ゼロウォーター(天命水)を使った環境回復型農業や健幸から、地球環境善循環へむけて
2012-05 の記事

2012,5/30

 田んぼの溝切り作業3日目。
草を取りながらの作業になって、やや手間取っています^^。

何とか後1日かかると終わりそうなんですが?・・・その他の作業が
出てくるもので・・・私たちの農作業は、お天気次第で作業が変わってきます^^。

チョット早いのですが雨前にはジャガイモの掘り取りが待っています。
お天気の様子次第ではそうなるのかも?・・・しれません。

 さて、「万人幸福の栞」おさらいです。

第3条 運命は自らまねき、境遇は自ら造る  (運命自招)

   「各人の運命は各人の手中にあり。」

   したがって境遇も、あらかじめ、そうしたさだめがきまっていて、その中
 
   には入って行くのではない。その人の心の通りに、境遇の方が変わるのである。

    よわり目にたたり目、泣き面に蜂、心がうちしめれば、その環境は、梅雨

   時のように打ちしめり、かつ然として心がうち開ければ、天地一碧、ようよう

   たる大宇宙がうち開ける。

    運命を開くは己である。境遇をつくるも亦自分である。己が一切である。

   努力がすべてである。・・・やれば出来る。

 ● 「易経」一日一言

      中 庸

        「中庸」は、囚われなく、その時に適切な」という意味。

        行動に出るべき時には出る、控えるべき時には控える。

         自分の地位や立場が危うくなろうとも、進むべき時であれば

        進み、退くべき時であれば退く。時には嘆き悲しみ、時には喜び、

        時には烈火のごとく怒る。

         軋轢を避け、波風を立てないように、常にほどほどの加減を

        保とうとすることが中庸の精神かというと、そうではない。

          (あなたの健幸から地球環境善循環へ向けて)

                健幸一番楽らく農園


Posted at 2012年05月31日 05時21分25秒  /  コメント( 1 )

2012,5/29

 「人生には無駄な時間などないというが、実はたった一つだけある。
それは探し物をしている時間だ」・・・

ビジネスマンが、書類など探し物に費やしている時間は、年間150時間
なのだそうです。一日の勤務時間を8時間とすると、一年のうち約一カ月は

探し物をしている計算になる。・・・とのこと。
この無駄な時間をなくしていけば、コスト削減、売上アップに

つながるというお話し・・・です。
物をなくす原因は一つ・・・片付いていないという・・机の上・引き出しの中・

書棚・パソコンの中・そして頭の中が。
イヤイヤ・・まさに私のことを言ってもらっているような^^。

最近、頭の中がヘンカしてきているようで探し物を取りに行って・・・
何を取りに来たかを忘れることがありま〜〜す^^。

私も片付けに挑戦してみないと^^。

 さて、「万人幸福の栞」おさらいです。

第2条 苦難は幸福の門  (苦難福門)

     人が恐れきらっているのは苦難である。中でも病気、災難、貧苦・・

    世に少しの苦しみもないという家はまことに少ない。必ず何か一つ、

    「これだけが片付いたら」と念じている「困ったこと」がある。

    これが今までは「ただ困ったこと」であった。・・・・

    ・・・・しかし今や、百尺竿頭さらに一歩を進めて、苦難は、生活の

    不自然さ、心のゆがみの映った危険信号であり、ここに幸福に入る門

    があることがわかってきた。

    生命に生きぬく門は、狭い、入りにくい、また苦しい、痛い、みにくい。

    それがひどければひどいだけ、しっかりと足をふみしめて、門のとびら

    を強く押し開こう。
 
     にっこり笑って、エイと一声――かけ声勇ましく、固い扉を押し開こう。

    その奥には光明、歓喜の世界がまっている。

     苦難は幸福に入る狭いもんである。

 ● 「易経」一日一言

      生命力

       庶物に首出して、万国ことごとく寧し。
                      (乾為天)

