メインメニュー
2011-11 の記事

照景秀の着付おけいこ...

  「皆様ごきげんよう 来週には師走を迎えるせいか 少しづつ
            寒くなってきたようですね。」

  美美子さんは無事同窓会へ行ってきたようです。
  感想を聞いてみました。

*美美子さんお着物でのお出掛けはどうでしたか。電車に乗って
 の移動は初めてでしたものね。

「びっくりでした!  お料理もちゃんと食べられました。笑笑笑.....。」

*なによりヨカッタですね。家に着くまで着崩れとか 苦しいとかありません でしたか。

「まったく無かったです。 着てからだんだんと今日は着物を着ているって                  いう感じがなくなってお洋服と同じ、なんて言うか普段通りだったのには                    驚きだったです。」
 
*伝統のひもの着付はそういうものなんですね。
 日本人は着物で 約2000年程生活してきたんですもの。
 日常苦しかったら暮らせませんよね。(ニコニコ)

あらためて ひもの着付の良さが体験できて
 ハッキリ言ってラッキーでした。」

*そう言ってもらえて嬉しいです。(ニコニコ)
 美美子さんは今日から 着せるほうのレッスンでしたね。
 着せる時も 花友禅ならではのノウハウ
 しっかり生かして着せて行きましょうね。


  12月の所作美のレッスン

  お座布団 の 頂きかたです。

照景秀流きつけ塾 花友禅 

 

Posted at 2011年11月27日 22時41分59秒

照景秀の着付おけいこ...

  「皆様ごきげんよう 急な寒暖の差に驚いています。これからは
            風邪の予防を怠りなくなさってくださいね。」

美美子さんは先週 付下げに二重太鼓 帯留めも飾って準備オーケー
いよいよ同窓会に出かけるようです。

*美美子さん 当日は通常のレッスン時と同じ気持ちで着て行ってくださいね

「どういう事ですか。」

*特別にキレイに着ていこうとか思ったりすると肩に力が入ったり緊張したり
 して思うように着られなかったりするものです。

「平常心って言う アレですね。笑笑笑.....。」

*そうなんです。(ニコニコ)
 美美子さん 次の目標は御家族やお友達に着せてあげたいという事でしたね。
 次回のレッスンから始めましょうね。

 それでは 23日の同窓会楽しんで行っていらっしゃってくださいね。
 また来週お待ちしております。


所作美レッスン好評中
<階段の上り下りは 右手で着物上前の褄(位置は腿の高さ)を
 少し(10センチくらい)持ちあげて歩きます。
 裾の汚れを防ぐことができます。>


照景秀流きつけ塾 花友禅 

Posted at 2011年11月20日 11時09分16秒

照景秀の着付おけいこ...

  「皆様ごきげんよう 11月は 七五三や結婚式などで 週末は忙しく
           お仕事なさった美容関係の方もいらしたようです。」

美美子さんは 同窓会に着て行く付下げを持ってレッスンにみえました。

*今日はお着物もっていらしたのね。(ニコニコ)

「ハイ。 なんか別衿も付けたらって 祖母が入れてくれましたけど
 余分になにか付いたら難しいですか?」

*大丈夫ですよ。 着る前にチョット縫っておきますから
 普通に何時もと同じに着られます。。

「ハーイ! やってみます。」

<美美子さんは 重ね衿を付けて着始めました。>

「ほんとうに いつも通りに着られますね。
 腕が上がってきているのかな?   笑笑笑.....。」

*そうかもしれません (ニコニコ)

<美美子さんの付下げは柿色の紬地に 裾から胸に菊の枝が数本
 たちあがっている手描きのものでした このごろは 紬で 後染めの訪問着や付下げも出ています。
 同窓会 ちょっとしたパーテイー などTPOに合わせて お召しください。>


照景秀流きつけ塾 花友禅

Posted at 2011年11月13日 14時36分59秒

照景秀の着付おけいこ...

   「皆様ごきげんよう 秋の観光シーズン 紅葉など各地へお出掛け
             を楽しまれていらっしゃる様子ですね。
             皆様はいかがでしょうか。

  美美子さんは先週お休みでしたが 台湾旅行だったそうです。

*美美子さん台湾旅行はどうでしたか。

「足つぼマッサージが気持よっかたです。
 だけど それよりヨカッタのは小龍包がおいしかった事です。
 まずは 食べることかなー。花よりダンゴのほうですから。」

 笑笑笑......。

*次はお着物で旅行にいけると またいいですねえ。

「そう思いました。
 とりあえず 11月は同窓会に着ていけるよう頑張ってレッスンです。」

*そうでしたね。 さあ始めましょうか。

「覚えているだろうか?  柄がお太鼓にちょうど良くでるかなー。」

   そう言いながら 美美子さんは帯をしっかり巻きつけ 帯まくらも
   いい具合にお背中に乗せられていました。
   やはり 日頃のレッスンの成果かと感心いたしました。


  今月の所作美のレッスンは好評により ”美しく歩く”のリピートです。

手荷物は左手にまとめて持ち 右手を 身頃の右端腿のあたりに軽くのせて
おくようにして歩きます。(右手が空なら急の時にすぐ使えます。)

照景秀流きつけ塾 花友禅
 

Posted at 2011年11月06日 10時35分44秒