メインメニュー

古本屋のイメージ

先ほど、博多組合員のT書店さんから電話。
「募金は間に合うでしょうか?、まだ送っていないなら立て替えてくれませんか?、次回の市会の時に払いますから」

前回の市会に行けなくて募金ができなく、悔やんでおられました。

「いえ、大丈夫です。次回の市会でも募金箱を置きますので」
「あっ、そうですか、良かったー」

前回の募金箱に1万円札や、今日の電話など。
古本屋のイメージは、仏頂面のオヤジが店の奥で睨みを利かせてる、
あっ、これは私の偏見ではなく、あくまでも一般的なイメージで・・・(;^_^A
ですが、実情は仏頂面は照れ隠しであって、実は人情温かい人が沢山おられます。

朝の忙しい時間にT書店さんからの電話で、朝から気持ちが和やかになりました。

Posted at 2011年03月29日 10時06分06秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*