メインメニュー

5の日と金曜日は市場の重複日

25日金曜日は、福岡古書組合の市会と古物市場の重複日でした。
古物市場には出品がありましたが、当然行く先は古書組合の市会です。

古物市場の出品順の抽選にはスタッフに任せ、私は今回が最後の会場、六本松の大濠会館へ。


今日の出品物は、文庫・単行本からレコード、そして懐かしの蓄音機が出ていました。
来場も、北九州・大分・熊本・佐賀・長崎と遠方からも来られてました。
その中に、私が色々教わった長崎のSさんも来られていたので、雑談をしていたら、
古物市場を見に行きたいな、と言われたので一緒に行くことになりました。

開票も終わり、片付けをしながら東北地方太平洋沖地震への募金箱を見ると、1万円札が。
募金箱は誰の目にも留まるところに置いていたのですが、誰にも気づかず入れられていました。

今のご時世、古本屋も見捨てたもんじゃないな、とチョット安心しました。

市会が終わり、トラックを会社近くの駐車場に停めてSさんと一緒に古物市場へ。

市場の方は、引越シーズンで買取が多いせいか、相場が通常の3割ほど安いようでした。


そして、来月からは新会場での市会です。
告知やテーブルの配置を考えたりと、忙しくなります。
広さも今までの倍近くありますので、出品もお願いせねば、と頭が痛い日々が続きそうです。

Posted at 2011年03月26日 01時48分10秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*