ゼロウォーター(天命水)を使った環境回復型農業や健幸から、地球環境善循環へむけて
2013-06 の記事

2013,6/30

 天草は今朝も早くから雨模様です。
昨日は何とか外での農作業ができ、残っていた畦草払いを大方

済ますことができました〜。
残りは背負いの刈払機で作業をすることになります。

また、雨の合間の作業になることでしょう。
 さて、昨日のつづきをお知らせしておきます。

「人生は一十百千万」・・の十と百です^^。

  十は、一日十回、腹の底から笑う。
 「絶えず、周りを笑わせよう、と思っていることです。周りが笑うのを見てみると、

  ついうれしくなって、こっちも笑ってしまう。十回くらい楽ですよ」

  百は、一日百回、深呼吸をする。
  いらいら、腹立ちを抑えるためで、

 「まとめて百回と思うと難しいのですが、十回ずつを十回やればええんです」
  横断歩道の赤信号にいらいらせず、深呼吸して待つ。

  エレベーターの「閉」ボタンをせっかちに押す代わりに、深呼吸する。
 「この習慣がつきますと、腹が立ってつい怒鳴りたくなる時も、すっ、と息を

  吸って気持ちを静めることができます」
  おかげで考える時間ができ、風波も立てずにすむ。

  ・・・・これをやっていたらますます健幸になりそうですね〜^^。
      次回へつづきま〜す・・・・

  『ガンディー魂の言葉』

    都会人が農村に帰るとき

     
     都会で暮らしていた人が農村に帰るということは、何を意味するだろう。

     それは、「これから頭脳労働ではなく、暮らしのために必要なありと

     あらゆる労働に従事するのだ」とはっきり認識することだ。

               「マハトマ・ガンディーの精神」

  * 今日の道しるべ

      いつでも人生の一年生

       
       入学式、入社式・・・・。

       緊張と不安の交じった喜びの日を忘れるから、

       少しのことで挫けてしまう。

       常に謙虚に、フレッシュな感覚を磨こう。

         (あなたの健幸から地球環境善循環へ向けて!)

               健幸一番楽らく農園

  


Posted at 2013年06月30日 06時40分46秒  /  コメント( 1 )

2013,6/29

 先日の亭主関白協会の食事会で知り合った友人から素敵な
お手紙が届きました〜^^。

愛読書“読むクスリ„の文庫本から抜粋されたそうですが皆さんにも
数回に分けてお知らせしたいと思います。

   人生は1十百千万
 
  「私は毎日、一十百千万、を実行しようと努めています」
  と三洋電機ソフトエナジー事業本部の中尾義孝さん。

  名古屋鉄道副社長で、名鉄観光サービス会長だった犬飼栄輝さん(故人)が
  1998年秋、ある雑関誌で、

  「明るく朗らかに人生を送るための秘訣は、一十百千万」
   と語っておられるのをたまたま読んだ。

  まず一は一日一回、自分を褒める。
  「夜寝る前に一日を振り返ると、悔いや反省はいっぱいありますが、褒めるよ

  うなことはないものです。だから自分を褒めるのは難しいことなんです」
   だが、反省した後で、こう自分に言い聞かせる。

  「そやけど、あんた、ようやったな」
  そう褒めることで、悔いが消えて元気が出る。

  「明日も頑張ろうと勇気が湧いてきます」

・・・如何ですか・・?私はたまには「よく頑張ったぞ眞志男くん」と褒めること
があるんですが、毎日とはいきませんでしたね〜。

これからは毎日褒めてあげることにしましょう^^。
十と百はこの次のお楽しみに〜・・・・

  『ガンディー魂の言葉』

    都市のごまかしは通用しない

     
     もし、あなたが村の発展のために、何かの計画を提案したとする。
 
     その計画の中に、わずかでも詭弁と、数字のごまかしがあれば、そ

     れは直ちに村人たちに暴かれてしまうだろう。

     村人達の都市経済の常識に曇らされていない、透明なまなざしは厳

     しい。村の発展のために必死に努力する人々に、おざなり計画は通

     用しない。

                 「マハトマ」

  * 「今日の道しるべ」

      真に正しいことは、まず己が
        救われ、人も救われること

       
       是非善悪の根拠がわからなくなり、世の中に道徳の荒廃が広

       がっている。「自他共尊」こそが真に正しい。明朗愛和の実

       践が正しいのは、自他共に救われるからである。

        (あなたの健幸から地球環境善循環へ向けて)

