メインメニュー

熊本古書組合 特選市と高速道路の渋滞

今日は朝から筥崎宮の[蚤の市]へ出店です。

今まで、知人が出店していたのですが、今回は出品する商品が少ないので
半分出店してくれないか、ということで初の出店です。

私が出品したのは、CD・CDラック・他アクセサリー類です。
そして結果は、・・・・・完敗です。
売上が出店料にも及びませんでした。

私はフリマのノリで出品したのですが、お客様の層が全然違います。
CDとか見向きもされず、隣のレコードや知人のビデオテープが売れています。
次回10月はリベンジです。

後を知人に任せ一路、熊本古書組合の特選市があるため、熊本へ向かいます。
途中、熊本市内でKさんと合流して昼食を取り、一緒に会場へ。
会場に着くと特選市ということもあり、長崎・大分・鹿児島
それに福岡からは7名ほど来られています。

ここ熊本古書組合の市は、他ではあまりない廻し入札です。
廻し入札とは、本の山が1点々々目の前を流れて行き
目の前に来た商品をその場で見て、入札します。
その為、短時間で入札金額を算出しなければなりません。

店舗販売ではある程度、相場がありますが、ネット販売では日々価格が変動します。
その為、私はipadを駆使して検索しますが、ここ熊本の会場は電波は弱いです。
その為に検索に時間がかかり、入札しようと思った時には商品は向こうまで行っていて
慌てて、入札金額を書いた紙を持って追いかける一幕も。

本日の落札品は通常より少し少なめです。
今週金曜日に、福岡古書組合の市会で大量の本が出品される為、控えめです。

落札品を車に積み込み、会場を出たのが16:30。
ということは、18:00過ぎには家に着く予定です。
ところが、高速へ入るところの案内板に[南関〜八女間 渋滞10km]
案の定、南関インターを過ぎると渋滞が始まります。
止まることはありませんがノロノロ運転です。
原因は事故?、と思いながらも何とか八女インターまで来ると
何事もなかったようにスムーズな走りに戻ります。
多分、豪雨による渋滞ではなかったのでしょうか。

そしてスムーズな走りに戻ったと思ったら、今度は案内板に
[鳥栖〜筑紫野 事故渋滞]

鳥栖ジャンクション手前で渋滞の列です。
そして車は完全に止まってしまいました。
この渋滞を抜けるには相当時間がかかりそうです。

そういえば入札が終わってからの雑談中、福岡のT書房さんが
「今から帰ると、太宰府インターの出口が込むからなー」
それを聞いていた、高速を殆ど走らないS書房さんが
「それじゃ、下(一般道)を帰ったらいいんよ、その方が早いから」
“いくらなんでも、それはない”と思いましたが
まんざら大袈裟ではなかったようです。
この事を、今度の市会で会った時に話すと多分
「そやろう、そやろう」と言って、満足されることでしょう。

そして、今回の2度の渋滞で勉強になったことは、渋滞したら追い越し車線より
左車線を走った方が、早いようです。

Posted at 2010年08月23日 01時55分02秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*