ゼロウォーター(天命水)を使った環境回復型農業や健幸から、地球環境善循環へむけて
2012-11-03 の記事

2012,11/2

 今朝の天草は冷え込みましたョ〜^^。
初霜を観測しました。アラヌカのの上にうっすらと・・・。

 以前はこの時期に真っ白になるくらい霜が降りていましたからね〜。
夏秋キュウリを栽培していた頃は、ハウスの中であっても天井に近いところは

霜で葉っぱが煮えていました。
 その頃からするとやや暖かくなってきているようです。

 さて、そんな中新聞に目を通してみますと、売上高38%が下方修正、
景気減速、尖閣問題で中国不振、東証521社3月期決算予想・・・・

・・と、出ていました。
多くの企業が沖縄県・尖閣諸島をめぐり関係が悪化している中国での

販売不振などを理由に挙げています。
 この問題は私たち素人にはよくは分かりませんが?・・・・

・・どちらか気持ちの大きい方がくれてやる?・・・・
もしくは、仲良く2国間で利用するとか?・・何か良い方法はないんでしょうかね。

 つい数年前は中国の若い娘さんたちが田んぼの草取りに来てくれたのですが、
みんなよく頑張ってくれましたョ〜。

 その中の一人はいまだにお手紙をくれたり子どもの結婚式にはプレゼントを
送ってくれたり交流しています。

 争いは崩壊に繋がるし、みんな仲良くすればいい方に繋がって行くんですがね〜。
・・我が家の「仲良しこもち」つき始めましたョ〜^^。

 ● 「易経」一日一言

      君子豹変す
        君子豹変す。小人は面を革む。   (沢火革)

         君子は改革・変革の時に応じて過ちを改め、

        豹のように毛色を美しく変える。

         沢火革の卦には「大人虎変す」という辞もある。

        もっとも見事な変革の完成を表すが、それに感化

        されて周りの人々が次々に「豹変」するのである。

         「君子豹変」は現在では悪く変わる意味で使わ

        れるが、本来は良い方向へ改める意味である。

         一方、小人は心にもないのに顔つきだけを改め

        るといっている。

         (あなたの健幸から地球環境善循環へ向けて)

               健幸一番楽らく農園


Posted at 2012年11月03日 06時22分03秒  /  コメント( 0 )