        生きて、成長していく力は、人間のどんな能力にも特出して

       優れたものである。

        この力によって、個々の人間、動植物は活かし活かされ、営み、

       安寧に成長できる。

        その力は天(乾)の働きによってもたらされるもので、地上の

       生きとし生けるものの根源になっている。我々一人ひとりにも、

       生命力として与えられ宿っている力である。

         (あなたの健幸から地球環境善循環へ向けて)

               健幸一番楽らく農園


Posted at 2012年05月30日 06時48分42秒  /  コメント( 0 )

2012,5/28

 農水省から2030年販売農家予測が出ました。
それによると日本の販売農家数が2030年には58万戸と、

20年間に64%減るとの将来予測を明らかにしました。
販売農家の経営主の平均年齢は71・7歳に達すると推計。

・・・販売農家数はここ20年で激減ということです。
今日は新和町の認定農業者の総会があったのですが、当然のことながら

ここでも激減。天草管内でもこの会を解散したところも出てきました。
ここ新和もその方向で今年いっぱいで?・・・

・・是非存続をという希望はだしておきましたが?・・・
とてもじゃないですが自給率の向上は望めないかもしれません。

 さて、「万人幸福の栞」おさらいです。

第1条  今日は最良の一日、今は無二の好機 (日々好日)

       今日一日、これは光明に輝き、希望に満ち満ちた、またなき

      良き日である。今日しなければ、何時その日が廻って来よう。

      今日をとりにがす人は、一生をとりにがす人である。

       「気付いた時、気がるに、喜んでさっと処理する。」

      「気づくと同時に行う。」――これは成功の秘訣、健康の秘法

       である。ずぼら者、ぐずつく人、これは皆「今」をとりにがす人。

      光陰矢のごとし。思い立つ日が最上吉日である。

   文言の内容はピックアップしてお知らせします^^。ご参考までにどうぞ^^。

 ● 「易経」一日一言

      来るべき日のために

        時に及ばんことを欲するなり。 (文言伝)

         機が熟し、時がみちた時に過不足なく相応の実力を

        身に付けていることを目指し、日々邁進する。

         一日一日の積み重ねが、来るべき時の成功を約束す

        るのである。

         (あなたの健幸から地球環境善循環へ向けて)

               健幸一番楽らく農園


Posted at 2012年05月29日 05時47分52秒  /  コメント( 3 )

2012,5/27

 田植えが早かった水田は、今日から溝切りに入りました〜。
この作業は田んぼに溝切り機で溝を上げ、田んぼの水を流し田んぼを

乾かすという目的のためにする作業です。
約4割位はする事ができました^^。

 後は、もう少し経ってからこの作業をすることになるでしょう。
今年はお天気も良くお陰さまで今のところ順調で〜す^^。

 さて、昨日お知らせしていた「万人幸福の栞」のおさらいについては、
昨年の「幸せになるための366話」とほぼ同じになってしまいますので、

詳しい内容については「易経」が終わった来年からにします。
今回はポイントと17ヶ条だけのお知らせとします。

 総合的な「万人幸福」の基本はこちらです。

常に正しい

 この新しい絶対倫理は、何時、何処で、誰が行なっても、常に正しい、
皆幸福になれる「万人幸福の道であります。これをつづめてみると、

     明 朗    ほがらか

     愛 和    なかよく

     喜 働    よろこんではたらく


ことの三つであり、今一歩おし進めてみますと、

     純 情    すなお

の一つになります。ふんわりとやわらかで、何のこだわりも不足もなく、
澄み切った張り切った心、これをもち続けることであります。

明日から17カ条の文言を数回にわたってお知らせします^^。

 ● 「易経」一日一言

      人の心の動きを見よ

       天地感じて万物化生し、聖人人心を感ぜしめて、天下和平なり。
       その感ずる所を観て、天地万物の情見べし。  (沢山咸)

