メインメニュー
照景秀の花ハッピーブログ

照景秀の着付おけいこインタビュー     花友禅

  「皆様ごきげんよう

帯締めをしめてお太鼓結びが完了した美美子さんは 浴衣の着方
チャレンジしています。

*お着物が着られるようになって良かったですね。
「はい! ちょっと大人の気分です。」

*ユニークな感想をありがとうございます。 笑笑........。
「もうちょっと上手になったら京都のお祖母ちゃんに写メールしようと
 思っています。」

*まあ 喜んでもらえますね きっと。
 今日はゆかたですね。 浴衣は木綿の素材ですから裾を上手に
 着付ないと歩きずらいし キレイに仕上がらないんです。 
 「なるほどー! ゆかたの布って そういえば今までのと
  違うような感じがします。」

*そうなんです。すべりが悪いのでちょっとコツがいるかもしれませんね。 
 「さっき習ったようにやってみます。裾は足首のくるぶし位のところ  ですよねーー。...........」

集注してお稽古している美美子さんの横顔は確かに前より                            大人っぽい印象をうけた気がします。次に帯結びを
教えるのが楽しみです。

照景秀流きつけ塾 花友禅

Posted at 2011年07月17日 16時30分58秒

照景秀の着付おけいこインタビュー      花友禅

 「皆様ごきげんよう 夏本番 各地のお祭りが楽しみですね。」

 お太鼓結びが仕上がりに近づいている美美子さんは ハリキッテ
 レッスンしています。

*今日やった 帯揚げはキレイに仕上がりましたか
「帯揚げって 適当に結ぶとなんかボリュームだけめだってどうもキレイ
 じゃないですね。 今日習った基本をしっかりマスターします。」

*帯揚げ、帯締めの存在はきもの姿の仕上げの要と言えるんです。
 70点の仕上がりを80点90点に見せる事が出来ますから。
 基本を覚えてレッスンすれば またまた着物美人に一歩近づきますね。
「ワっ!ワアー!楽しみですー!」

*こちらもキレイになってもらって嬉しいです。
 美美子さんはこれからお祭りにお出掛けの予定はあるんですか。
「はい 花火を見に行こうと思っています。あのう ゆかたの帯って
 難しいですか。」

*着物が着られるようになってきましたから 浴衣もご自分で着てみたい
 ですよね。浴衣の帯は半幅の帯を使って 可愛い結び方や粋な結び方が                いろいろあります。美美子さんは初めてなので簡単に結べて
 可愛くてカッコいい帯結びをレッスンしてみましょうね。
「花火に間に合うかなー。 心配です。」

*ダイジョウブ! 美美子さん 一緒に頑張りましょう。
 「ハイ、今日は帯揚げも自分的には少し上達したように思います。」

*よかったわねー。(笑い.......)


浴衣はファッションで着こなす場合は流行で 本格派をめざすなら色数少なく
シンプルがおすすめです。

照景秀流きつけ塾 花友禅

Posted at 2011年07月10日 11時59分21秒

照景秀の着付おけいこインタビュー  花友禅

  「皆様ごきげんよう お元気ですか。」

美美子さんは今週もガンバッテいます。レッスンはおたいこ枕の付け方でした。
 おたいこ枕 <帯を背中につけるための小物>

*美美子さん後ろで枕を付けてみてどうでしたか。
「教えてもらった通りに手を動かしたらスッとつきました。 やっぱり 指先の使いかたや手の動かしかたの効果は大きいですね!」

*ところで今月の所作美のレッスンのお扇子の美しい使い方のおけいこは                    どうでしたか。
「ハイ 優雅な使い方を習えて良かったです。周りの生徒さんがやっている姿
 が スゴク美しく見えました。」

*それは良かったです。今年の夏はお扇子も美しく使えて女子力アップですね。
 私も嬉しいです。


照景秀流きつけ塾 花友禅

Posted at 2011年07月03日 11時11分22秒

照景秀の着付おけいこインタビュー    花友禅

 「皆様 ごきげんよう
    
  美美子さんはのレッスンに入りました。

*美美子さん成人式に着せてもらった時 苦しかったというお話でしたが
 今回 花友禅でやってみてどうですか
「やアー  ビックリです。 胸の辺がすごく楽です。」

*帯を巻きつける時の手足や体の動かしかたはどんな感じですか。
「おもしろいです。 踊りをおどっている感じです。仕草<動作>も
 キレイに見えるなんてカッコイイですね! 」

*高さ 角度 柄位置 を見極めてキュウショをしっかり締めると着物姿
 が垢ぬけますよTPOによって締め分けられるようになると楽しいかなー。
「今のレッスンが出来れば浴衣もただ着るよりカッコ良さがグーンとアップ
 ですね!!。」

*はい!着物美人と呼ばれるその時を楽しみに一緒に楽しくレッスンしましょう
 それから七月の所作美のレッスンはお扇子の使い方になります。お楽しみに!

