ゼロウォーター(天命水)を使った環境回復型農業や健幸から、地球環境善循環へむけて
2014-02-01 の記事

2014.2/1

 2014年・早くも睦月が終わり、如月にはいりました^^。
この月に入ると、いよいよ今年の種もみ準備になります。

今月中旬には、種もみの温湯消毒の始まりになりますョ。
これは60度のお湯に10分間種もみを浸透させ、バカ苗病などの

病源菌を熱湯によって殺菌する方法です。
中旬からその作業が始まり3月には一週間おきに種まきと並行して

作業を進めます。
そして4月には田植えの始まり・・・老骨にムチ打って気合を入れないと

いけなくなりました〜〜〜^^。
・・・なんて言ってると「何言ってんのよ!・・まだ若いじゃないの!」

なんて言われそうですけど・・・そうなんです白髪になってハゲになっても
農業仲間では、まだまだ若輩者で、どっちかというと若手のホープです^^。

 さあ!そんな昨日は、生涯生き生きと楽しく毎日生活するためにと地区
振興会主催で「元気になる講演会」がありました。

 講師は、バリバリの熊本弁で好評の熊本県立大学 総合管理学部 教授
石橋敏郎先生でした。

ここで石橋先生の元気のひけつをお知らせしておきます。

 その1)自分の体にあった健康づくりに心がけよう。

 その2)老後にはお金も大切である。

 その3)自分の好みの問題と正しいことの区別ができる高齢者になろう。

 その4)頭で分かるだけでなく、実際行動できる高齢者になろう。

     行動する人の足を引っ張らないようにしよう。一番輝いている

     生きがいとはなんだろうか。

 その5)人生は一生勉強だという気持ちをもち続けよう。どんどん外に出よう。

何かご参考になったら幸いです^^。

 * 今日の道しるべ

     人生は今の積み重ね

        今日は24時間の集まり、時間は一瞬の集まりである。

        寝ても覚めても休むことなく時は刻まれていく。「時の刻み

        は命の刻み」。一瞬一瞬に命がかかっているということが爽

        やかに自覚できるか否かで、人生の方向は決まる。

   
      ・・・今日も皆さんに何か良いことがありますように!・・・
    
         (あなたの健幸から地球環境善循環へ向けて!)

               健幸一番楽らく農園


Posted at 2014年02月01日 17時59分56秒  /  コメント( 0 )