        天地は互いに交感して万物を育成し、聖人は人を感動させ、

       天下に和平をもたらす。

        たとえば、ある人がどのような人や物事に感応し、何に感動

       したかを知れば、その人の心情を把握することができる。これは

       物事も同じことで、人や物を見る場合の一つのコツである。

        沢山咸の「咸」は感応・感動・交換を意味し、人の心を動か

       すことをいう。

         (あなたの健幸から地球環境善循環へ向けて)

               健幸一番楽らく農園


Posted at 2012年05月28日 06時51分23秒  /  コメント( 0 )

2012,5/26

 今日は、午後7時から「おはよう倫理塾」の会場で
6月17日にある「天草支部設立式典並びに記念講演会」の

リハーサルがありました^^。
今の支部長に誘われて勉強を始めたのが20歳の時ですから

かれこれ来年で40年ですよね〜〜^^。
振り返ってみるとホントに早いもので・・・

「光陰矢のごとし」・・・われわれの先輩はいい事を言っておられます^^。
私は、その会での役職は皆さんにお譲りしたのですが、この支部長だけは

代役がいませんので現支部長に「逝くまでやりましょう!」ということに
決まりました^^。・・私の勝手で・・・^^。

高校の頃からその勉強をされている方でとても素敵な方なんですよ^^。
・・・そういう事になるでしょう^^。

以前お知らせしたことはあったのですが、皆さんがより幸せになられるように!
・・・またおさらいでお知らせしていきましょうか^^。・・・少しづつ・・^^。

「万人幸福の栞」・・み〜〜んなが健やかで幸せに!楽しい人生を!・・
・・健幸一番楽らく農園の願いです。

明日からまた、お さ ら い・・・はいりま〜〜す^^。

 ● 「易経」一日一言

       黄 矢

        田して三狐を獲、黄矢を得たり。貞しければ
        吉なり。           (雷水解)

         「田」は日常で必要な物を作り出す場所。会社では

        利益を生み出す現場にあたる。

         田を荒らす悪い狐三匹を捕えたが、うまく射止めた

        ために矢が手元に戻ってきた。「黄矢」とは「黄色の矢」。

         これは悪人を狩るのに中庸の精神で行ったという意味

        である。狐は問題の根元である悪人を指すが、これを捕え

        て問題を解決するには、「罪を憎んで人を憎まず」の精神

        で行うことだと教えている。

          (あなたの健幸から地球環境善循環へ向けて)

                健幸一番楽らく農園


Posted at 2012年05月27日 06時34分15秒  /  コメント( 0 )

2012,5/25

 このところお天気続きでやや水が不足して来ていたのですが
今日は「良かウリでした〜^^」・・・と丁度良い雨が降った時に

天草ではこう言います^^。
そんなには降らなかったのですが、田んぼの水が水口を超えて流れる

位は降っていましたから丁度よい雨量だったようです^^。
 さて今日も午後からの農業委員会、加えて夜は九電との質問に対する

公開回答会、新たな原発は出来ないと思うのですが近くにある「川内原発」
を廃止する為の公開回答会になってきました。

仮にこの川内原発が福島のように事故を起こした場合、天草は一部が
50膳内に入りますのでどうにも危険な地域ということになります。

 今朝、ラジオを聞きながら熊本から帰って来たのですが、そこでのお話しが
日本は温泉が多いこともあって地熱発電が安全で有効のようです。

ただこれまでは、温泉旅館等への影響を考えあまり進んでなかったようですね。
今後はその辺の影響が出ないような地熱発電を進めていければと思いますが・・・。

「専門家の方々、どうぞ子々孫々に繋げられるような安全な発電設備を
造って下さい」・・・と、希望します。

 ● 「易経」一日一言

      いたずらに凶を忌み、脅えない

        吉凶とはその失得を言うなり。  (繋辞上伝)

