ゼロウォーター(天命水)を使った環境回復型農業や健幸から、地球環境善循環へむけて
2012-01 の記事

2012,1/31

 大寒から節分までが期間としての「大寒」。
この2週間は列島が最も震え上がる・・・と言うことです。

それに、全国80カ所の主要な観測地点の半分近くで、この間に
最低気温を記録しているそうですョ。

だけどこの週末はもう立春。春を告げる便りでは沖縄・石垣島で
田植えが始まったとの事です^^。

何となんと日本列島は長いんですね〜・・・
北は平年の2倍余りの雪が降っているというのに・・・。

 さて「笑顔の種」からのお知らせは今日が最後になります。

 『人生は想い通り』
    「人生なんて思い通りにはいかない」と思っている人も、実は
    そう思った通りになってしまっているのです。こんな体験は

    ありませんか。探し物をする時「ないないない・・やっぱりない」
    と言って見つからないままの人がいますが、今日からは「あるある」

    と思って探して見てください。
    人生は結局思った通りになります。

    ですから明るく想うことはとても大切ですネ。
    人が真剣に生きる姿は惚れ惚れしますが、

    深刻になると誰もついて来ません。
    今日から、頑張るとはこう書きましょう。  《顔晴れ!》
 ● 「易経」一日一言

      易の三義
       「易」は一字で変易・不易・易簡の三つの意味を持つ。
          これを「易の三義」という。

       「変易」―――森羅万象、すべて一時たりとも変化しな
           いものはない。

       「不易」―――変化には必ず一定の不変の法則がある。

       「易簡」―――その変化の法則性をわれわれ人間が理解さえ
           すれば、天下の事情も知りやすく、分かりやすく、
           人生に応用するのが簡単である。

         宇宙は刻々と変化してやまない。時は巡りめぐって一時
        たりとも止まず、すべての物事は変化し続ける。ゆえに「変易」

        である。
         また、森羅万象は刻々と変化するが、そこには必ず一定不変の

        法則がある。一日は朝・昼・晩、一年は春・夏・秋・冬と順序を
        違えずに巡る。ゆえに「不易」である。「易簡」は「簡易」とも

        いわれる。易しくてシンプル簡単という意味である。
         すべてのものは変わる、そしてその変り方には一定不変の法則

        があって、その法則は変わらない。その法則を素直に見て、素直
        にわかろうとしたら、とても易しく、私たちの人生にも容易に応
 
        用できるのである。

          (あなたの健幸から地球環境善循環へ向けて)

                健幸一番楽らく農園

    


Posted at 2012年01月31日 23時10分34秒  /  コメント( 0 )

2012,1/30

 昨日は、一つお知らせするのを忘れていました^^。
・・というのも実は我が家に58年ぶりに誕生した男の子の孫、

瑛誠君の名付けのお祝いでした^^。
誕生して一カ月余りですが・・・立派な男の子です^^。



この日は良く寝ていておりこうさんでした〜^^。

 さて「幸せを呼ぶ笑顔の合言葉」です。

 *これはすばらしい

   何事にも感動、感激を表現しましょう。

 *よいことをしてくれました

   褒められると誰でも嬉しいものです。いくつになっても
   スキンシップは大切です。

 *よかったよかった

   何事も陽転思考で暮らすと楽しくなります。 

 ● 「易経」一日一言

       順天応人
         天地革まって四時成り、湯武命を革めて、
         天に順い人に応ず。革の時大いなるかな。
                       (沢火革)

        天地の気が変革して四季がなる。夏王朝を滅ぼして

       殷王朝を開いた湯王、殷王朝を滅ぼして周王朝を開いた

       武王の革命も天意に違わない道であり、民衆の苦しみに

       応えたものであった。

        革命には大義名分が必要である。それが、「順天応人」。

       私欲や私怨ではなく、天に従い、民の願いに応えるよう

       な革命・改革は偉大なものである。

        (あなたの健幸から地球環境善循環へ向けて)

              健幸一番楽らく農園

       


Posted at 2012年01月30日 19時18分15秒  /  コメント( 0 )

