メインメニュー
2012-12 の記事

今年1年を振り返って。

今年もいろんな事がありました。
1月の「九州大市」で始まり、2月に名古屋、3月に広島へ即売会の視察へ行きました。

そして今年一番のイベントといえば、9月に開催した「古本屋開業講座2012in博多」でした。
いろいろと不手際もあり、若干の悔いも残りましたが、開業講座がきっかけで数名の仲間が増え、市場に活気が戻ったことは、最大の収穫だったのではないでしょうか。


また、もうひとつの出来事は50歳を過ぎての自動二輪免許取得でした。
高校時代に一度は持っていた免許でしたが、チョットだけ交通法規に反したため、無くなっていたのです。
自動車学校へ通ったのですが、昔取った杵柄で一段階の時から教官から「上手いねー」
と褒められていましたが、一本橋(平均台)がどうも苦手です。
そして卒業検定では、最終段階の一本橋を渡る前までは完璧でした。
あと、この橋を無事に渡りきれば免許が取得できる、と思ったら妙に緊張して、橋に乗った瞬間にフラつき、橋から落ちてしまいました。

講習を1時間受けて、再度トライです。
そして、またしても橋の途中でバランスを崩し落ちてしまいました。
完全にトラウマになってしまったようです。
教官から「緊張しないで。落ち着いて。」
と言われましたが、どうも一本橋を渡り始めると緊張して、肩に力が入りハンドルでバランスを取ることは不能になってしまいます。

そして3度目、この検定に受からなかったら今年中に免許取得ができないというプレッシャーも加わっての検定でしたが、無事に渡り切ることができ、免許を取得できました。

通勤用に125ccの小さなバイク(アドレスV125G)を免許取得前に購入し、ツーリング用にビッグスクーター(スカイウェイブ)を昨日購入しました。
来年は、唐津や阿蘇へツーリングへ行く予定です。


今年一年を振り返ると、いろんな人を振り回し、ご迷惑をおかけしました。
この場を借りて、お詫びいたします。

今年も残すところ1時間を切りました。
皆様、良いお年をお迎えください。

Posted at 2012年12月31日 23時27分09秒  /  コメント( 0 )

12年の友の看病

先週日曜日の夜、「西新プラリバ古本祭り」の片付けをしていると、年に1回も掛けてこない実家の親父から電話。
「リュウが車に轢かれたか知らんが、足を怪我したから病院に連れて行ったが、毎日ガーゼを変えんといかんが、オイ(オレ)じゃしきらんから・・・」
リュウとは、12歳の老犬です。
なんでも朝、散歩に連れて行こうとゲージを開けたところ、勢いよく飛び出し、遠くへ走って行ったそうです。
暫く待っていると、前足から血を流し、ビッコを引きながら戻ってきたそうです。
多分、道路へ飛び出し、前足を轢かれたのでしょう。

翌日、私が行けなかったので変わりの者が行ったところ、ガーゼを変えようとするとキャンキャン鳴き暴れるのでガーゼを変えるのが大変だったそうです。

そして翌火曜日、怪我の具合を聞くために病院へ電話したところ
「日曜日に連れて来られた時、月曜日にもう一度来ていただくよう言ってたんですけどねー」
多分、耳が遠い親父は肝心の部分を聞き逃していたようです。

早速、水曜日に病院へ連れて行ったところ、
「化膿しているので2〜3日入院したほうがいいんですけどねー」
という訳で3泊4日の入院です。

そして無事に退院しました。
幸いなことに骨折はなく、前足の指が1本だけなくなっていたそうです。
当分は1日3回の消毒と薬を飲ませないといけないので、怪我が完全に治るまで、私が預かることにしました。
しかし、私のマンションはペット禁止ですので、会社の倉庫で飼うことにしました。


首の周りのプラスティックのカバーは傷口を舐めないように付けています。
傷口が完全に治るまで付けていないといけないのですが、耳の後ろ辺りが痒いのでしょうか、このカバーを一生懸命に後ろ足で蹴っていました。
良くやる仕草ですが、カバーがあるために届きません。
いい加減に気付けよ、と言いながら私が耳の後ろを掻いてやると、気持ちよさそうに目を瞑ります。

このリュウ、犬種は柴犬ですが、私に似て?気が弱く、番犬にもなりません。
玄関前でエサを食べていると野良犬がやってきて、自分のエサを食べられるのを横で見てたこともありました。
優しい、といえばそれまでですが、そこは柴犬というプライドを持って野良犬に立ち向かってもらいたいところでした。

傷の方はだいぶ良くなり、チョットの散歩には行けるようになりました。
しかしオシッコをする時、普通は右後ろ足を上げてするのですが、今日はオシッコをしていると怪我をしている左前足で身体を支えるのに耐え切れずにそのまま転倒、自分のオシッコで身体を濡らす羽目になりました。
リュウには悪いけど、可哀想を通り越して笑ってしまいました。
こんなオッチョコチョイも私に似たのでしょうか?


