して店へ到着すると、殆どの方が来店されていました。
すると、テーブルの上に○○コース¥4,000や○○コース¥4,500と書いたメニューを見ながら、
「どのコースを頼んだと?」と聞かれたので
「そんな安いコースじゃないですよ、そこには書いてない¥5,400のコースです!<(`^´)>」
「へー、それが半額っ?、凄いねー」
と、ここまではよかったのですが、それからが大変。
乾杯の飲み物でビールを頼んだのが10名近くいたのに、持ってきたビールは2本。
最初の食べ物が来るまで待たされること30分。
しゃぶしゃぶ用の肉は、ロール状にしているので豪華に見えるけど、1人当たりの量は3〜4切れ。
最後のシメの麺は、4人分が博多ラーメンの替え玉に直すと1.5玉分。
満腹どころか、つまみにもならない程度で、最悪の店でした。

翌日も、楽しかった2次会、3次会よりも先に、1次会の嫌な思いが先に思い出します。
これはもう、言わんといかん!
「いつ言うの?」
「今でしょう」
 

しかし翌日は二日酔いのために報告する元気もなく、翌々日、クーポンサイトへ報告しました。
あくまでも報告です、クレームではなく報告です。
このクーポンサイトで購入したお客様が私たちと同じような嫌な目に遭わないように。
また、このクーポンサイトが信用を落とさないようにと。

そうしましたら一昨日、クーポンサイトより下記のメールが届きました。
-----------------------------------------------------------------
○○○サポートデスクの○○と申します。
いつも○○○をご愛顧いただき、ありがとうございます。

このたびは、○○○のチケットにつきまして、せっかく食事会にご購入いただきましたのに、
ご不快な思いをおかけし、申し訳ございません。

皆様にご満足いただける内容ではなかったとのこと、楽しいひと時にと、ご購入された塚本様のお気持ちを思いますと、ご期待にそえず、申し訳ない気持ちでいっぱいでございます。

○○○では下記店舗ホームページにて、普段、お客様にサービスを提供していることを確認したうえで、同内容を、○○○チケットとして販売しております。

URL:http://(利用した店のHPアドレス)

今回、塚本様よりご連絡いただいた内容は、関係者で共有し、実際にチケットをご利用されたお客様の声として、店舗へありのまま申し伝えます。

また、貴重なお時間をお返しすることはかないませんが、せめてものお詫びの気持ちといたしまして、○○○限定ポイント35,100ポイント(有効期限:8月末)を、発行いたしたく存じます。
以下省略

いやー、感心しました。
日本でもトップクラスの誰でも知っている大手クーポンサイトですが、たった一人のクレーマー、いや、報告者にも、キチンとした対応をしてくれて、今まで引きずっていた嫌な思いが、一気に拭いされました。
なお、頂いたポイントは7月開催予定の「納涼飲み会」の時に利用します。

「損して得取れ」
これは商売の基本ですね。
私の理念も見かけに依らず「お互いが満足して商売が成立する」です。
その為、当店ではAmazonやヤフオク購入者から返品の申し出があった場合、如何なる理由に関わらず、送料も含め、返金しております。

商売とはそういうものでしょう。
儲かる時もあれば損する時もある。
それに一喜一憂しながら商売を拡げていけたら最高です。

3ヶ月振りのブログで長文になりましたが、これからは定期的に書いていきます!!

そして本日、4月1日から当店に大学新卒者の女性1名と、20代後半の男性1名が入社しますので、新人スタッフにも書かせようと思います。

Posted at 2013年04月01日 02時30分25秒  /  コメント( 0 )