1012,1/29

 全国亭主関白協会の新年会の帰りは、熊本まで帰り
駅前の東横インへ宿泊、今朝は4時半起床の一番で帰宅しました^^。

車が少なかったせいもあって所要時間熊本〜天草間、1時間半という最少記録が
出ました〜^^。それに帰りの車の中には友人より電話が入り・・・・

「FAX送っておきました、見て下さい」と言うお電話でした^^。
帰宅してからすぐ見たのですが、何となんと・・・

あのゼロウォーターを利用した環境回復型農法でもって栽培したデコポンが
数十人の仲間で一番良かったようで、合格率が99%。・・

・・と喜んでいました^^。イヤ〜〜良かった、良かった^^。
早速牛深の友人にもお知らせしておきました。目に見えない水の技術ですから

こうして目に見えてくるとみんな理解してくれるようです。
ちなみに糖度が低いと合格しないようです。

さあ〜これからみんなが喜べる状況が展開していきますョ^^。
嬉しいことです^^。

 さて今日は、「幸せを呼ぶ笑顔の合言葉」 です。

   言葉はエネルギー、感動・感激・感謝の気持ちを言葉にすると、
   私たちの暮らしの中に笑顔が広がります。
   この合言葉が口ぐせになりますように!

  *わたしはしあわせ

     私は不幸だ、つまらない人間だと言わず、幸せという
     言葉を口癖にしましょう。

  *ありがたいことです

     感謝のお辞儀は頭を下げるのではなく、心を下げることです。

   残り3つの合言葉明日のしま〜す^^。

 ● 「易経」一日一言

     悦んで艱難を進む
       説びてもって民に先立つときは、民その労を忘れ、
       説びをもって難を犯すときは、民その死を忘る。(兌為沢)

         兌為沢の卦は悦ぶ、悦ばせる時を説く。

        ここで教える悦びは、表面的な悦びではなく、本格的な悦びである。

         上に立つ者が自ら悦んで骨折り仕事をして民を率いれば、

        民は労苦を忘れる。同様にして艱難にあたれば、民は困難

        のために命を投げ出すことも顧みない。

         甲斐のある労苦や死は、雄々しく臨むという悦びに

        転化するものである。

          (あなたの健幸から地球環境善循環へ向けて)

                健幸一番楽らく農園


Posted at 2012年01月30日 05時53分44秒  /  コメント( 0 )

2012,1/28

 全国亭主関白協会の新年会が福岡でありましたので
チョット行って来ました^^。

・・・と言っても4時間はかかるんですが^^。
それでも一年に一回は天野会長の素敵な笑顔にお会いしないと・・・

・・それにしても、この亭主関白協会は素晴らしいですね^^。
天野会長にもお話ししましたがこの活動は世界平和に繋がりますョ・・・ホントに!

世界平和の基本は家庭平和ですから・・・
今回参加したお陰で、段位が5段から一気に七段になりましたョ〜^^。

今、会員は2万人弱です。入会金が600円か800円とか言ってました。
後はなしですから、どうぞ皆さんも入会して下さい^^。

 *言葉の花束

    笑顔は荷物にならない贈り物
    
      *笑顔は心のおしゃれ。
      
        *本物とは自分らしさです。

          *人生は舞台 人は皆大魂役者

            *心開けば運命は開かれる

              *試練じゃないよ登竜門

               *悪役のおかげで楽しい水戸黄門

                *腹から笑うこれこそ腸能力

                 *ころばぬ先の笑顔

 ●「易経」1日一言

     武人大君となる
       眇にして能く視るとし、あしなえにして能く履むとす。
       虎の尾を履めば人をくらう。凶なり。武人大君となる。

      洞察力も推進力も未熟なのに、力があると思いこみ、

     危険な道を恐いものなしで無謀に進む。その結果、虎

     の尾を力任せに踏み、ガブリと食われてしまう。凶である。

     武人が大君になるのと同様、無理がある。

      「虎」は先人の喩え。「武人」は野心と力があり、一旦は

     地位と名誉を勝ち得るが、謙虚な気持ちがなく、礼節を

     弁えないために虎に食われ、やがて身を破滅させる。

       (あなたの健幸から地球環境善循環へ向けて)

             健幸一番楽らく農園


Posted at 2012年01月29日 08時57分50秒  /  コメント( 0 )

2012,1/27

 今朝はこの冬一番の冷え込みでした〜^^。
だって家の中の水道が凍って水が流れませんでしたョ^^。

それに全国でインフルエンザが流行っているみたいですね〜。
人ごみの中に行く時はマスクなんかしてお互いに気をつけましょう!

