メインメニュー

熊本古書組合の市会でお宝が!

昨日は、熊本古書組合の市会に行ってきました。

場所は2日前に[うっしー]が遊びに行った熊本城の城内にある、護国神社です。

他県の古書組合の市会は、毎月決まった曜日に行われていますが、こちらは二十日会と称し、
毎月、20日に行われています。
また、入札方法も普通は、置き入札といって、置かれている本を見て回り、入札するのですが、
こちらは廻し入札といって、本が目の前を流れてきて、その時に入札をします。

熊本古書組合の市会は、昔の伝統を守る、由緒ある市会と言っても過言ではないでしょう。

朝8時前に家を出て、一度会社へ寄り、そのまま都市高へ。
ところが、大宰府インター手前3キロから、渋滞です。
通常、会社から大宰府インターまで10分チョットでいけるところが、40分。
当然、到着予定時間も遅れ、10分遅刻の10:10でした。

幸いにも、入札が始まったばかりでしたので、問題はありませんでした。
しかし、下見をしてなかった為、法律関係の本の相場が分かりません。

数点の落札金額が公開され、なんとなく相場が分かり、数点を落札することができました。

しかし、数点だったら、わざわざ熊本まで来た甲斐がなかったな、と思っていたら、
なんと[ポパイ]の創刊号から100号までが流れてきました。




それに、創刊時の販促用のポスターが3枚付いています。



当然、落札させていただきました。
これだけで、十分、熊本まで行った甲斐がありました。


会社へ戻り、飯塚のレコード・雑誌が得意のOさんへ電話。
内容と落札金額を伝えると、行けばよかった、と相当後悔していました。

だから北九州市会の時に言ったでしょ、熊本へ行こうって。

Posted at 2010年11月21日 23時16分39秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*