        吉は良い事が起き、凶は悪い事が起きるというのが

       一般の解釈だが、吉凶を受動的にとらえると、時の変化に

       翻弄される。

        吉とは正しい道を得る、凶は正しい道を失うこと。

       春に種を蒔けば実りを得るし、冬に種を蒔けば実りを失う

       といいうことだ。

        結果を得るか失うかという能動的視点に立ち、対処を

       探求して努力邁進するならば、「災い転じて福と為す」道も

       見いだせる。

        易経を学んだ人々は、「いたずらに凶を忌み、脅えなく

       なった」という。

         (あなたの健幸から地球環境善循環へ向けて)

               健幸一番楽らく農園


Posted at 2012年05月26日 07時38分01秒  /  コメント( 0 )

2012,5/24

 ご婦人方の田んぼの草取りは今日で何とか一通り
片付けて頂きました〜^^

 ホントに感謝・感謝で〜〜す。
このご婦人方のお陰で気になっていた田んぼの草取りも終える

事ができましたからね〜。
後は除草機の油漏れを修理してから次のガス抜き除草に

かかりたいと思っています^^。
 今日の私はというと午前に農産部会の役員会、

午後からは環境保全型農業研究会の幹事会で阿蘇の東海大学まで
出張でした^^。

終わってからの交流会はというと・・教授の自宅にて午前様でした〜^^。
いや〜〜若い頃は良かったのですが最近では午前様はしんどいで〜す^^。

 さてさて、みやざき中央新聞の太字のみをご紹介しておきます。

 * 結婚式の招待状は、大切な人に来てほしいから
             自分達の想いを伝える文面に!

 * 全ての子供に備わっている潜在的な可能性は、いつ、
              どうやって開花するか分からない。

 * ワクワクしてますか〜〜?
     失敗しても、その失敗があるから何かがやれているんだ。

 * 米と大豆を育てた子は「食」に「ありがとう」と言うようになる。

  ・・・・というようなことでした〜。

 ● 「易経」一日一言

      疑心暗鬼
       睽きて孤なり。豕の塗を負うを見、鬼を一車に載す。
       先にはこれが孤を張り、後にはこれが孤を説く。
                             (火沢睽)

        火沢睽は背く、疑う時を説く。「睽きて孤なり」は、背いて
     
       逃げて孤立すること。

        「豕の塗を負う」は泥だらけの醜悪な豚。「鬼を一車に載す」

       は化け物が車に乗っている様。弓で射ようとするが、よく見れ

       ば錯覚と気づき、疑い晴れて弓を捨てる。

        猜疑心と思い込みから被害妄想に陥り、恐れるほどに忌み嫌う。

       まさしく疑心暗鬼の構造である。

         (あなたの健幸から地球環境善循環へ向けて)

               健幸一番楽らく農園


Posted at 2012年05月25日 11時10分29秒  /  コメント( 0 )

2012,5/23

 今日からまた残りの草取りがご婦人方の応援で始まりました^^。
私の除草機押しの後を取ってもらっています。

約7割はタニシさんの応援で除草は済んでいるのですが^^。
残り3割はやはり人間除草が必要です^^。

 その草が残っているところにはタニシさんを拾って来ては入れ、
拾って来ては入れ・・・来年は苗までもタニシさんに食べられてなくなるかも^^。

 さて、いつものようにみやざき中央新聞が届きました^^。

  たぬきコーチの癒し塾です。

 目の前に今、何が見えますか?
そして、あなたは何を見ようとしていますか?