私は人ごみの中ではなく畑の中ですから大丈夫かもしれませんけど^^。
街中の皆さんはどうぞお気を付け下さい。

 今日は「笑顔のこころ十ヶ条」です。

 一、「はい」「すみません」と素直に言える笑顔のこころ

 二、「あなたのおかげです」と感謝できる笑顔のこころ

 三、「はい、努力します」と前向きに言える笑顔のこころ

 四、「良かったですね」とほほ笑みあえる笑顔のこころ

 五、「お願します」と信じて言える笑顔のこころ

 六、「会えてよかった」と感動できる笑顔のこころ

 七、「一歩、一歩」と励まし合える笑顔のこころ

 八、「頑張りましょう」と明るく言える笑顔のこころ

 九、「心をこめて」謙虚に言える笑顔のこころ

 十、「ありがとうございます」と常に言える笑顔のこころ

 ● 「易経」一日一言

     牝牛を畜う
       牝牛を畜えば吉なり

         離為火の「離」は「離れる」の意だが、「付く」と

        いう意味もある。火は何かに付いて燃え上がり、光を

        発して輝く。人も何かに付き髄うことで能力を発揮する。

         「離」には仕事に「就く」という意味もあり、人間関

        係の全般に関わる。

         「牝牛」は柔順の徳の象徴。角が己の側に湾曲してい

        ることから、自分を客観的に省みることに喩えられる。

        尖って攻撃的な人は付き合いにくいから、内省し「牝牛

        を畜う」ことは処世の基本ともいえる。

         (あなたの健幸から地球環境善循環へ向けて)

               健幸一番楽らく農園


Posted at 2012年01月28日 10時00分43秒  /  コメント( 0 )

2012,1/26

 最近は高齢化のためか農作業での事故が多発して
いるようです。

 そこでJA天草では、農作業安全委員会が設立され
私も農産部会長の立場で委員となり、26日はその委員会の役員会でした。

草払い機で怪我をしたり、トラクターで移動中の転落事故とか・・・
・・これについては死亡事故に繋がる確率が高いんです。

その多くが高齢の方がたです。やっぱり感が鈍ってくるんでしょうね〜
そういう自分も高齢になりつつありますから・・・気をつけましょう!!

 さて『五つの笑福法』の残り五番までです。

 四、「とりあえず」前向きの行動

    「とりあえず」とは、時間をかけずに思いついた事を
    お知らせしますという「手どりあえず」を語源としています。

    自然の気付きに従って従って出逢った縁を大切に、まずは、
    とりあえず前向きに行動に移すという中から、また更に素晴らしい

    世界が生まれてきます。

 五、「にもかかわらず」の笑顔

     人生には辛く悲しい事やハプニングもありますが、思いもよらない
    事が起きても、にもかかわらず、笑顔することで心がさらに開き、

    し続ける事で貴方に福が宿ります。
    
    あなたの心を幸せに導くこの五つの笑福法で、自然の氣にそった
    生き方を大切にしましょう。

 ● 「易経」一日一言

     中孚
      中孚は、豚魚にして吉なり。

        「中孚」とは、心の中心、真心に誠実さが満ちあふれて

        いる事。

         「孚」は爪と子からなり、親鳥が卵を抱きかかえてい

        るという字。親鳥は卵を爪で傷つけないよう、静かに動

        かしながら温める。その誠心誠意の気持ちが孚である。

         このような誠心誠意の真心は、人々だけでなく、豚や

        魚まで通じるほど大きなものであるという。

         また卵は期日を違えず孵化することから、「信ずる」

        という意味もある。

         (あなたの健幸から地球環境善循環へ向けて)

               健幸一番楽らく農園


Posted at 2012年01月27日 22時32分09秒  /  コメント( 0 )

2012,1/25

 九州経済調査協会が将来の人口予測を発表しました。
2035年、九州7県の人口が1097万人と現在に比べて

約220万人減少するとの発表です。
低い出生率が背景にあり熊本県は30万人減の151万人と予想、

私が住む天草市は、4万人減の4万8千人です。
国内人口は1650万人減少し、1億1155万人になっています。

2035年、私自身は次の世界へ旅立ちをしているかもしれませんが、
高齢化がますます進んでいることでしょう!

