メインメニュー
2012-09 の記事

【古本屋開業講座in博...

【古本屋開業講座in博多2012】が無事に終了しました。
反省すべき点は多々ありましたが、私的には85点といったところでしょうか。

思えば今年初頭、理事長に「開業講座をやってみてはどうですか?」と伺ったところ、「いいんじゃないですか」と二つ返事をいただき、早速構想を練りました。

先ずは、特別講師に誰を迎えるかですが、迷わず頭に浮かんだ方はエーブック代表の橋本氏。
以前、エーブックさんのブログで組合員勧誘で北海道まで行かれたことを読んでいましたので、もしかしたら来ていただけるのでは、と思いましたが、橋本氏とは1度だけ電話で話し、会ったのも1度だけです。
電話でお願いするのも失礼だろうと思っていた矢先、名古屋で「コショ古書フェスティバル」が開催されることを知り、次世代の即売会の勉強がてら、名古屋へ行きお願いしたところ、快諾いただきました。

早速、博多へ戻り、一部の市場運営員に話したところ、賛同してくれたので、正式に理事長へ開催の旨を伝えました。
そして【古本屋開業講座in博多2012】の企画が動き出し、博多市会が終わってからミーティングをし、ある程度のプログラムが完成しました。

講師は、特別講師としてエーブックの橋本氏、福岡組合からは理事長を含め4名で行うことになりました。
その後は、博多市会が終わる毎にミーティングを重ね、2ヶ月前には一通りのシュミレーションを兼ねたリハーサルも行いました。

8月に入り、受付を開始すると、思ったようには応募者が集まりませんでした。
どうしたものかと考え、マスコミや紙媒体に当たってみましたが、“時すでに遅し”で取り上げてくれませんでした。
そうこうして残り1週間を切っても、来場者へ配るテキストや会場で映すプレゼンテーションが出来上がっていません。
慌てて雪山坊さんと下書きを作り、出来上がったのが前日の早朝。
その日は北九州市会があるため、2時間弱の睡眠を取り、「強強打破」を2本飲み北九州へ。

そしてその夜、当店でプレゼンテーションと照らしながらの最終リハーサル。
と同時にテキストの印刷。
すると30部ほど印刷していたら、文字がカスれてきました。
そうです、トナー切れです。
慌てて量販店に買いに行き、何とか印刷が完了しました。

そして帰宅したのが23時過ぎ。
それからプレゼンテーションの手直しや、なんやかんやしていると4時過ぎ。
4時間程の睡眠をとって、雪山坊さんと合流し、「強強打破」を2本飲んで、空港へ橋本氏を迎えに行きました。

開場まで3時間ほどありましたので、腹ごしらいに博多を代表するラーメン「だるま」に行ってきました。

会場に着いたのが12時過ぎ。
プロジェクターを設置して明るさのテストやマイクのテストなどの準備をしていると開演時間です。

その間に3本目の「強強打破」
そして13時ちょうどに理事長の挨拶から始まり、雪山坊さん、徘徊堂さん、アッサンブラージュさんと進み、特別講師の橋本氏、質疑応答と進みました。

質疑応答では、質問者がいなかったらどうしようと思っていましたが、お陰様で予定時間をオーバーするほどの質疑がありました。
そして、最後は私が挨拶をしちゃいました。

最初は、私の挨拶は予定に入っていなかったのですが、2日前に雪山坊さんが、
「何でクレアさんは挨拶せんと?」と素朴な質問をされました。
“しまった、今頃になって気づかれた”
プロデューサー気取りで、裏方に徹するつもりでしたが、最後の最後に指摘され、閉会の挨拶をさせられてしまいました。

無事に終了して、ホッと一息ついていたら知り合いの方が来られ雑談。

「いい講演でしたね、私も組合に入ろうかなー」って最高の褒め言葉をいただきました。

その後、着替えに帰り打ち上げの会場へ。
打ち上げには、わざわざ広島・長崎・宮崎から来て頂いた組合員さんも参加されました。
その後は、意識が朦朧としてよく覚えていませんが、2次会・3次会と行き、最後はエーブックさんの要望で屋台に寄って帰ってきました。

参加者の方が書かれたアンケートを読むと、殆どの方が「良かった」と書いていただき、10数名の方が「組合に入りたい」と書いていただき、感謝々々です。
また早速、講演を聞きにこられた方が組合に入いられたそうです。

何度も書きますが、組合加入には賛否両論があり、某組合員の意見で「今の博多市会の現状じゃ、組合に勧誘するのは罪じゃないですか?」という言葉が頭に残っていますが、正にその通り。
組合に入るのは自己責任ですが、今後は、組合に入った方が「組合に入ってよかった」と言っていただけるよう、市場運営責任者として博多市会を盛り上げていこうと思っています。

最後になりましたが、名古屋からわざわざお越しいただいたエーブック代表の橋下氏に、改めてお礼申し上げます。
そして、橋下氏のお陰でこれだけ組合員さんが増えましたと、報告とお礼に行きたいと思っています。

Posted at 2012年09月25日 03時37分53秒  /  コメント( 0 )

【古本屋開業講座in博...

【古本屋開業講座in博多2012】の開講まで残り2週間になりました。

開業講座に関しましては、前にも書きましたが、賛否両論があります。
「衰退傾向にある古本業界に新しい組合員を増やしてどうする」という意見です。
しかし、衰退傾向にある時こそ、仲間を増やして大きな組織を作ったほうが得策ではないでしょうか?
古本屋の多くは個人経営です。
一人ではできない大量の買取や、即売会なども仲間が増えれば協力し合って、大型の新古書店にも対抗できます。

また、ヤフオクやAmazonで本を売っている非組合員の方が、
「買取が少なく、本の仕入れが大変です」と嘆いていたので、
「組合に入ったがいいよ」と勧めたところ、
「入りたいんですけどね、入会金が高いでしょう」
と言っていましたが、そうです、入会金が高いのです。
しかし、福岡古書組合には、あまり知られていない「準組合員」という制度があります。
「準組合員」とは、その名の通り、他の組合市会に行ったり「日本の古本屋」で販売することはできませんが、福岡組合の活動には参加できる制度です。
要はお試し入会といったところでしょうか。
取り敢えず入ってみて、良ければ正組合員に移行すればいいことです。

近年は、福岡組合に新しい人が増え、市場や即売会が活気づいてきています。
今後は、即売会や古書店が増えて「古本の街・博多」が定着したら、面白いんじゃないでしょうか。


【古本屋開業講座in博多2012】には、先輩組合員さんも数名、応募されています。
組合員の講演を心配や激励で応募されているかもしれませんが、私も含め、ご自身の営業活動を見直すいい機会じやないでしょうか。
今回は、特別講師として名古屋古書組合加盟、エーブック代表の橋本氏をお招きしています。
橋本氏の活動はブログを書かれていますので割愛しますが、今後の営業活動において参考になるかと思います。

参加ご希望の方は、まだまだ定員に余裕がありますが、13日に理事長の尽力で西日本新聞に掲載が決定しましたので、お早めに応募いただきますよう、お願いいたします。

また、博多市会のtwitterをリツイート頂いた方々、この場を借りてお礼申し上げます、と共に今後も引き続き、リツイートよろしくお願いいたします。

【古本屋開業講座in博多2012】の申し込みはこちらまで。

Posted at 2012年09月09日 03時18分04秒  /  コメント( 0 )