不幸に目を奪われず、幸せに目を移しましょうよ。
これが毎日を楽しく生きるコツですね。

*ホッとする一言その9

  幸せを見つめたいのであれば、幸せだけを
  見つめること

*ホッとする一言その10

  辛抱よりも楽しく生きた方がおもしろい

 ご参考までにどうぞ^^。

 ● 「易経」一日一言

      慢蔵誨盗

       蔵むることを慢かにすれば盗を誨え、冶か
       なる容は淫を誨う。   (繋辞上伝)

        富める人が財産管理をおろそかにすれば、盗んでくれと

       いうようなものであり、艶めかしい恰好をしていたら、襲

       ってくれと挑発しているようなものである。

        「慢か」とは、気の緩みから怠慢になること。自分から

       禍を招いてはならないと警告しているのである。

         (あなたの健幸から地球環境善循環へ向けて)

               健幸一番楽らく農園


Posted at 2012年05月24日 05時37分21秒  /  コメント( 0 )

2012,5/22

 今年の食品産業創造展は、腰を痛めて残念ながら
行けませんでした^^。昨年行った時、「これは良い!」と思い

導入した「玄米スティック製造機」は製造過程が不安定でいまひとつかな?・・・
・・・ところがこの前初節句のお祝いをした孫に離乳食として食べさせる

ようになり・・・これが食べる食べる^^。



 販売は少ないにしても、これだけで成功でしょう!^^。



 お湯を注いで10数秒・まさに健康そのものの玄米おかゆの出来上がりです^^。
赤ちゃんの時からこんなのを食べていればきっと元気に育って行くはずです^^。

 さて、今日の農作業は2回目の除草機押しでしたョ^^。
明日からまた、ご婦人方に取り残しの草取りをして頂く予定です^^。

どうやら今年も元気なお米が出来そうですョ^^。

 ● 「易経」一日一言

      患を思う
        患を思いて予めこれを防ぐ。  (水火既済)

         水火既済の卦は、事をすでに成した、完成や達成の

        時を説く。

         完成は物事の極点である。満月が欠けるように、完成は

        必ず欠け、乱れる方向へと向かう。これから力が衰えてい

        くことを認識せず、さらなる成長を遂げようとすれば、気

        がついた時には急激に失速する。

         「患」は悩み・憂い・病気などの患難。ピークを過ぎて

        もなお持続・保持しようとすれば、前もっての細かいメン

        テナンス、対策が必要になる。

          (あなたの健幸から地球環境善循環へ向けて)

                健幸一番楽らく農園


Posted at 2012年05月23日 05時21分52秒  /  コメント( 0 )

2012,5/21

 朝からテレビの放映は金環日食のことでいっぱいでしたね^^。
皆さんご覧になられましたか?

 日本では25年ぶりだそうですが、熊本では1849年2月以来、
163年ぶりだったそうです。

 ここ天草では残念ながら雲が多くて見られませんでした。
それこそテレビで宇宙世紀の天文ショーを見させてもらいました^^。

熊本では午前6時14分ごろから太陽が欠け始め、7時22分ごろから
金環日食となり2〜3分間続いたようです。

 この後、金環日食の天文ショーは300年後といいますから・・・・
もうとっくに居ないようです^^。

 さて、世紀の天文ショーも良かったのですが、田んぼでの稲さん達の
生育ショ―も日に日に成長していますョ^^。



 ほらほらかなり成長してきたでしょう^^。
この田んぼは、昨年は除草機押しをしてご婦人方に手取り除草もして頂いたところです。

今年は、タニシさんの活躍で草一本も生えていません^^。
やや苗さんを食べられたようですが^^。ここは4月9日田植えしたところで〜す。

 ● 「易経」一日一言

      動の生ずる

        吉凶悔吝とは、動に生ずるものなり。
                       (繋辞下伝)

         禍や幸福の吉凶は、天から降ってくるかのように錯覚し

        ている人がいるかもしれないが、決してそうではない。

         地位を得る(吉)と慢心して諫言を厭がり(吝)、地位

        を失い(凶)、ようやく後悔する(悔)。

         吉凶悔吝は自らの行動から生ずるものである。

          (あなたの健幸から地球環境善循環へ向けて)

                健幸一番楽らく農園


Posted at 2012年05月22日 05時55分38秒  /  コメント( 2 )

 1  2  3  4  | 次へ