              健幸一番楽らく農園


Posted at 2013年06月29日 06時24分43秒  /  コメント( 10 )

2013,6/26

 梅雨に入ってからそれほどの雨量はなかったのですが、
昨日はかなりの雨量に達したようです。

水田の樋門の役目も仰せつかっていて、昨日はその作業で大忙しでした。
排水のところに一杯木切れや草刈りした雑草などが流されてきてそれを

取り除く作業です。妻にも手伝ってもらい二人での作業でした。
午後には雨も上がり水田の冠水には至らず稲さん達は大丈夫でした^^。

 先日お知らせしましたが「6・26水害」から今日が丁度60年です。
今日の新聞では、熊本で一日に200ミリ以上の大雨が降る日数が、20

世紀初頭の3,7倍に増えていることが、福岡管区気象台がまとめた「気候
変動監視レポート2013」で分かった。・・・と、それに九州・山口でも

熊本が顕著だそうです。はっきりした理由はわかっていないけども、短時間に
集中的に降る雨に注意を!・・・ということです。

これから7月にかけてが梅雨本番で大雨になるかもしれません。
お互いできるだけ被害を受けないように注意してみましょう。

お気を付けお過ごし下さい。

  『ガンディー魂の言葉』

     誇り高き村の働き手になれ

       
       品行方正とは言いがたく、まともな家庭を営んでいない人は、

       村の働き手に与えられる特権と名誉を求めてはいけない。

       村の働き手になるということは、それだけ責任のあることな

       のだから。

                 「マハトマ」

   * 今日の道しるべ

       言葉は生き物である。
          つかう人によって変わる

        
        言葉には魂が宿るとされてきた。つかい方のよって、言葉は

        祝いにも呪いにもなる。たとえ話しぶりは拙くても、嘘のな

        い心から発せられる言葉は、相手に深く一直線に響く。

         (あなたの健幸から地球環境善循環へ向けて!)

               健幸一番楽らく農園


Posted at 2013年06月27日 06時22分52秒  /  コメント( 1 )

2013,6/24

 22日から23日と福岡天神のアクロスにて講演会でした。
22日が亭主関白協会で天野会長の講演会・23日が村津歯科クリニック

村津和正先生の講演会と連日で勉強させて頂きました。
それぞれお二人とも素晴らしいお役割をお持ちのようです。

天野会長は夫婦円満で世界を変えよう!・・・また村津先生は
「歯があるのがあ当たり前の社会をつくりたい」という・・・

カミアワセ・他、歯の治療によってによっていろんな難病奇病を改善
されています。国内にいる歯医者さんが10万人だそうですけど、その

先生方が同じような治療ができるようになると医療費が半減するでしょう
と言われています。これにはわたしも応援したですね〜・・

わたしはZW利用の環境回復型農業によってバランスの良い最高の農産物
を消費者の皆さんに提供することによって食の改善・健康に繋げる。

そしてそれが医療費の半減につながるという・・・
何れにしても日本はみんなが健康になって医療費がいらないようにしないと

・・・お医者さんと薬屋さんの仕事がなくなっちゃうか〜〜。
そうそう、お仕事がなくなったら環境回復型農法のお米作り全国で展開して

もらう事にましょう^^。
みんなが健幸!・・・・これがやっぱり一番だな〜〜〜^^。

  『ガンディー魂の言葉』

    生き抜くために手に技をもつ

     
     農村に暮らすすべての若者は、生活に根差した実践的な生産技術と

     その知識を身につけるべきである。

     さまざまな道具を使いこなし、畑仕事はもちろん、大工仕事も手掛ける。

     巧みにのこぎりをひき、家も自分で建てる。

     こうして手にいくつもの技をもった若者は、どんな逆境にあっても生き

     抜くことができるだろう。そんな技術と知識が、村の暮らしの中には豊

     かに眠っているのだ。

               「マハトマ・ガンディーの演説・小文集」

   * 今日の道しるべ

      宇宙は進んでやまぬ。
           人生は不断の創造

       
       時は一刻も停滞しない。昨日は二度と帰らない。進むとは新

       しくなることだ。一瞬一瞬が常に初めての局面とは、なんと

       面白いことか。今日はどんな創造の喜びを味わえるのだろうか。

         (あなたの健幸から地球環境善循環へ向けて)

