メインメニュー

着付でコミュニケーション            花友禅

結婚前にお稽古に着ていたYさんは、関西へ嫁いで行かれました。
お相手の妹さんの卒業式には袴姿をこしらえ、夏まつりにはお姑様に浴衣を着せ“貝の口”を締めてさしあげ、とても喜んで貰えたと知らせてくれました。
数年前の夏、半巾帯で“貝の口”を根気良くお稽古していたYさんの姿を急に懐かしく思い出し、技術がしっかり身についていたことに感激致しました。
クリスマス、お正月と続きますからYさんの着付は、これからも御家族から頼りにされているかもしれませんね。

慌ただしい年の瀬に、「ゆず」をたくさん頂きました。
絞ったり、刻んだりと色々に使っています。
気ぜわしいこの時季に、心をほぐす幸せの香です。

“花ハッピーごきげんよう!”
私は今日もひも1本で着物を着ています。         照景秀
照景秀流きつけ塾 花友禅

Posted at 2010年12月11日 23時49分15秒