・・・どう考えても、「日本の再生は食から!!」です。
みんな早く気づかないと・・・・?

 今日は『五つの笑福法』・・3番までです^^。

  一、「ふと」の気付き

      ふと気付くということは何気ない事のようですが、自然の気の
     流れに沿った事が多いものです。例えば、ふと思い浮かんだ人に

     電話をしたら素敵な情報を戴き、突破口を開くきっかけになった等。
     このように日常生活の中でふと気付いたということは大切にしたい

     ものです。

  二、「たまたま」の縁

      たまたまいつもと違う道を通ったお陰で素晴らしい人と出会い、
     新しい世界がつぎつぎとひろがっていったという貴重な縁が結ばれ

     ることもあります。たまたまとは偶然ではなく、実は宇宙の必然
     なのです。

  三、「あるがまま」の捉え方

      過去にこだわって生きるわけでもなく、未来にばかり夢を馳せ
     現在を見失って生きるわけでもない、今この時を素直に、大切に

     生きている姿こそ、あるがままなのです。

 ● 「易経」一日一言

     信じる力
       水は流れて盈たず、険を生きてその信を失
       わざるなり。     (坎為水)

         水の性質は流れるところがあれば流れ、常に動いて

        止まることがない。岩にぶつかろうが、険しくても流れ、

        状況がどうであれ、その本質を失うことがない。

         坎為水の卦は険難が度重なる時、その険難から脱する

        術を説く。

         どんな困難の中にあろうとも、必ず脱することができ

        ると信じる力、状況を真に受け入れて前に進もうとする

        力が「水」の本質、「信」である。

         (あなたの健幸から地球環境善循環へ向けて)

               健幸一番楽らく農園         


Posted at 2012年01月26日 06時41分28秒  /  コメント( 0 )

2012,1/24

 東京の方も雪で大変みたいですね〜。
この天草でも朝から粉雪が舞っていましたョ^^。

それにしても結構冷え込んでいます。
昨日からまたズボン下を出しては着始めました。

26日くらいまで、日本海側は大雪のようです
皆さん、どうぞお体気をつけてお過ごしください。

 今日は、人間関係における「笑顔の効用」です。

  *イメージアップにつながり、第一印象をよくする。

  *挨拶を明るくより効果的なものにする。

  *人を暖かく包み、相手の固い心をも溶かす。

  *続けることにより、安心感を与え人を励ます。

  *言葉を優しくし、自らの想いを伝えやすくする。

  *上下の隔てをなくし、ボーダレスの心を生む。

  *陽転思考を即し、ピンチをチャンスに変える。

  *憂いを追い払い、ストレスを浄化する。(笑顔ウィルス=憂い留守)

  *自分を笑い飛ばし、人を楽しませる真のユーモアを身につける。

  *謙虚さを増し、魂をみがき、意志力を高める。

  *笑顔は笑顔を産み、より一層自己の輝きを増す。

 ● 「易経」一日一言

      市井(しせい)
        往来井を井とす。

          井戸のまわりには、貧富や地位階級の別に関係なく、

         あらゆる人々が往来する。旅人も、動物も、等しく冷

         たく新鮮な水の恩沢を受けにやってくる。

          庶民の社会を表す「市井」という言葉がある。これ

         は古来、清く澄んだ井戸水のあるところに人が往来し、

         集まり、市が立ち、村ができたことから生まれた言葉

         である。

          水風井の卦が表す井の徳は、移り動かず、常に一定

         の清い水を湛える日用の徳。人を選ばず、万人に用い

         る徳を表している。

           (あなたの健幸から地球環境善循環へ向けて)

                 健幸一番楽らく農園


Posted at 2012年01月25日 05時21分00秒  /  コメント( 2 )

2012,1/23

 いよいよ今年の最初の会議が始まりました。
何の会議から始まったかといいますと「先進的農業技術研究会」

いわゆるこれから推進していこうとしている、ゼロウォーターを
利用した環境回復型農法です。何人かの方に試験をしてもらったのですが、

皆、違いがうすうすと解って来ました。
最初は全く信じていなかったJA理事の方もその凄さをいくらか

理解されたようです^^。
一気にはいけませんので、一歩づつ進めて参りましょう!