               健幸一番楽らく農園


Posted at 2013年06月25日 00時40分14秒  /  コメント( 0 )

2013,6/22

 心配されていた台風4号は、昨日の朝9時には九州の西海上で
温帯低気圧になり、夕方になって少し風が出てきた程度でした〜。

大きな被害にならないで良かったです^^。
今朝の新聞を見てみますと「6・26水害から60年」という

記事が載ってました。
この水害は、1953年(昭和28年)丁度私が生まれた年です。

熊本県災異誌によると水害や土石流で563人が死亡・行方不明となり、
8367戸が流失・全半壊。白川の橋は大半が流出した。・・・

・・となっています。
気象もかなり変化してきています。いまインドでは大変な豪雨に見舞われ

大きな災害が出ているようです。
天草ではまだそれほどの雨の量はないようですがこの後から7月にかけての雨が

結構な雨量になるのではと懸念されます。
わたしたち人間も作物も水がないとどうにもならないので「恵みの雨」と

捉えられる程度の雨量で済んでもらえると助かるのですが・・・
・・これは人間の勝手というものでしょう〜^^。

マッ!・・・ 
自然にお任せし不足不満を言わず喜んで受け入れることにしましょう^^。

それに今日から明日まで今度は福岡出張です。
帰ってきてからまたご報告しま〜〜す^^。

  『ガンディー魂の言葉』

    村の自立に必要なこと

     
     村の経済が自立するためには、何よりもまず、村人のつくる農産物や

     手工芸品が、村外の市場でも通用する価値をもつ必要がある。村が豊

     かになるにつれて、村の産業を支える優れた働き手が次々に育ち、さ

     らには詩人、画家、工芸家といった芸術家が、そして言語学などのさま

     ざまな分野の研究者も育っていくだろう。そうなれば、村で生きていく

     のに必要なものは、すべえて村でまかなうことができるようになる。村

     は今でこそ荒れ果てて、塵芥の山と化しているけれど、明日には美しい

     花園となあることも夢ではない。

                「バーブー物語」

  * 今日の道しるべ

      自由とは、
        すなおな心に帰ること

       
       ふんわりとやわらかで、こだわりも不足もない澄んだ心が

       純情である。この心に帰ってこそ、思うままに振る舞っても

       世の中のルールからはずれない、真の自由を生きられる。

         (あなたの健幸から地球環境善循環へ向けて)

               健幸一番楽らく農園


Posted at 2013年06月22日 06時21分40秒  /  コメント( 3 )

2013,6/20

 昨日は土地改良区の総会で午前中お休みだったはずが
一日お休みになってしまいました〜^^。

・・・というのも総会の議長だったもので役員さんの昼食に
お誘いを受け一杯になってしまいました〜^^。

お陰さまでゆっくりと休ませていただきましたョ^^。
 さて、今朝の農業新聞を見てみると「万象点描」のコーナーで

東大大学院教授の鈴木先生が書いていらっしゃいました〜
・・・「目先の利益だけを追う政治」・・・・

 ・・・阿部晋三首相の「10年で農業所得倍増」計画にはあきれる。
これにかぎらず、最近の様々な政策目標は、ほとんど根拠のない

アドバルーンで、あまりにも空虚な言葉が踊っていいる。TPPを
受け入れようとして、所得倍増とはどういうことか。・・・

この先生の掲載を読ませて頂いたのですが・・・全く同感です。
原発事故で福島がああいったことになりまだ解決もできず放射線は

出しっぱなしという現実にも関わらず、この危なっかしい原発を海外に?
我々にはとても考えられません。・・・それこそ目先の利益だけ?

阿部さんの奥様は原発には反対らしいのですが・・・
奥様にもう少し全うな方向へタズナを引いてもらえないものか・・・

この星の子どもたちの子どもたちのそのまた子どもたちのことを
もう少ししっかり考えてほしいものです。

  『ガンディー魂の言葉』

     自給自足から始まる非暴力社会
       

       わたしは断言する。

       真の非暴力社会を実現できるのは、巨大産業社会などではない。

       それが実現できるのは、自給自足の仕組みが整った、村社会で

       ある。

              「ハリジャン」1939,11,4

  * 今日の道しるべ

       食卓は、一家だんらん、
               愛和の中心

        
        食卓に並んだご飯や料理は、生命の糧となるだけではない。

        その温もりが家族の心を和め、癒し、絆を強くする。愛情

        を傾けて料理し、感謝を込めて頂戴しよう。

          (あなたの健幸から地球環境善循環へ向けて)