照景秀流きつけ塾 花友禅 

Posted at 2011年06月26日 11時52分17秒

照景秀の着付おけいこインタビュー       花友禅

  「皆様 ごきげんよう
 美美子さんのレッスンも少しづつ進んで 今回はおはしょりです。
  ( おはしょり...帯下に出る着物丈の余った部分)

*美美子さん お衿のレッスンまでやってみて何か気付いた事はありますか。
 「 エーと そうですね。 長じゅばんをキレイに着ると お着物のお衿も
   キレイに決まるような気がします。」

*それは大切な所に気づきましたね。今日は”おはしょり”の始末ですね。                 {おはしょりの長さを 上下して鏡にうつして見せました。}     

*美美子さんの場合5センチくらいが ベストバランスかと思います。                    鏡にうつったご自分の印象はどうですか。     
「ワー! 本当ですね。見た目の印象がぜんぜん違いますね。 私の場合は5センチ
 くらいでいいんですねえ。ふーん。納得です!」

  身長や全体のバランスを見ておはしょりを決めるとホッソリ効果もアップします。  

照景秀流きつけ塾 花友禅

Posted at 2011年06月19日 11時51分24秒

照景秀の着付おけいこインタビュー     花友禅

  「皆様 ごきげんよう」        
 美美子さんの今週のレッスンはお衿の決め方でした。

*美美子さん 前回の裾の復習をして 今日は お衿の所をやってみましょうね。
  「はい。」 {美美子さんは 先週習った裾を20分ほど練習していました}

*先週より 形が良くなったみたいですね。では お衿を致しましょう。
 お衿は 幅や角度で 首がスラットみえたり 肩のラインに女らしさが演出でき
 ます。苦しくて折角の御馳走が食べられなくなったりしないよう この時の胸ひも
 の位置や 呼吸方も とっても大事なんです。
  「フーン! いろいろなノウハウというか 技があるんですね。」

*はい これからも楽しみにレッスンしてくださいね。
 「私 肩がすこし張っていて首もあまり長くないので 女らしい衿にしたいです。」

*だんだん理想の形に近づけて行きましょうね。お似合いの襟元を目指してネ!

  この時期は 透けない単衣のお着物が基準となります。
照景秀流きつけ塾 花友禅
 

Posted at 2011年06月12日 16時17分12秒

照景秀の着付おけいこインタビュー    花友禅

 「皆様 ごきげんよう!」

最近 新入会されました美美子さんに(レッスン五回目です。)レッスンの感想を
訪ねてみました。

*レッスンされて来てどんな印象ですか。難しい所はありますか。 
    「実は目からウロコです。」

*どういった事ですか。
    「着物の裾(すそ)の作り方をこんなにキメ細やかにやったのは初めて
     です。」

*そうですか。  花友禅の着付では 裾の仕上げをとても大切にしています。
 右手、左手の動き また角度 腰ひもの締め方のコツなど 技術指導はしっかりと
 丁寧にさせて頂いています。ホッソリみえたりも着方次第なんです。不思議でしょ。
                             
 
   ”六月の所作美レッスンは *袱紗の扱い方(慶弔、金封の包み方)です。”

照景秀流きつけ塾 花友禅

Posted at 2011年06月06日 15時54分36秒

“今年も着物でお正月”                花友禅

「あけましておめでとうございます!」
例年の事ですが、五節句の一番目の行事として、お節料理を作って新年を迎えました。
もちろん着物で背筋を伸ばし箸をとれば、一年を乗り切るパワーがそそぎこまれる気がします。

今、手のひらに乗っている宝物、言ってみればやりたいことや大切なもの、欲しいと思っているもの、今見えていなくても、これから見えてくるものを含め、始まった2011年 手のひらにある宝物を見つめて、楽しんで過ごそうと思っています。
皆様、今年もよろしくお願いします!

“明るい陽ざしに幸せが見えます。明るいっていいですね。”

“花ハッピーごきげんよう!”
今日もひも一本で着物をきています。           照景秀
照景秀流きつけ塾 花友禅      

Posted at 2011年01月03日 23時47分44秒

着付でコミュニケーション            花友禅

結婚前にお稽古に着ていたYさんは、関西へ嫁いで行かれました。
お相手の妹さんの卒業式には袴姿をこしらえ、夏まつりにはお姑様に浴衣を着せ“貝の口”を締めてさしあげ、とても喜んで貰えたと知らせてくれました。
数年前の夏、半巾帯で“貝の口”を根気良くお稽古していたYさんの姿を急に懐かしく思い出し、技術がしっかり身についていたことに感激致しました。
クリスマス、お正月と続きますからYさんの着付は、これからも御家族から頼りにされているかもしれませんね。

慌ただしい年の瀬に、「ゆず」をたくさん頂きました。
絞ったり、刻んだりと色々に使っています。
気ぜわしいこの時季に、心をほぐす幸せの香です。

“花ハッピーごきげんよう!”
私は今日もひも1本で着物を着ています。         照景秀
照景秀流きつけ塾 花友禅

Posted at 2010年12月11日 23時49分15秒

”ひもの着付は女らしく美しい”           花友禅

最近、着物を着る姿を撮ったコマーシャルをよく見かけます。
それは、必ずひもを使っての着付です。着付けの経験のない方には”ひもで着る着付”とそうでない着付と何が違うのかしら?と不思議に思うかもしれません。 
何故でしょうか。
”着て行くしぐさ””脱ぐ時のしぐさ”も、共に絵になり女らしく美しいからです。
そのため映画やテレビに使われる映像は”ひもで着る着付”に限られているのです。
これからはじめようと思っていらっしゃる方には、美しく女らしいひもの着付を心からお薦めします。将来技術の面でもきっと役に立つ事でしょう。
一年を振り返り、ひとつでもふたつでも気にかけていた事が解決出来たなら、”今年の幸せ”のひとつに加えたいと思います。誰に言うでもなく「ありがとう」とつぶやいて。

”花ハッピーごきげんよう!”
私は今日もひも一本で着物を着ています。        照景秀
照景秀流きつけ塾 花友禅

Posted at 2010年12月01日 14時11分27秒

前へ |  1  2  3  4  5  6  7  | 次へ