今日出席してもらった10数名の方には皆さんに試験をしてもらい
統計を出してもらうことにしました。

さあ〜!・・前進め・・です^^。

 さて、今日は「笑顔の効用」です^^。

 一、愛があふれる

     笑顔によって心を開き、異質なものを融和させる和心が生まれる。
    それは寛大に人を受け入れる事を容易にし自らの度量が増して愛が
    あふれてくる。

 二、心の浄化

     笑顔によって素直な心になり、人の言葉をあるがままに受けとめる
    事ができるようになる。それにより、自己抑制能力が増し、真我に目
    覚め、感謝を生み、邪念を払う心の浄化となる。

 三、意識の成長
     
     笑顔は五感を刺激し、感性を高め、潜在意識を開発する。それによ
    り創造力を豊かにし、新しいアイディアや自己発見の引き金となり、
    意識がさらに成長する。

 四、生命力の向上

     笑顔は陽性にして良いホルモンの分泌を促し、笑顔(消癌)細胞が
    広がる。更に、笑うことが体内ジョギングの効果をもたらし、胃腸等
    の内臓が活性化し生命力向上の要素となる。

 五、意欲活力の源(エネルギー源)

     笑顔は自らの気を満たし、元気・活気・勇気の源となる。それはめげない、
    くじけないという不退転の根性を養い自らのエネルギー源となる。

 ● 「易経」一日一言

     豊かな時代にこそ
      萃は亨る。王有廟に仮る。 (沢地萃)

       「萃」は「集まる」。人が集まるところには物が集まるから、

       富んで盛んな時を表す。「王有廟に仮る」とは、王が先祖の霊

       を祀る祭祀を行う。人心を集め、一心に願い、気を中心に集

       めるために行うものである。人や物が集まると、欲心も集まり

       奪い合いなどの争いが起こる。また、豊かで富んだ時代は感謝

       の心を忘れ、人々は志を見失う。豊かな時代こそ、気を集めて

       正し、引き締めて、志を立てることが大切である。

         (あなたの健幸から地球環境善循環へ向けて)

               健幸一番楽らく農園

    


Posted at 2012年01月24日 05時16分58秒  /  コメント( 0 )

2012,1/22

 昼食を終えてフッ!っとテレビを見ると・・・
都道府県対抗男子駅伝が目には入りそのまま応援になっちゃいました〜^^。

ところがどうしてどうして、前半振るわなかった熊本・・・
5区の久保田君、圧巻の12人抜きで一気に首位に浮上ですよ^^。

最終的には3位入賞とみんなよく頑張りました^^。
ご苦労様でした〜3位入賞おめでとう! 

 今日は「笑顔の種まきお百笑さんの心得」ですよ〜^^。

 一)、ニコニコ投資をすることにより一日を明るく過ごし、
    自らの明るさ作りに励みます。

 一)、笑顔で体内のエレルギーを高め、健康的な毎日を
    送ります。

 一)、「あるがままの笑顔」で人と人との絆を深め、友情の
    輪をどんどん広げていきます。

 一)、「住まいはスマイル」暮らしの笑顔が、家庭内から始まり、
    社会へと自然に広がることに努力します。

 一)、愛と調和の実践者として、笑顔の種まきを通じ、
    笑コロジ―活動を致します。

 ● 「易経」一日一言

     分限を守る
      拠るところにあらずして拠るときは、
      身必ず危うし。

        「拠るべきところ」とは、自分の分限にあった

        地位・立場・行動などをいう。

         そういう分限を守らず、分不相応な地位や名誉

        を手にしたとしても、重責に耐えられず、恥辱を

        受けて苦しむことになる。

         自分の分限を大きく外せば、必ず身が危うくなる。

        地位や名誉を失うだけでなく、時に生命にも関わると

        強く戒めている言葉である。

         (あなたの健幸から地球環境善循環へ向けて)

               健幸一番楽らく農園


Posted at 2012年01月23日 06時18分26秒  /  コメント( 0 )

 1  2  3  4  | 次へ