                健幸一番楽らく農園


Posted at 2013年06月20日 21時51分07秒  /  コメント( 10 )

2013,6/19

 梅雨入りはしたものの空梅雨らしくあちこちで
水不足が懸念されてますね〜。

ここ天草でもあまり強い雨はないようです。
だけど今日は少し降りましたョ。田んぼの方は丁度干し加減で

良い頃ですから問題はないんですが・・・・
台風4号発生・どうやら北上してきそうです。

 さて、いま農園では畦草の払い方です。
今年は新たなモアーを導入したこともあり雇用なしでジイジが一人でやってます。

歩数計を見てみると15000歩余りです。
モアーのバランスを取りながらの15000歩ですので結構老体に負担が

かかっているようです^^。
だけど今日は土地改良区の総会で午前中はお休みです。

鋭気を養い次に備えたいと思います^^。
ヨッ!ジイジ顔晴れ〜〜〜^^。

 『ガンディー魂の言葉』

    農村回帰とは村の恩恵に気づくこと
     

     「農村に帰ろう」と叫ぶのは、時計の針を戻すことだという人がいる。

     はたして本当にそうだろうか?

     わたしは都会人に、村に移り住めと言っているわけではない。

     そうではなく、村から受けている恩恵を正しく評価し、村の存在意義を

     知って欲しいのだ。

     先ずは都会に住む人に尋ねたい。

     あなたは地方の村でつくられているものを、いっさい使わず、いっさい

     食べずに暮らすことができるのか?

                 「ハリジャン」1934,12,7

  * 今日の道しるべ

      子は授かりもの、預かりもの

        
        わが子を天から預かったからには、慈しみ育て、時に厳しく

        叱り、祖国の文化を伝え、一人前にして巣立たせるのは親の

        務め。無限の喜びという、代えがたい報酬をもらって。

         (あなたの健幸から地球環境善循環へ向けて)

               健幸一番楽らく農園


Posted at 2013年06月19日 05時41分19秒  /  コメント( 0 )

2013,6/17

 6月16日・全国的に「父の日」でした〜^^。
子ども達からはそれぞれプレゼントを頂き・・・ありがとう〜^^。

私自身が父に日がいつなのか?この辺は無頓着なので・・・
これ何?・・・と聞いてみると「父の日のプレゼント」ということで。

まっ!子どもたちの心配りには感謝でございます。
みんな・・・ありがとう・・ね^^。

 さて、申し遅れたのですが嬉しいお電話がありましたョ^^。
先日伊勢へ行った時に古代米のブレンド米「五福米」をお土産にお配り

して頂いたたのですがその時「とてもエネルギーの高いお米です。携帯をお米の
上に乗っけるとバランスを良くしてくれます」というお話しをしていたのですが、

お一人の方からお電話がかかってきました〜。
その道の研究をされておられるそうで、「お米の上にペットボトルを乗せて

みたらペットボトルが変わっちゃいました〜」というお知らせのでした。
分かって下さる方がお一人でも居られ嬉しい限りですね〜。

お米のご注文まで頂きました。ありがとうございま〜す^^。
これからもより精進して元気なお米作りますョ〜。

 『ガンディー魂の言葉』

    村のもつ新たな価値のために

     
     今日の都市の便利で豊かな暮らしを支えているのは、地方の村である。

     そのために村の富が都市に奪われ、村は荒廃の一途をたどっている。

     このように都市が村を食い物にするのは、社会組織化された暴力である。

     次の時代のために、わたしは強く訴える。

     これからは、都市が村の発展のために力を尽くし、村の側に、そのもつ

     価値にふさわしい地位を与えなくてはならない。

                  「ハリジャン」1940,1,20

  * 今日の道しるべ

      未来のことを知りたいと
         思うのは浅知恵である

        
        結末を知らないからこそ、人生は無限の深みをもち、希望を

        抱いて歩いて行ける。太陽の下、「堂々と、実力で未来を切

        り拓く」という気概をもって、前向きに生きてゆこう。

         (あなたの健幸から地球環境善循環へ向けて)

               健幸一番楽らく農園


Posted at 2013年06月17日 07時10分32秒  /  コメント( 0 )