そして自動二輪免許の方は、用事などがあって先週は2時間しか乗れませんでした。
講習内容は一本橋とスラローム(等間隔に置いてあるポールを左右に避けながらの走行)。
それにS字とL字です。
一本橋は7秒以上で渡らないといけないところを13秒。
スラロームは8秒以内で走行しないといけないところを6秒。
S字とL字もスムーズに走行ができ完璧です。

一段階で教えることが無くなり時間が余ったので、教官のバイクと2台で誰も練習していないスラロームやS字がある広めのコースに行き
教官が「私に付いてきなさい」と言ってアクセル全開で走り出しました。
私も負けじとアクセルを吹かし走りました。
コースの外壁にはマットを貼ってありますから、万一の時でも大丈夫です。
直線ではアクセル全開、コーナーではステップが付くくらいに車体を倒しながら教官にピッタリ付いていきました。
バイクから降りてきた教官は
「昔、相当ムチャしよったやろ?」
「はい、だから免許が無くなったんです」

Posted at 2012年12月10日 02時02分54秒  /  コメント( 0 )

50過ぎての・・・

昨日、12月1日はリサイクル市場の忘年会でした。
参加人数、120名弱の大忘年会にスタッフ3名を連れての参加です。

私は日頃から親交がある同業者と同じテーブルに着き、スタッフ3名は私を敬遠してか、別のテーブルに着きました。
まっ、どこの会社も経営者は煙たがられるものです。

そして、この忘年会のメインイベントは毎年恒例のビンゴゲームです。
しかし、このビンゴゲーム、今までビンゴしたことがありません。
今年もダメだろうな、と思いながら数字を捲っていくと、ナント初のビンゴです。
商品は現金10万円から宿泊券、食事券など豪華商品が並んでいます。
このビンゴゲーム、早くビンゴしたからって良い商品をもらえるとは限りません。
箱の中から、賞品名が書かれたボールを選ぶのです。
5番目くらいにビンゴした私はステージへ上がり、箱の中からボールをつかみ取ると、ボールには「ドリーム賞」て書かれていました。
なに?、この「ドリーム賞」。
今までこんな賞ってなかったはずだが、さぞやいい賞品だろうと期待していると
1通の封筒を渡されました。
んんん?、商品券や食事券にしては薄いような気がするが、と思いながら席に戻り封筒を開けてみると、中から出てきたのは【1日タダで働ける券&弁当券】
「働いてあげる」ではなく「働かせてあげる」です。
せめてもの救いは弁当を食べさせてくれるようです。

そして第1回目が終わり、次に2回目が始まりました。
そう、毎年この忘年会の2時間の内、1時間以上はビンゴゲームが続くのです。

最悪の券を受け取ったせいか、ここから運気が上がってきました。
内容は割愛しますが、私とスタッフ2名がビンゴして、今までで最高のビンゴゲームでした。

その後は、いつもの如く、2次会・3時会と中洲の街を満喫して帰りました。


そして本日、12月2日は自動二輪免許取得のための、自動車学校の入校式でした。
昔は自動二輪の免許を持っていたのですが、若い頃に何と言いますか、無くしました。
そう、わかり易く言えば「免許取り消し」です。
私的には安全運転をしていたつもりでしたが、警察官からみたら、そうでもなかったようです。
その後は、普通車の免許だけ取得して、安全運転に心がけて?きましたが、どうしてもバイクに乗りたくなり、体力があるうちにと思い、行くことになりました。

入校式が終わり注意事項などを聞き、先ずは教室に入って「性格診断テスト」です。
各質問に対して「そう思う」「そうは思わない」「どちらでもない」を選択するのですが、
回答する毎に自己嫌悪へ陥ってきました。
多分、私の回答を客観的に見ると、なんというクズ人間なんだ、と思うことでしょう。

気を取り直して、いよいよ実習です。
胸・ヒジ・ヒザにプロテクターを装備して、高校生や大学生など、若い人に混じって2時間の実習です。
最初は緊張等もあり戸惑っていましたが、慣れてきたら昔のカンが蘇り、スムーズな走りができるようになりました。
教官からも「なかなかいいねー」と言ってくれ、普通でしたら4時限目くらいから走らせる、
30cm幅ほどの通路「1本橋」を講習の前倒しで走らせてくれました。

このペースで行けば、今月後半には免許が取得できそうです。
そして来春にはビッグスクーターで阿蘇辺りにツーリングに行こうと計画中です。

Posted at 2012年12月03日 01時56分33秒  /  コメント( 0 )