メインメニュー
2010-02

節分

節分

2月3日は節分でしたね。
皆さんはまめまきをなさいましたか?

子供が小さいころは、鬼は外!福は内!と
豆まきをしたものでしたが、
子供が成長してしまい大人だけの生活になると、
豆まきのイベントも遠のいてしまいました。

子育てのころが懐かしく思い出されます。

「節分」の本来の意味は、節を分けるという意味があり、
季節が移り変わるときのことで、昔は立春・立夏(りっか)
立秋(りっしゅう)・立冬(りっとう)の前日をいい年に
4回めぐっていました。

現代では1年の初めにくる「立春」の前の日
=節分=に豆まきをする風習が残っています。

「立春」とは、実は一番1年で寒く、
今日からもうこれ以上寒くなることはなく、
後は徐々に暖かくなっていき、
春に近づいていくという意味で春が立つと名づけられました。


ちようど、このとき日本列島は寒波に襲われ、雪がふりましたね〜。
立春って本当は1年で一番寒い日なんですよ〜。

立春についてのお話は、また次回のブログでお話いたしますね。
☆    ☆    ☆    ☆    ☆

さて、この日は
近くの百貨店の店頭では「恵方巻き」が売られていました。
恵方巻きは丸ごとかじるのが良いそうです^^
最近の恵方まきはバラエティに飛んでいて、
キムチ恵方もお目見えしています。

何かと韓国が近くなりましたからね・・。
テレビでも韓国ドラマは人気があります。そういう私もはまっています。

恵方まきは、もともとは関西発祥の風習らしく、
その年の縁起のいい方角を向いて、
願いごとをしながら丸ごと食べると願いがかなうようです。


今年の恵方は西南西の方角です。
詳しくは こちらを参考にして!!→ http://matsuri.enjoytokyo.jp/setsubun/

この日、水曜日は小田急の友の会時代の生徒さん方と
タロットの研究会だったので、
あわただしくお教室にはいり、
夜遅くに改札前の百貨店により「巻き寿司」を求めました。^^

それで代用したことで「恵方まき」をたべたことにしようっと!!


代官山の母  セレス玲奈

Posted at 2010年02月05日 03時41分23秒

火星の逆行

火星の逆行

昨年12月中旬から火星の逆行がまだ続いており、
ちょうど私の太陽と月のサインにアスペクトを取っているので、
なかなかいろいろと事務的な詐業が捗らない。

まずタロットの通信講座の皆様には、第2段の原稿が遅れています。
ごめんなさ〜い

火星の逆行は3月10日頃まで続きそうです。

火星は単純な言い方をすると行動のエネルギーです。

占星術的な解釈をすると・・・・マグマのように、内にあるものを集め焦点化し、
外へ提示し、働きかけようとします。
この働きは真剣さややる気元気の源で、情熱や警戒心そして怒りなどの感情につながります。
本人の主張や行動をする力です。となるのですが・・・


そこで、火星の逆行はどうなのか?というと
行きつ戻りつする感じとして受け取りやすいのです。

例えば複々線で並んで一緒に走っている場合があります。
車窓から見ていると
速度の速い電車の方が後ろに走っているように感じるときがありますね。
其のたとえと同じ原理で、お空では火星が見かけ上後ろに後ずさり
しているようになるのです。

其のことが私たちの心理的な体験として・・・結論が出せなかったり、
勇気がなかったり、仕事が遅れたり・・・・と感じることがあります。

逆に案を練って練って良いものを作りだす場合、
更に研究や技術に幾度も挑戦する力として利用すると効果的です。^^

火星の逆行を意識して行動するのと、意識しないでただ
勇気がないままにだらだらと行動するのとでは結果が違ってきます。

恋愛もそうです^^
特に男性は告白をためらっている方も多くおられるのでは??


また、ある人は転職がなかなか決まらないとか?
幾度も幾度も面接をし、失敗と感じたら次のチャンスに置き換えることです。

皆さんはこの火星の配置をどのように感じておられますか?
勇気を出してがんばりましょう!!

そういう私こそ!!
やらなければならない作業をがんばって必死に乗り越えま〜す!!
今月の中ごろには新しいブログホームページ
「http://www.daikanyamanohaha.net/]が立ち上がります。
楽しみにお待ちくださいね〜

代官山の母  セレス玲奈

Posted at 2010年02月03日 02時13分56秒

前へ |  1  2