2013,6/15

 おはようございます^^。
今朝の天草は雨になりました〜。

12日〜13日と「2013国際食品工業展」へ出かけてきました。
昨年から行き始めたこの工業展も新たな種の取得と出会い等大きな

収穫があり、今年もまたいろんな情報収集、友人知人との再会・
夜には若い人たちとの食事会と有意義な2日間でしたョ^^。

セミナーでは昨年、種になるお米を分けて頂いた方ともお会いしお礼を
申し上げることができました。今年収穫ができたら天草でできたお米を

お送りしたいと思います。
また仙台の友人とも待ち合わせをして1時間余りでしょうか?お話しを

することができました。若い人たちとの食事会は今年から出展された三重の
(株)FFCジャパンで2004年に取り組んだ海の浄化事業を応援して

頂いたところの若い社員さんです。
こういった若い人たちとの一杯もこちらが鋭気を養うことができました〜^^。

「また来年もやろうョ!」・・ということになったのですが?^^。
メインのお菓子製造の味付けについてもいろいろありましたね〜。

でもどれも手が届きそうにない高価な物ばかりで・・・
検討に検討を重ねなければなりません^^。

輸出に関することもなかなか簡単にはいかないようです。お米に関しては
60キロ9千円から1万円くらいでないと取引はできないようです。

こうしてみると零細農家はどうにもならない・・・という感じです。
今、日本には40万haの荒廃地がありこの農地はいわゆる作付がしにくい

小さな田んぼや畑・棚田といった具合なんですが、作付しやすい平地の農地は
宅地化や商業地となっているようです。その農地が140万haだそうです。

飛行機の上から見ても平地のいいところは皆建物が建っていますから・・・?
どこに向かおうとしているのかニッポン・この星は・・・・。

そんな感じすら受けてしまいます。
何れにしても私のお客さんだけには本物の中の本物のお米を届けられるように

努めてみましょう!・・目標は地球環境善循環へ向けてですから・・・
さあ〜!今日はこれから畦草払いです。頑張りま〜〜す^^。

  『ガンディー魂の言葉』

     資本主義はいつか滅びる

       
       現在の世界の、経済戦争という暴力の先に、私は資本主義の終末を

       見る。なぜならば、いまあるものが永遠であるはずがないからだ。

       わたしたちの肉体が、ほんの束の間の命しか持っていないように、

       物資がつくる世界も、束の間の存在でしかない。

       このことを忘れないようにしよう。

           「ハリジャン」1942,2,1

  * 今日の道しるべ

      愛情をもって人に向かえば、
         人ことごとく我が友である

       
       友情は培うものである。ただ受け身の姿勢でいても、友情は

       深まらず、友人も増えない。だれにも「善さ」がある。それ

       を見つけて親しみを示せば、万人が我が友となる。

          (あなたの健幸から地球環境善循環へ向けて)

                健幸一番楽らく農園


Posted at 2013年06月15日 07時19分51秒  /  コメント( 10 )

2012,6/12

 おはようございます^^。
梅雨に入りながらも昨日は良いお天気でした〜^^

昨日は留守中のお米の精米と真空パックの袋詰めの一日でした。
・・というのも今日からはビッグサイトでの国際食品工業展へ行って来ます。

美味研究会のセミナーもあるものですからまた情報収集をしてきます。
仙台から他の用事で見えるお友達(お客様)ともお会いする予定です。

帰ってきてからご報告します。
帰りは明日遅くになりま〜〜す^^。

  『ガンディー魂の言葉』

     ローカルな家内工業を発展させよ


      わたしは、どの国も同じように巨大産業をもつことで発展すべきだとは

      思わない。アジア・アフリカ諸国などではなおさらである。

      これらの国々が世界に対して果たすべき義務は、現地の暮らしを支える

      家内工業を発展させ、世界と協調することによって、簡素であっても品

      位のある生活を営むことである。

               「ハリジャン」1946,9,1

  * 今日の道しるべ

      スタートを切らなければ、
         決してゴールには入らない

       
       スタートラインに立って、まず動こう。決心して行動しよう。

       動かなければ少しも変わらない。動けば何かが変わってくる。

       断固として進めば道が拓け、ゴールも見えてくる。

        (あなたの健幸から地球環境善循環へ向けて)

              健幸一番楽らく農園
 


Posted at 2013年06月12日 05時35分45秒  /  コメント( 0 )

 1  2  | 次へ