ゼロウォーター(天命水)を使った環境回復型農業や健幸から、地球環境善循環へむけて
2012-11-05 の記事

2012,11/4

 私のブログ書きもボケ防止に始めて足かけ3年目になりました〜^^。
今日は「お元気ですか」が届いたのですが・・・・

 ・・・その中にありました〜・ありました^^。
「ボケない脳づくり七つの実験」・・・若い人には関係ないかもしれませんが?

私には超興味あり!・・・です。
そこで何日かに分けてこの「ボケない脳づくり七つの実験」勉強したいと思います^^。

 ボケない実験の仮設

   こうしたらボケないはずという仮説を七つ示すので、検証に参加して
  欲しいということです。いわく、

    「私(加藤俊徳医学博士)は、今、全国民どんな人にもボケない脳の
    実験が必要なのだと考えています。

     そこで、七つのボケない実験の仮説を提案したいと思います。

   *ボケない実験
      積極的に先の予定を立てる人、未来像に向かう自分がある人、
     未来をつくろうという人はボケない

      未来に向けた計画を実行する日をワクワクしながら考えることは、
     脳へのいい刺激になります。海馬は未来の記憶が好きなのです。

   *ボケない実験
      時間を意識して生活する人はボケない(時間の流れを意識して
     [脳時計]を寂れさせない)

      いつも時間の流れを意識して、上手に時間を使える能力のある人
     はボケません。絶えず時間の流れを意識し、何を優先して物事を処理

     すればいいかという順序を考えながら一日を過ごしてみましょう。
     海馬を動かすには時間へのこだわりを持つことです。

   ・・・・・・あしたへ・・・・・

 ● 「易経」一日一言

       驕りは失脚の兆し
         貴くして位なく、高くして民なく、賢人下位に
         あるも輔くるなし。       (文言伝)

          どんなに優れた人でもトップの座に長くいると必ず

         驕りが出てくる。

          社会的リーダーが失脚する兆候として表れるのが、

         人の意見を聞かなくなること。

         いくら賢い部下がいて、意見をしようとも耳を傾けな

         くなり、そのうち自己中心的になって正しい判断力を
    
         失う。

          そうなると人はついて来なくなり、リーダーとは名

         ばかりになってしまう。

          (あなたの健幸から地球環境善循環へ向けて)

                健幸一番楽らく農園


Posted at 2012年11月05日 06時02分28秒  /  コメント( 0 )