メインメニュー
2011-06-12 の記事

照景秀の着付おけいこ...

  「皆様 ごきげんよう」        
 美美子さんの今週のレッスンはお衿の決め方でした。

*美美子さん 前回の裾の復習をして 今日は お衿の所をやってみましょうね。
  「はい。」 {美美子さんは 先週習った裾を20分ほど練習していました}

*先週より 形が良くなったみたいですね。では お衿を致しましょう。
 お衿は 幅や角度で 首がスラットみえたり 肩のラインに女らしさが演出でき
 ます。苦しくて折角の御馳走が食べられなくなったりしないよう この時の胸ひも
 の位置や 呼吸方も とっても大事なんです。
  「フーン! いろいろなノウハウというか 技があるんですね。」

*はい これからも楽しみにレッスンしてくださいね。
 「私 肩がすこし張っていて首もあまり長くないので 女らしい衿にしたいです。」

*だんだん理想の形に近づけて行きましょうね。お似合いの襟元を目指してネ!

  この時期は 透けない単衣のお着物が基準となります。
照景秀流きつけ塾 花友禅
 

Posted at 2011年06月12日 16時17分12秒